2014-03-23(Sun)

新手の訪問販売か!?

こんばんは。

久々の連休でしたが、みなさんどうでしたか?
私は最近忙しかったので、久しぶりにゴロゴロしたりジョギングしたりして、まったりとくつろぎました。



・・・くつろいでいたのですが、突然鳴り響くインターホンの音。
特に宅配物が届く予定も無かったので、おそらく何らかの勧誘(訪問販売)だろうなと思ってインターホンに出てみると、

「ボトルサービスです。 玄関先で確認をお願いします。」

との返答。
は? 何時の間にか飲み屋のカウンターにでも迷い込んだのか俺は。
もう一度聞き直すと、

「ただいまボトルサービス中です。 玄関先で確認をお願いします。」

聞き直しても明瞭な返答が無く、とにかく「出てきてくれ」の繰り返し。 この時点で悪質な勧誘と断定。
この手の訪問販売は、とにかくドアを開けさせるのが常套手段です。
インターホンで断れずドアの外まで出てくる時点で、相手からすると「カモ認定」なわけです。
で、そんな気の弱い人は相手と対面した状態ではますます断れず言いくるめられて契約・・・という流れ。

「間に合ってます」でガチャリ。 お帰り願いました。

即刻帰って貰ったわけですが、それにしても「ボトルサービス」とは何の訪問販売なのか?
ネットで調べてみると、少なくとも数年前くらいから報告があり、どうやら浄水器などの勧誘の様ですね。
この手の商品にはろくな物は無し。 断るに限ります。



そういえば、そろそろ新社会人生活や進学先での学校生活が始まる時期です。
慣れない場所や環境で、仕事や学業に苦労しながら一人暮らしを始める人も多いでしょう。
そんな生活を脅かす鬱陶しい存在の一つが訪問販売による勧誘です。

勧誘の代表格と言えば新聞。
「社会人だし、新聞くらい読まないと・・・」と思う人も居るかも知れませんね。
しかし、特定の団体や国家、企業等の影響を受けての偏向報道まみれの新聞。
果たして年間数万円も出して読む価値が有るでしょうか?
少なくとも私個人の考えでは、五大紙の中にその価値がある新聞はありません。
新聞社によって評価は異なりますが、総じて何かの影響を受けすぎていて公平さに欠ける。

まあ、他の媒体と併用して偏向報道の検証に使うとかだったら価値もあるかもしれませんが。
新聞だけで情報収集している人は本当に危険だと思いますよ。
もちろん、この「新聞」を「テレビ」や「ネット」に置き換えても同様の事が言えます。
大手テレビ局(キー局)と大手新聞社はそれぞれ関係を持っているので、情報収集をするときはマスコミの関連性を意識しながら見ると良いと思います。



後はケーブルテレビ(CATV)の勧誘も鬱陶しいですね。
年に一回くらいのペースで、

・電波の受信状況の調査
・デジアナ変換に関する説明

といった名目で上がり込もうとします。
で、部屋にあげると電波調査などはそこそこに、ケーブルテレビの勧誘をゴリ押ししてくるわけです。

ケーブルテレビは「テレビ」「電話」「インターネット」などに利用でき、そのどれか一つでも契約させようとしてきます。
既にプロバイダーなどと契約済みでも、「セットだとお得」などと言って迫ってきます。
しかも、解約する際にも手数料で高い金額を要求する悪質な会社もあります。
インターネットは必需品ですし、CATVも活用すれば役立ちますが、不要な物まで契約しないように注意してください。
特に解約時に手数料を取られないかは要チェックです。


勧誘が来たら、本当に必要な物なのかを考え、契約する際には必要以上に無駄な内容で契約しようとしていないかを熟慮してください。
とりあえずその場で契約するのはやめましょう。 必ず一旦相手を帰し、内容をゆっくり吟味する時間を設けることです。
ネットで検索するのもいいでしょう。 仮に悪徳勧誘だったら事例がゴロゴロでてきます。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: