2015-04-24(Fri)

【 中部・関西旅行記2015 】 その3 急な階段と騒々しい街

関西に移動しての二日目、本日は朝から奈良観光です。
大阪と奈良は非常に近く、大阪市内から近鉄の快速急行で40分程度と手軽に移動出来ます。
まずは近鉄奈良駅の直ぐ近くにある「興福寺」に移動。
五重塔や多数の国宝・重文など、非常に見所のある場所です。

旅行_奈良_001

旅行_奈良_002

奈良と言えば外せないのが「鹿」。 丹沢でもお馴染みですが、鹿と言えばやっぱり奈良でしょう。
もちろん鹿煎餅を与えようとして大群に囲まれ、腕を噛まれるところまでバッチリ経験してきました。
餌を与える場合は、公園の隅に居る小規模な群れを狙った方が無難ですね。

旅行_奈良_003

game_sw_001.jpg

敷地内にある国宝館には多数の国宝・重要文化財が展示してあります。
その中の一つ「天灯鬼」を見た瞬間、「これって、もしかしてアレか!?」とピンときました。
そう、割と最近発売されたFPSゲーム「Shadow Warrior」に登場するあのアイテムです。
このアイテムは天灯鬼が元ネタだったのですね。 はるばる日本まで取材に来たのでしょうか。
(画像:Shadow Warriorより)



続いて「春日大社」にやってきました。 ここには夫婦円満を祈願する場所が有ります。
夫婦円満どころか独身である私には祟りがありそうなので、早々に立ち去りました。(笑

旅行_奈良_004

旅行_奈良_005

続いて東大寺に移動。 今日は天気が不安定で、一時的に雨や雹が降ったりもしましたが、直ぐに晴れてくれました。

旅行_奈良_006

旅行_奈良_007

旅行_奈良_008

京都のお寺に行った時にも思ったのですが、なぜお寺の階段ってこうも急角度なんでしょう?
下手すると槍ヶ岳の頂上へ登るのよりも怖いかも・・・

旅行_奈良_009

この見るからに恐ろしい仏像は「びんずるさん」と呼ばれる物で、
見た目は怖いですが健康の御利益がある仏様だそうです。



旅行_大阪_022

旅行_大阪_023

大阪市内に戻り、新世界の繁華街を散策。
大阪らしい、良い意味でごみごみした町並みで非常に活気が有ります。
東京と大阪、どちらも人の多い大都市ですが、何となく大阪の人混みには活気を感じます。

旅行_大阪_024

新世界の中心部に位置する「通天閣」にやってきました。
一応高層建築物なので、マニアとしては見逃せません。
平日にもかかわらず人が多く、展望台は40分待ちという活況ぶりです。



旅行_大阪_025

ポークソテーが大好きな者として一度行ってみたかったのが、この「大阪トンテキ」です。
駅の地下街に有るのですが、改札から店舗までは非常に遠く入り組んでおり、辿り着くまで難儀しました。
毎日食べたら一ヶ月で5kg位太りそうな破壊力ですが、味も最高でした。 また食べたいです。

旅行_大阪_026

大阪駅が何時の間にか綺麗に改装されていました。
欧州のターミナル駅みたいで非常に美しいですね。

旅行_大阪_027

こちらも定番ですが大阪城までやってきました。
再建されたとはいえ、天守閣の内部があまりにも近代的な作りで興ざめしてしまいました。

旅行_大阪_028

最後にやってきたのは大阪の電気街である日本橋。 実に十数年ぶりの訪問です。
秋葉原と似ている箇所も有れば、異なる雰囲気もある面白い場所です。
この写真の場所は「スーパーポテト」というレトロゲーム屋の近くなのですが、
なんだか秋葉原にある同店の周辺と雰囲気が似てますね。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: