--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-25(Sun)

インターンの学生が来た!

こんばんは。


私の部署に、都内のゲーム専門学校からインターンシップの学生がやってきました。
「インターンシップ」とは、学生が仕事に対する理解を深めるために行う「体験就業」の様な物です。
学業の一環として行われ、ちゃんと単位として認められます。

なお、「ゲーム専門学校」と書きましたが、厳密には「学校法人」に属するのが「専門学校」です。
ゲーム系の学校は大半が学校法人には属さない「無認可校」ですが、ややこしいので「ゲーム専門学校」と表現される事が多いです。
ちなみに今回の学生も無認可校からやってきました。



さて、全ての学校・全ての学生がインターンシップに参加しているわけでは無く、参加の有無は学校の方針や学生の希望などに左右されるようです。

個人的にはインターンシップで働く機会は貴重だと思うので、どんどん参加して欲しいです。
しかし、学校の授業や卒業制作から長期間離れるため、色々と大変な面も有りそうです。

もちろん受け入れる企業にも都合があるので、どの部署のどのチームで受け入れるか、そもそも企業としてインターンシップに協力するのかは各社でまちまちの様です。
過去にもアジアなど海外からの研修生を受け入れたりしたことがありますが、少なくとも私の職場では頻繁に受け入れている訳ではありません。



受け入れた学生にどんな仕事をやらせるかも悩みます。

正社員として登用したわけでは無いので、雇用形態や就業期間の関係で、新入社員教育の様な長期的な教育はできません。
また、当然ですが開発中のプロジェクトや開発ノウハウなど、企業秘密に絡むような内容も教えるわけにはいきません。
こういった理由から、インターンシップの学生は、我々としても扱いが難しいです。


かといって、どうでも良いような雑用ばかりやらせるわけにも行きません。
明日の業界を担うであろう学生が、貴重な就業時間を使って来てくれているわけですから、限られた環境で最大限学んでくれる様に、こちらとしても色々工夫・努力します。

個人的には、学生の身分では知りようが無い業界の実態、例えば「遊びを作ると言う仕事の大変さ」「ゲームで遊ぶ事とゲームを作る事の違い」みたいな点を色々教えたいです。
「趣味でゲームに接する」のと「仕事でゲームに接する」のは何が違って何が大変なのか? ここを学んで欲しい。

もしかしたら、もう二度とゲームに関わりたくないと思うかも知れないし、「ゲームに接するのは趣味にとどめておいた方が良い」と判断するかも知れません。

でも、仮にそういう結論に至ったとしても、それはそれで良いと思います。
自分にどんな仕事が適しているか、これは人生における壮大なテーマですが、早く判断できた方が進路変更も楽でしょう。

インターンシップの結果、ゲーム業界を天職と判断するか、逆に駄目だと判断するかは学生次第です。
どちらだったとしても良い・悪いという事はありませんが、もし、それでもゲーム業界に行こうと思えたならば、是非とも頑張って欲しいですね。



なお、インターンシップでやってくると、まず間違いなく歓迎会が行われます。
そこでは「どんなゲームが好き?」「うちの会社ってどう?」と言うような質問攻めに遭うことでしょう。

ここでインターンシップ先の企業が発売しているゲームの話題で盛り上がると、その後の業務がはかどるかも知れません。(笑
本当は好きじゃないけど、よいしょするために「貴社のゲームが大好きなんですよ!」と言うくらいのしたたかさが有っても良いと思います。 少ないチャンスは大いに活用してください。
ただし、適当な知識しかないと、話が盛り上がったときにボロが出るので、よいしょするなら予備知識も忘れずに。


それでは。


trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

まとめ【インターンの学生が来】

こんばんは。私の部署に、都内のゲーム専門学校からインターンシップの学生がやってきました。「インター

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。