2014-07-14(Mon)

丹沢山地・塔ノ岳に行ってきました

こんばんは。

六月からずっと続いていた梅雨がようやく明けたので、久しぶりに山に行ってきました。
今回選んだのは神奈川県にある丹沢山地・塔ノ岳(とうのだけ)です。
詳細は後日webサイトの方でまとめる予定ですが、ブログの方でも簡単にご紹介します。

自宅から電車とバスを乗り継いで2時間以上かかるため、三時半に起床して四時半の始発に乗り込みました。
ホームで始発電車を待っていると、周囲には登山用具で身を固めた人がチラホラ。
ようやく晴れたので、ここぞとばかりにみんな一斉に動き出したのでしょう。



登山_丹沢_001

丹沢山地は非常に広大で数多くの山が存在し、今回登る塔ノ岳はその内の一つに過ぎません。
小田急渋沢駅からバスで15分、さらに歩くこと10分、ようやく登山口に到着しました。



登山_丹沢_002

今回のコースは「塔ノ岳コース」と呼ばれており、往復14.4km、コースタイムは6時間となっています。
写真の様にコースのほぼ全域が丸太や板で整備されているのですが、これだけの距離を整備するのはさぞかし大変だったことでしょう。



登山_丹沢_003

登り初めて1時間ほどで山小屋「堀山の家」に到着しました。
ここから「二俣」という場所へのルートが分岐しているのですが、「道迷い遭難多発」との看板が有りました。



登山_丹沢_004

登山_丹沢_005

登山_丹沢_006

このコースは上り坂がだらだらと続くことから「バカ尾根」という失礼な名前が付いているそうです。
標高1500メートル程度だから大したことは無いだろう・・・と思っていた私こそが大馬鹿でした。

中盤以降は急な坂が延々と続き、これがとにかくキツイ!
鎖場等の危険箇所は特にないのですが、果てしない急坂がきつくて・・・
山に慣れていない家族連れとかがハイキング気分で来ると大変な事になりそうです。



登山_丹沢_007

登山_丹沢_008


ゼェハァ言いながら登り続けると「花立山荘」に到着です。
宿泊や食事が可能な山小屋ですが、なんとかき氷が食べられるではありませんか!
余りのおいしさに生き返るようでした。 ついつい登りと下りで2杯も食べてしまいました。



登山_丹沢_010

登山_丹沢_011

花立山荘から1時間ほどで山頂に到着しました。 ここには「尊仏山荘」があります。
この小屋の周辺で大きい猫を見かけました。 登山者を警戒する様子も無く、小屋の中に消えていったので、恐らくこの小屋で飼っている猫でしょう。

頂上は大勢の登山客で賑わっていました。 ここは丹沢山地では最も登山者が多い様ですね。
登りと下りで大勢の人とすれ違いました。 「こんにちは」を百回くらい言った気がします。

雨は降りませんでしたが、雲とガスが多く、富士山やアルプスの山々が見えなかったのが残念です。



登山_丹沢_014

情けないことですが、膝が笑っています。 「お前笑いすぎだよ」って位に笑っています。
これからあの急坂を戻る訳ですが、「下りだから楽」という事は全くなく、むしろ登りと同等以上にきつかったです。



登山_丹沢_015

下る途中で野生の鹿を発見しました。 大型の野生動物を見るのは初めてです。
登山者を警戒する様子は無く、ムシャムシャと草(?)を食べていました。



標高差1200メートル、総延長14.4km、時間6時間強といった今回の登山。
バテるし膝は笑うし、おまけに途中のザレ場で滑って左腕を強打するし、正直なところ反省点の多い登山でした。
こんな醜態では来月の大崩山登山が心配になってきます。
なにしろ、大崩山は今回よりも遥かにコースが険しく、なにより梯子場・鎖場が60箇所もあります。

まだまだ鍛え方が足りない様ですね。 
今度の連休も山に行って鍛えてきます。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: