2008-05-07(Wed)

仕事の成果

どうもこんばんは。 お久しぶりです。
半月ほど更新が止まっておりましたが、週末すら満足に休めない状況でして、体力と精神的にだいぶ参っておりました。
連休でリフレッシュしましたので、再び更新していきます。 まずはブログから。



さて、連休で地元へ帰省してきたのですが、市内を散策すると、市内の川にかかっているいくつかの橋が立て替え工事をしていました。
これらの橋は私が生まれたときから(多分)既に完成していたもので、単に通行していただけとはいえ、それなりに思い出の詰まった建造物だったりします。

翌日、市内と山間部をつなぐバイパスがだいぶ完成したとの事なので、早速父とドライブしてみました。
これは将来的には東九州自動車道と接続する高規格道路の一部で、高速道路や新幹線に恵まれない九州の太平洋沿いの都市(特に宮崎北部)にとっては念願の道路でもあります。

正月に帰省したときには、まだ高架橋の橋桁くらいしかなかったはずなのに、今回帰省してみると立派な道路が出来ていた訳で、土木のパワーに驚くばかりでした。



私の父は建設業界で働いておりまして、いわゆるゼネコンというやつです。
勤め先の企業が手がける物は多岐にわたり、一戸建から大規模なビル、はたまた港湾や高規格道路など、実に多彩です。
何もない場所、それも海や森林の中に港や道路を作るのですから、企画立案の段階から実際の工事にいたるまで、その全てが称賛に値します。

私の場合、何もないコンピューターの空間に絵を描きプログラムと音楽をも組み込むことで一つの娯楽商品を造ります。
そこで造られる世界は、過去や未来、SFやファンタジーなど様々です。
そうして何万、何十万という人に娯楽を提供する訳です。

時々思うのですが、所詮コンピューターの中だけの話で、それも「遊び」であり、インフラや食料品などの生活必需品を造っているわけでもありません。
時々「所詮遊びなのか?」と自問自答することもあります。
また、近い将来結婚するような事になった場合、相手側の両親に「遊びを造るのが仕事」という事をどう説明すればいいのだろうか、と思うこともあったりします。
まあ、それに関してはいわゆる「取らぬ狸の皮算用」なので、まずは相手を見つけるという重大な課題が有るわけですが・・・・・・・・涙

話がずれましたが、この様に、時々自分の仕事に対する葛藤と、他の人の仕事の成果物に対する憧れなどを感じる事があるのです。
ゲーム業界での仕事の成果物は、発売後も形として残るというのが魅力の一つでありますが、今回話題にあがった土木建築ですと、橋や道路など、そのスケールは桁違いですし、少なくとも数十年はその雄姿を形にとどめます。 そしてなにより、利用する人にとって無くてはならない存在なのがうらやましいですね。



なんだかゲーム業界での仕事を否定するような事を書いてしまいましたが、私はこの仕事に誇りを持っていますし、娯楽の存在しない生活などあり得ません。
そしてゲームをはじめとした娯楽産業は有数の市場規模を誇っています。

それにも関わらず、自分の仕事に時々不安を感じてしまうのです。
これはどの業界で働く人にとっても同じ事なのでしょうか?
ぜひとも、他の業界で働く人の意見なども聞いてみたい物ですね。

長くなりましたが、今回はこの辺で。
それでは!

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: