--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-03(Tue)

イラストレーターはイイッス

どうもこんばんは。
最近寒いですね。(特に懐が!)



さて、私のサイトではゲーム業界への就職が一つのテーマなので、

「ゲーム業界へ就職するにはどんなツールを習得すべきか?」
「どんな資格が必要か?」

等のキーワードでやってくる人が多いようです。
極端な言い方をすると、ツールや資格よりも、基礎力や経験が重要だと思うのです。

とはいえ、資格を取ったりツールを覚える事は無駄ではありません。
特に、例えばデザインだったら、フォトショップやイラストレーターは何処の職場に行っても使うと思うので、これらを覚えて得する事は有っても損する事はまず無いでしょう。


しかし、フォトショップとイラストレーターは取り扱う画像形式が決定的に異なります。
特にパスを絡めて使う事が多いイラストレーターを敬遠する人が多いように感じます。

今回は、イラストレーターの特徴などを簡単に説明してみようと思います。



イラストレーター解像度に左右されないベクトル形式のデータを使用するのが最大の特徴です。
「解像度に左右されないなら、ゲームで使えばいじゃん」と思うかもしれませんが、そう単純な問題でもありません、、、

まあそれはさておき、このパスで図形や線を描き、それに対して塗りや効果を適用する事で画像を作成する訳です。

例えば、

il_001

(1)一本のラインを描き、「太さを20、色を黒」にする。
(2)そのラインに属性を追加し、「太さを10、色を白」にする。
(3)白のラインの形状を「破線」にする。

するとあら不思議、あっという間に「地図の線路」が完成です。 慣れてしまえば一分です。
同一曲線に複数の属性を持たせた形なので、曲線形状を変形させても線路マークが崩れる事は有りません。


また、イラストレータはラインを書いて塗りを適用するというのが基本ですが、

il_002

下の図のような各ラインに塗りや線の要素を設定する事で、上の様な画像を造ります。

イラストレーターの画像というと、アニメ塗りの様なパッキリした画像を連想すると思いますが、使い方次第で水彩風な画像なども造れたりします。

しかも! ベクトル形式だから解像度に依存しませんので、出力時に超巨大サイズにする事も可能です。(作業中は結構重いですが・・・)


積極的に触る人が少ないような気がするイラストレーターですが、とても面白いソフトですよ。
ロゴやインターフェースデザイン、DTP等を目指す人には必須です。
あなたもこの機会にいかがですか?


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。