2014-02-17(Mon)

ゲームの記念購入

こんばんは。

先週に続き今週末も大雪でした。
14日はアーケードゲーム関連イベント(JAEPO)を視察するために幕張メッセに行ってきました。
当日は朝から既に大雪で、このままでは帰宅できなくなる可能性が有ったため早めに切り上げて帰りました。
都心部でチェーンを巻いた車が走る・・・なかなか想像できなかった光景です。

今回は風も強かったのが特徴でしたが、都心は多摩川や江戸川など一級河川が多く、これらの川に架かる鉄橋は強風時に通行不能となる事があります。
これまでの経験上、JRより私鉄の方が風に強い様です。(線路幅が広いから?)
これから関東に引っ越してくる予定の人は、いざという時のために複数の迂回ルート(JR・私鉄・地下鉄)を決めておくと良いでしょう。



さて、現在新卒やバイトの若手社員を何人か指導しています。
みんな慣れない仕事に苦労しながらも良くやってくれています。

仕事に対する価値観などは人それぞれですが、概ね共通している点は「一番最初に携わったゲームは、記念に買って保存したい」と思っている事でしょうか。
夢にまで見たゲーム業界での初仕事ですから、記念に購入し永久保存したいという訳です。

その気持ち、私もよく分かります。 私もデビュー作は初回限定版はもちろん、攻略本や取り扱ったゲーム雑誌など、関連商品を買いあさりましたし、今でも保存しています。
やはり自分のデビュー作は思い入れが違います。


ところが、場合よってはその「デビュー作」を永久保存するのが困難な場合も有ります。
例えばゲームセンター向けのゲームがそれです。
さすがに筐体を個人で購入するのは無理ですし、中身のROMを保存・・・という訳にもいきません。
せいぜいチラシや記事が掲載されている雑誌を買うくらいでしょうか。

また、最近はモバイル端末向けのゲームやダウンロード専売ゲームなど、パッケージが存在しないゲームも増えてきました。
ゲームその物は個人で購入できるのでアーケードゲームよりはマシですが、それでもパッケージが無いのは寂しいかもしれません。

私がゲーム業界に就職した当時はCD媒体のゲームの全盛期で、HDDやネットワーク機能を標準で備えたゲーム機は有りませんでした。
現在ではゲームの販売形態も随分と変化しましたが、もう5年・10年するとさらに大きく変化していることでしょう。
その時の新人社員達は、デビュー作をどういった形で永久保存するのでしょうか。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: