2008-05-21(Wed)

商売のテクニック

みなさんこんばんは。
タイトルにあるように、今回は旅行などを通じて感じた、商売のテクニックに関して書いてみようと思います。



先日、週末と有給休暇を利用して、知人と京都へ行ってきました。
京都と言えば日本を代表する観光地であることはもちろん、世界的にも有名な観光都市であります。
第二次世界大戦において国土が戦火に見舞われたにも関わらず、重要文化財に大きな被害を受けなかったのは、この京都とパリぐらいではないでしょうか。

私は一昨年にパリに旅行に行きまして、凱旋門をはじめとした歴史的な建造物を色々見てきました。
そして今回の京都旅行と併せて感じたことは、やはり数百年もの歴史を持つ建造物は、他を寄せ付けない圧倒的なインパクトがあるという事です。

最近はBRICs諸国をはじめとして世界規模で経済発展が続き、世界各地に高層ビルの立ち並ぶ近代的な都市が建設されていますが、お金さえあればどこにでも作れる新しい高層ビルと違い、そこにしかない歴史のある建造物は存在感と集客力が違うな、と思いました。

そして、パリや京都のような歴史的建造物を持たない国や都市は、どうやってインパクトと集客力のある建造物やイベントを企画・制作・運営して、国内外から観光客を集めなくてはいけないのかを考える必要があると思います。



私の地元の宮崎県は国内有数の温暖な気候の場所で、一昔前は新婚旅行のメッカとして栄えました。
しかし、沖縄返還や海外旅行の低価格化と共に観光業は落ち目になってしまいました。
また、温泉に恵まれた九州にあって、宮崎県だけは有力な温泉が無い事や、高速道路や新幹線とも縁がない(高速道路は一応ありますが、県全域をカバーしていません)インフラ面での不利、さらにはシーガイアの巨額の赤字や、風光明媚な立地条件にありながら、有効活用が出来ないまま廃線となってしまった高千穂鉄道など、ここ数十年は経済的な明るい話題をほとんど聞きませんでした。
統計で見ても、県民の平均所得は全国有数の低さであり、知名度に至っては、宮城県との区別が付かない人が大変多い!

一県民として、どうやったら宮崎県を観光・経済・知名度などの面でレベルアップできるのだろうかと考えたことはありますが、正直名案は浮かびませんでした。



そんな時登場したのが、ご存じ東国原知事です。
彼の登場後に宮崎県の置かれた立場がどの様に変化したかはもうご存じかと思いますが、私が注目する点としては、

(1)これといって、新しい建造物や名産品を造ったわけではない
(2)就任直後に発生した鳥インフルエンザに対する対応
(3)そもそもの東国原という人の知名度

この3点です。



まず(1)に関してですが、宮崎県は野菜や果物、畜産物など名産品は色々ありますが、これまではあくまで「知る人ぞ知る」という状態で、際だって一般的な知名度を得ていたものはありません。
「チキン南蛮」に関しても、一度食べたら多くの人が虜になる逸品ですが、これまた知る人ぞ知る、という状況でした。

ところが、東国原知事の就任後には、ファミリーマート全店での宮崎名産フェアをはじめ、一気に全国に知れ渡ることになったはご存じの通り。

今や宮崎県は非常に注目度の高い県となったわけですが、注目を集めるために100階建ての超高層ビルを建てたわけではありません。
あくまで既存のコンテンツ(名産品など)を改めてPRしなおしただけなのです。

これは、注目を集めるためには莫大な予算を投じて新しい物を造る必要がある、という考えを打ち破る、かなり画期的な出来事でした。



次に(2)に関してですが、東国原知事の就任直後に鳥インフルエンザの被害が宮崎県を襲い、全国的に報道されたのは記憶に新しいです。
私も東京でこのニュースを見て「宮崎県はとどめを刺された」と感じた物です。
ただでさえ印象が薄くて観光業が冷え込んでいるのに、主力産業に風評被害が直撃したとなれば(宮崎県はブロイラーが主力産業の一つです)、もはや経済的に立ち直れないと思ったからです。

ところが、東国原知事の対応は早く、しかも安全性だけでなく、そのおいしさまでもPRして回るという奇策に打って出ます。
そして鳥インフルエンザによるマイナスイメージを払拭し、転じて名産品としての知名度アップに成功したわけです。

ピンチを利用してチャンスに変える、この事は、先日東芝がHD-DVD事業からの撤退の発表会を行った時に似ているような気がします。
HD-DVD事業からの撤退という、極めてマイナスイメージが大きいが、それゆえに注目度の高い記者会見の場で、撤退発表と同時に有力分野であるNANDフラッシュメモリへの1.7兆円の巨額投資を発表し、HD-DVD事業撤退のダメージを相殺し、さらにプラスイメージに転じて株価アップまで実現するという、見事な手腕でした。

転んでもただでは起きないとでも言いましょうか、大いに学ぶ事がありそうです。



最後に(3)に関してですが、今や時の人といっても過言ではない東国原知事ではありますが、元・たけし軍団の芸能人とはいえ、失礼を承知で言わせてもらうと、あまたの芸能人の中では、突出して知名度・人気があった方ではないはずです。
しかしながら、容姿・人柄・決断力・行動力など、持ち前の能力を遺憾なく発揮しての活躍は周知の通りです。

私は「注目されているのは選挙の間だけ」と思っていたのですが、物の見事に予想を覆してくれました。
単純な物差しで物事を評価していた自分が恥ずかしいです。

どれだけ有名だったかというような、表面的で単純な評価ではなく、行動力など内面的な部分も含めた評価をしっかりすべきだなと思いました。
こちらも、今後の物の考え方の教訓となりそうです。



凄く長くなってしまいましたが、今回は地元・宮崎県と旅行で感じた事をテーマに書いてみました。
それでは!

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: