2009-02-01(Sun)

プロ野球キャンプイン

こんばんは。

本日からプロ野球のキャンプが12球団一斉に始まりました。
多くのチームが私の地元・宮崎県でキャンプを行うのですが、この他にもJリーグの多くのチームが宮崎でキャンプをします。

プロ野球・Jリーグなど20チーム前後が宮崎でキャンプをする訳です。
一年で宮崎が最も輝く時期と言っても過言ではないでしょう。



さて、私は宮崎という田舎で育った訳ですが、プロ野球に関しては巨人以外はほとんど情報が入ってこない県でした。
巨人が宮崎でキャンプを行うという事を除いても、そもそもテレビでは巨人戦しかやっていませんでしたし、新聞のスポーツ欄の主役も当然巨人です。

なので、物心ついた時には巨人ファンになるのが当たり前のような場所だったのです。
なんらかの要因でもない限り、巨人以外のファンになるのが難しい場所ではないでしょうか。


そんな場所で育った私は、当然ながら巨人ファンでした。
高校卒業と同時に福岡へ引っ越したのですが、そこで初めて巨人以外の球団に触れました。

福岡と言えば福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)の本拠地です。
当時は投手陣が貧弱なチームで、「8点取るけど10点取られる」みたいな打高投低なチームでした。

福岡でしばらく過ごす内に、すっかりホークスファンになって現在に至ります。
弱小球団が常勝球団になって久しいですが、まるでアップルコンピューターのファンだった時のような、なんか複雑な気分です。



さて、テレビで野球中継を見ていると、応援するチームの投手がストライクを一球決めただけで歓声が上がったり、敵の投手がボールを投げただけで拍手が起こったり、或いは平凡な外野フライだけで歓声や悲鳴が上がったりするのを見かけます。


テレビで見ていた時は「なぜ一々大げさに反応しているんだ?」と疑問に思ったものです。
しかし、福岡や関東へ引っ越して、実際に球場に足を運ぶようになって、その疑問は無くなりました。

実際に球場で観戦していると、ストライクが決まったりボールカウントを稼いだりしただけで凄く盛り上がるのです。
思わず歓声を上げたり拍手したり、或いは悲鳴を上げたり・・・

また、長打力のある打者がバッターボックスに立っただけで、球場全体を何とも言えない緊張感が支配するのも分かります。
例えその打者が極度のスランプに陥って居ようとも、何とも言えない緊迫感が伝わってきて、平凡な外野フライが上がっただけで「ホームランかっ!?」「打たれた-」というように、球場全体が興奮のるつぼと化します。



これらの経験から学んだ事は、やはり実際に現場に足を運んでみないと、その面白さや緊迫感は分からないという事です。
野球ゲームを造ろうとしている人間が野球というスポーツが持つ面白さ・興奮・熱さを知らなければ話にならないという事です。

たかだかストライクが一球決まっただけで熱狂してしまうような興奮。
それを知り、いかにしてゲームに落とし込むか。

その為にはまず「本物を知る」事から始まるのではないでしょうか。


と、言う訳で、お暇があればぜひ宮崎キャンプへ行ってみてください。
宣伝も終わったところで、本日はここまで。 お休みなさい。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: