--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-28(Sun)

仕事納めの日に思う事

こんばんは。

先日26日は2008年度の仕事納めでした。

夏期休暇や冬期休暇前の営業日には納会が開かれるので、本来ならば一息付ける日のはずですが、同日付で去って行く同僚が3名もおり、なんともしんみりした納会となってしまいました。



新天地を求めて辞めていった正社員を除けば、年内に不景気の余波を受けたのは、派遣やバイトなどの非正規社員ばかりです。
とりあえず正社員は人員整理の対象にならなかったわけですが、正社員にとって2009年は試練の年となるのは間違い有りません。

何故かと言いますと、人員整理の後に生産調整をした他業種とは違い、ゲーム業界の場合は「非正規社員が抜けた分を正社員が補う」のがいつものパターンだからです。
つまり、一人あたりの仕事量が増えるという訳です。 もちろん給料はお値段据え置きです。

この様な負の連鎖が続くと、ますます社員の士気が下がり、さらなる離職を招いてしまいます。



さて、納会など、会社における区切りのイベントでは、部長や社長などの「ありがたい」お言葉が聞ける事が多いのですが、私はあまり「ありがたい」と感じる話を聞いた事がありません。

例えば、主な例として「今は苦しいけど頑張れ」とかいう類の台詞。
一見ポジティブな言葉のようですが、具体性がなく、何のビジョンも見えてきません。
少なくとも、本当に苦しい時に会社の幹部がわざわざ部下を集めて発表する内容ではないでしょう。

また、自分たちとは全く異なる国や業種の企業を引き合いに出し「○○はもうけているのだから、俺たちも儲けれるはずだ」というパターンも駄目です。
例に出した企業が何故設けているのかを説明できないようでは、「単に売り上げだけしか見ていないな」と失望されてしまいます。

そもそも、この類の話をする場合は、同じゲーム業界、せめて娯楽産業の企業を例に出してもらわないと説得力がありません。
例えば、石油が未曾有の高値を付けている時に「産油国や石油メジャーがあれだけ儲けているのだから、俺たちも儲けなければいけない」と言われたらどうでしょう?

たかだか納会の時の数分間のスピーチと思われがちですが、こういったところで社員の士気や上司に対する評価は大きく変わるのではないか、、そう思った納会でした。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。