2009-02-19(Thu)

「眠気」を絵で表すと?

こんばんは。

暑くなったと思ったら、先日は関東には雪が少し降りました。
季節の変わり目なので体調にはお気を付けて。



さて、ここ数日「ブレンドマジック」で遊んでいて、いくつか思う事がありました。

まずは「物を造るのはやっぱり面白い」という事。
中でもCGやゲームといった業種は特別です。

自分の手で物を造れる。
造った物を形としていつまでも世に残せる。
それを見た消費者の反応を知る事ができる。

これらを高いレベルで実現できる仕事はそうそう無いはずです。
ゲーム業界の一番の魅力(魔力?)はこれではないかと思うのです。

もちろん、その魅力を吹き飛ばして帳消しにしてしまうようなマイナス点もまた多いのですが・・・



次に思ったのは、「状況を絵で表すのは難しい」という事です。
エフェクトを造る場合を例にしてみます。

エフェクトとはつまり「絵」な訳ですが、攻撃魔法ならば比較的表現はしやすいです。
ドラクエやFFならば、

■ブリザド
■ファイア
■サンダー
■イオナズン
■ベギラゴン

といったお馴染みの魔法をエフェクトで表現する場合、それぞれ「氷」や「爆発」といったカテゴリーに属しているので、それをベースにしたエフェクトを考えれば良いです。

次に、補助系の魔法、例えば

■ストップ
■スロウ
■メダパニ

これらのように、時を止めたり動きを遅くする魔法ならば、時計を使ったりするのが定番です。
混乱系だったらハートを飛ばしたりするのも定番ですね。

ここまでならまだマシです。 しかし、

■ルカナン(防御力低下)
■バイキルト(攻撃力倍増)
■カーズ(呪い)
■アスピル(魔力吸収)

どうですか。 「呪われている様子」や「防御力が下がっている様子」を絵で表してくれと言われても、ハッキリ言ってかなり難しいです。

ファミコンで発売された初期の頃のドラクエだったら、効果音と画面の揺れだけで表現していました。
ドラクエ4くらいから一瞬画面が光ったりするようにもなりました。

しかし、ゲーム機がどんどん進化するに従って表現力も飛躍的に向上しました。
また、三次元空間でゲームが展開するようになったので、戦闘シーンで起こる出来事は全て「絵」で表現しないといけなくなったのです。


こんな時、プランナーから「攻撃回数が上がる魔法のエフェクトを造ってね」と言われた時、デザイナーはそれに応えないといけない訳です。
サウンドクリエイターも同様です。 「攻撃回数がアップした時の音」を想像して創造しないといけないのです。


PS3やXbox360のポテンシャルを余すことなく使用して「眠気」や「呪い」等を絵や音で表現できますか?
私は・・・・頑張ります。 これからますます大変になりそうです。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: