--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-06(Sat)

これが噂の「KP41病」なのか?

こんばんは。

私は自宅で使用するPCはパーツを買ってきて自作するのですが、つい先日、およそ5年ぶり位に新しく組み直しました。
週末秋葉原に行った際にふらっとパーツ屋に足を運び、店員と会話した所までは覚えているのですが、
気が付いたら両手に大量のパーツを抱えて帰宅していました。 一体何が起きたのか・・・

pc_001.jpg



今回組み直したPCのスペックは以下の通りです。

・CPU : Corei7-4790S
・M/B : Z97X-GAMING3
・VGA : GTX980 GAMING 4G
・RAM : DDR3/1600 32GB
・HDD : SATA3.0 3TBx2、2TBx2(双方RAID1)
・SSD : 512GB(Windows7ProのCドライブ用)
・光学 : BDR-209JBK
・電源 : SS-850KM3S

前回組んだときにHDDをRAID1仕様にしたところ、これが非常に便利だったので今回はそれを拡張する形に。
FXフォーマットのデジカメで写真を撮るとデータ量が凄いので、これくらい欲しい所です。

さらに、次は起動ドライブをSSDにしたいと思っていたので、これも実行。
結果、OSやアプリケーションの起動が鬼の様に速くなり、もはやHDDには戻れません。 これは快適です。
少々高く付きましたが、快適度は格段に上がりました。



半日ほどかけてのんびりと組み立て、各種ドライバーやアプリのインストールも一段落。
さあ細かい箇所をカスタムするかな、と思っていた矢先、突然のブルースクリーン!
先代のマシンでは一度もお目に掛からなかったブルースクリーンにいきなり遭遇とは!
開幕から不吉な予感がしますが、ひとまず再起動し作業を続行。 で、なんとか終了。

さっきのブルースクリーンは悪い夢でも見た事にして、続いて画像や音楽データなどの移動に取りかかります。
これまで蓄積した音楽ライブラリーやデジカメ画像、一つ一つの容量は大きくても数十MB程度ですが、
なにしろ数が半端ではなく、合わせて数万ファイル以上も有ります。
ファイルコピーを実行して後は待つだけなのですが、これがとにかく時間が掛かる。
その間はやる事がないので、適当に暇つぶしをして待つしか有りません。

終了予定時刻にモニターの電源を入れて見てみると、画面に映っていたのはまっさらなデスクトップの画面。
開いていた作業フォルダーや画像ビューワーの姿は無く、そもそもコピー作業も完了していません。
「??」と混乱しましたが、どうやら途中でPCが再起動してしまったようです。
つまり、途中でブルースクリーンが発生し、強制再起動になったと言う訳です。(標準設定だと一定時間後に自動再起動になる)
・・・悪夢再び。 悪い夢は正夢でした。 いや、現実の出来事だったのです。


PCを新しく組み直したばかりなので、考えられるのはパーツの初期不良かドライバーの不具合。
どちらも数が多すぎるので(メモリだけでも4枚有る)、まずは原因を絞り込まなければいけません。
この作業が面倒で大変なんです・・・

色々試しますが判然とせず、その後も不定期にブルースクリーンが多発。
出現条件は一定では無く、高負荷をかけていない状況でも不意にやってきます。
原因が絞り込めない不具合ほど厄介な物は有りません。 まだCPUが壊れていてくれた方が分かりやすくてマシです。



ふと思い出した様にイベントビューワーでエラー内容を確認することにしました。
そこに記されていたのは「KernelPower」と「エラーID:41」という二つのキーワード。
これに関して調べてみると「KP41病」という不吉なキーワードが出てきました。
KernelPowerのエラーID41だからイニシャルを取って「KP41」、で、原因を特定しにくい不具合なので「病」という訳です。

なんでもOSの省電力設定に起因する不具合の総称らしいです。
が、完全に原因は特定されておらず、しかもこれとは直接関係の無い不具合も「KP41」のエラーに含まれるので、
盲目的に「KP41病」を前提に考えると、対処を誤って泥沼にはまるという、実に厄介な症状。

ややこしいですが、「KernelPower41」のエラーに含まれる不具合はたくさん有り、
一般的に「KP41病」と呼ばれる不具合群はその一部に過ぎない。
なので、まず「KP41病」に含まれるエラーなのかどうかの見極めが必要、という事のようです。



KP41病の対処法として知られているのは、コントロールパネルの省電力設定を見直すという物。
早速あれこれ試してみますが、症状は改善されず。

で、次に電源を疑ってみます。 電源は地味ですが電子機器の塊であるPCにおける最重要パーツ。
この電源は先代PCから流用している物で、劣化して不安定になっている可能性もゼロでは有りません。
また、新しく導入したHaswell Refresh世代のCPUに未対応なので、それも原因かと思われました。

で、閉店寸前のアキバのパーツ屋に駆け込み、新しい電源(上のリストに有る物)を購入。
急ぎ帰宅して早速組み込みます。 結局電源も買い換える羽目に・・・

組み直してしばらく様子を見、「お、安定したかな?」と喜んだ矢先にブルースクリーン発生。
さすがにこれには参りました。 店に駆け込んで数万出して買い直した電源でも改善されず・・・ ショックです。



nVidia関連のドライバーは全て更新したし、OSの設定も他にいじるところは無さそうです。
次は何を試そうかと思案していると、ふとマザーボードの事を思い出しました。
RAID等の初期設定はしましたが特にオーバークロック設定などはしていません。
しかし、BIOSのアップデートで何か変わるかも知れません。
調べてみると、出荷状態のUEFIのバージョンは2014年末の物。 これを最新の物に更新してみました。

・・・結果、それから数日間ブルースクリーンは発生しておりません。
偶然の可能性も大いに有ります。 本当に原因と対策がこれで正解なのか分からず、消化不良感は有ります。

なお、UEFIの更新時にSATAのモードがRAIDからAHCIに戻ったらしく、何時の間にかRAIDが解除されていました。
設定し直し&データの移行し直しに時間が掛かりましたが、それ以降はひとまず平和です。

安定して当たり前のPCですが、時としてういう試練も有ります。
そのトラブルも含めてのPC自作の楽しさと言えるかも知れませんね。
これでまた再発したら、さすがに次は心が折れそうですが・・・

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。