--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-18(Sun)

資金の多さはゲームの善し悪しを左右するか?

こんばんは。
今回はゲーム開発にまつわるお金の話をしてみようと思います。



ゲーム開発には開発費として多額の資金が必要でして、数年がかりで開発するRPGなどになると、数億、場合によっては10億以上の開発費が必要になります。

その内訳は人件費がメインですが、機材を購入したり取材に行ったり、或いは外部のシナリオライターや声優を起用したりするとさらに跳ね上がります。

また、CDやDVDが標準となって容量に余裕が出てきた事からムービーを使用するのが当たり前になりました。
ムービーを使用するということは、ほとんどの場合声優さんも起用するという事になり、さらに費用がかさみます。(時々、社内のスタッフが声優をやる時がありますが・・・)
また、ムービーその物を外部に依頼するという事も多いですね。



このように、ゲーム開発にはとにかくお金がかかります。
では、開発資金の多さがゲームのクオリティーを左右するのでしょうか?

私の経験から判断すると、「資金の多さが全てではないが、かなり重要である」といった感じです。
給料の高さに見合わない能力の人もいますし、金をかけても駄目な作品はいくらでもあります。
しかし、多くの場合において、豊富な開発資金を投入できるプロジェクトはクオリティーが高い事が多いです。


例えば、どこか実在する場所を舞台にしたゲームを造るとします。
それが海外のような簡単には取材にいけないような場所であった場合はどうでしょうか?
インターネットで検索する? ドキュメンタリー番組や書籍で勉強する?

私の経験上、行った事も無い場所に関して、いくらネットや映像で研究しようとも、必ず勘違いや憶測から生まれる「決定的な不自然さ」が出てしまいます。
「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、書籍や映像を元に再現した物と、一度でも現地に取材に行った後に造った物では、そのリアリティーは雲泥の差です。

私は旅行や出張でカナダ・フランス・上海等に行く機会がありましたが、やはり自分の想像していたものとのギャップは大きかったですね。

このことは海外メーカーが日本を舞台に造ったゲームでも同様で、不自然な箇所のあるゲームは「現時取材をしていないんだろうな」と思ってしまいます。
もっとも、ゲームや映画においては「意図的に間違った日本像」というものが歓迎される場合があるので、一概には判断できませんが。



取材と一口に言っても、場所・人数・持って行ける機材・滞在期間など、内容は様々ですが、それら全ては資金次第という訳です。

このように、取材を例に取ってみても、やはり開発費が豊富なプロジェクトはクオリティーが高まる可能性が高いです。


過去、まだマイクロソフトが家庭用ゲーム機に参入していない頃、Windows用のアクションRPG「ダンジョンシージ」というゲームを発売しました。

このゲームの発売に当たって、なんとマイクロソフトは総武線などの一部JR路線の車内広告を全て買い上げて一斉広告を打つという、前代未聞(たぶん)の広報活動を行いました。

少なくともゲーム業界において、車内広告全てを貸し切るという大盤振る舞いは見た事が無く、「マイクロソフトはお金持ちだなぁ」と、ただひたすら関心したのを覚えています。
それから数年後、まさか彼らと正面から戦う羽目になるとは夢にも思いませんでした。

敵は戦力(資金)が豊富だ、どうしましょう!?


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。