2016-05-15(Sun)

大崩山と霧島連山

こんばんは。

連休に地元の名峰・霧島連山と祖母山に登ってきました。
熊本や大分に近い祖母山は地震の影響で登頂出来るかは微妙でしたが、
色々調べた結果、無事に山開きも行われて問題が無いとの事でしたので登ってきました。
今回は霧島連山のレポートをご紹介します。



その前に、何度か記事にした地元の名峰「大崩山(おおくえやま)」関連の動画をご紹介します。
地元の自治体が制作した大崩山のプロモーション動画が公開されています。



映像の冒頭などに出てくる岩峰に圧倒されますが、その上を歩くことが出来るのが大崩山の最大の魅力です。
日本アルプス等に活動範囲を広げた私ですが、今でも大崩山が一番のお気に入りですね。
是非登ってみて欲しい名峰です。



「霧島山」というのは複数の山に対する総称です。 八ヶ岳や立山と同じような感じですね。
今回登ったのは霧島連山最高峰の「韓国岳(からくにだけ・1700m)」「高千穂峰(たかちほみね・1574m)」の2座。

宮崎県で「高千穂」と言うと「高千穂峡」が有名ですが、一方でこちらの「高千穂峰」も有名です。
天孫降臨伝説で知られるのはこちらの高千穂峰ですね。 
霧島連山は活火山の集まりなので、火山情報は確実にチェックしてから登ってください。

今回は麓のえびの高原に一泊し、二日に分けてそれぞれ登る予定だったのですが、
初日が悪天候だった為、二日目早朝から一挙に2座登る事にしました。
新燃岳噴火の影響で縦走は出来ませんが、体力と時間に余裕が有り、車を使用できれば行けます。


【今回のコースタイム】
登山口(硫黄山側) → 韓国岳頂上 : 60分
韓国岳頂上 → 大浪池周遊コース分岐点 : 35分
大浪池一週(東回り) : 70分
周遊コース分岐点 → えびの高原登山口(えびの高原キャンプ村手前) : 40分

高千穂河原登山口 → 高千穂峰頂上 : 75分
高千穂峰頂上 → 高千穂河原登山口 : 50分

*今回韓国岳登山で使用した2箇所の登山口は、「国民宿舎えびの高原荘」からは徒歩圏内です。



登山_霧島1_001

韓国岳・高千穂峰共に登山道が整備されており、標高差も少なめなので比較的楽に登る事が出来ます。
もちろん相応の装備が必要ですし、火山活動の影響でコースが変わる事も有るので注意が必要です。



登山_霧島1_002

登山_霧島1_003

頂上は巨大な火口となっており、転落したら大変な事になるので注意が必要です。
展望は最高で、近隣には最近まで活発に活動していた「新燃岳(しんもえだけ)」の姿も見えます。



近隣には「獅子戸岳」「新燃岳」などの火山群が有り、奥に鎮座するのがこれから登る「高千穂峰」です。

登山_霧島1_004

登山_霧島1_005

最近まで活発に活動していた新燃岳ですが、火口からは僅かに噴気が出ていました。
何時の日か、新燃岳を経由する縦走コースを再び歩けるようになるのでしょうか。



登ってきたコースをピストンするのが定番ですが、時間があれば「大浪池(おおなみいけ)」の方へ行ってみましょう。
木道や階段が整備されていますが、勾配がきつめなので登りも下りも注意が必要です。
階段は雨上がりは滑りやすく、一部不安定な箇所が有るので、慌てずにゆっくりと歩いてください。

登山_霧島1_006

登山_霧島1_007

大浪池も過去の噴火口で、登山道は縁に沿って整備されており、各所の展望所からは見事な眺めが楽しめます。
韓国岳とセットでゆっくりと楽しんで欲しい素晴らしいコースです。



続いて高千穂峰の主要登山口である「高千穂河原」へやってきました。
駐車場から見えるのは隣接する「御鉢(おはち・みはち)」で、高千穂峰はあの奥に位置します。
登山口から樹林帯を抜け、矢印の部分にある急斜面を登っていきます。

登山_霧島1_008

登山_霧島1_009

矢印の部分はこんな感じの急斜面となっています。 マーカーを参考にして登りましょう。
子供連れもたくさん登っていますが、私が保護者ならヘルメットと手袋を装備させますね。

高千穂峰は登山道のほぼ全域が砂礫と岩(溶岩)で出来ており、勾配もきつい為、標高の割には大変です。
富士山の御殿場コースや剣ヶ峰への急勾配を想定しておくと良いかも知れません。 ゲイターもお勧めです。



登山_霧島1_010

登山_霧島1_011

急斜面を登り切ると、高千穂峰に付随する「御鉢」の火口淵に到着します。
ここも巨大な火口となっており、痩せた火口淵から転落しないように注意が必要です。



登山_霧島1_012

御鉢の火口淵を横切って一旦鞍部へ下り、いよいよ高千穂峰へ登り返します。
レンズの性質上あまり勾配が無いように見えますが、実際は相当な急勾配です。
下から見上げた時のインパクトは、個人的には日本アルプスの草すべりやザイテングラード以上の物が有りました。



登山_霧島1_013

登山_霧島1_014

途中で振り返ると、中岳や新燃岳の向こうに今朝登ってきた韓国岳の姿が見えます。
ここを縦走できたらさぞかし楽しいでしょうね。 早く火山活動が収束して欲しいです。



高千穂峰の頂上からは360度の素晴らしい大展望が楽しめ、九州各地の名峰が一望できます。
やはり空気が澄んだ晴天の日に登って欲しいですね。

登山_霧島1_015

登山_霧島1_016

頂上には有名な「天逆鉾(あまのさかほこ)」が有ります。
突き刺さった剣・・・いかにもゲーム向けな設定ですが、これを見て皆さんはどんなゲームを連想しますか?
私はメガドライブの「ヴァーミリオン」ですかね。 タイトル画面のアレです。 


霧島連山を代表する名峰・韓国岳と高千穂峰。 確かに素晴らしい山でした。
どちらも標高自体はさほど高く有りませんが、火山特有の地形は注意が必要です。
特に高千穂峰は要注意で、悪天候時は避けた方が賢明でしょう。

展望は最高で、険しい地形も楽しみの一つと言えます。 お勧めの名峰です。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: