2009-01-20(Tue)

アニメ業界も大変そうだ。

こんばんは。
年が明けても丑三つ時に執筆しています。

*先日、拍手コメントをいただいたアの字さん、どうもありがとうございました。
なぜかお礼のコメントが書けなかったので、この場を借りてお礼申し上げます。
貴重なご意見をどうもありがとうございました。



さて、先日とあるアニメのDVDと原画集を買ってきました。
以前このブログでも少し触れましたが、登場人物の名前が車関連の名前ばかりなあの作品です。

私はアニメはあまり見る事はないのですが、ゲーム業界で働いていると、アニメは貴重な資料だったりします。
写実的なリアルなゲームを造る場合、参考とする資料は写真集やドキュメンタリー番組がうってつけです。
NHK特集やナショナルジオグラフィックスチャンネルなどが大活躍する事になります。

しかし、ゲームという物はリアルな世界観ばかりではなく、むしろファンタジー的な世界観の方が多いです。
こういったゲームにおいて、エフェクトやキャラモーションなどを徹底的にリアルに造ってしまうと、逆に世界観に馴染まなくなって違和感が出てしまいます。

そのため、ファンタジー的な世界観を持つゲームを造る際にはアニメのDVDが大活躍するという訳です。
絵コンテやキャラ設定が豊富に掲載されている原画集やファンブックも同じく貴重な存在です。



ディスクをプレイヤーに入れて、原画集を片手に再生・・・・しばし鑑賞。

なるほど、タイトルに「魔法」と付くだけ有って、それ系の演出が目白押しではありませんか!
こういった演出・エフェクトはあらゆるゲームで必須なので、これは役立ちそうです。

エフェクトの作り方などを学ぶ場合、こういったアニメをコマ送りなどで再生しながらひたすら鑑賞するのがオススメです。
一つの技がどういったパーツで構成されているのか、それらが出現したり消滅するタイミングはどうか等、かなり参考になります。


この他にも、同業他社のゲームを買ってきて参考にすると言うのもありますが、それはまた別の機会に。



一通り見ていて思ったのですが、最近のアニメはすっかりデジタル化しているようで、エフェクトなどが非常に美しいですね。
恐らく、キャラの足下に出る魔方陣等は3DCG処理されているのでしょう。 立体感があり、加算半透明も美しいです。

背景などを3DCGで造れば、後はいくらでも流用ができますし、パースが狂う事もありません。
加算半透明のエフェクトなどを滑らかに見せられる点もCG処理ならではでしょうか。


しかし、時々2Dの部分と3DCG処理している部分が、コマ数や質感などの点で馴染んでいないように見える事がありました。 この辺は今後に期待したいところです。
編集時やクオリティー管理も相当大変そうですね、、、



全て見終わって感じたのですが、元々「参考資料」として購入したとはいえ、やはり見ていると技術的な箇所に注意が行ってしまい、純粋に作品を楽しめなくなってしまった我が身が悲しい・・・
このことは、肩こりや目の疲れなどよりも深刻な「職業病」であると思うのですが、どうでしょうか?


そういえば、かつて親しかった同僚が、昔からの夢を実現すべく、アニメ業界に転職していきました。
半年後とかに再会した彼はげっそり痩せていて、「月300時間労働」とか「手取り4万円」とか言っていたのを覚えています。

それを聞いた当時は「冗談だろう」と笑い飛ばした物ですが、色々調べている内に冗談ではない事が分かってきました。
その彼とはすっかり音信不通になってしまいましたが、今頃どこで何をしているのでしょうか?
もしかしたらこの作品に携わっていたりするのか・・・


ゲーム業界と共に日本を代表する産業の一つであるアニメ業界も、実態は非常に過酷です。
働く人、業界の未来、どちらも非常に心配な今日この頃です。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

コメントをありがとうございました。

柳田理科雄さんの件、非常に参考になりました。
捉え方次第で全然変わってくるものですよね。 その切り替えが難しいですけど、やってみる価値はありますよね。

>友人
彼とは最近連絡が付かないのです。 元気にしているのでしょうか、、、

> 「三日でプラス思考になる本」
面白そうですね、私も読んでみようと思います。 
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: