2012-09-17(Mon)

中国の暴走とゲーム業界

こんにちは。


皆さんご存じかと思いますが、中国が暴走しております。

(1):歴史や事実を歪曲・捏造
(2):(1)に基づいて国民を扇動
(3):(1)に基づいて他国の領土を侵略
(4):経済制裁などをちらつかせて妥協を強いる
(5):(1)に戻って繰り返し

ずっとこの繰り返しです。 よく政治家やマスコミが「未来志向」「大局を見据えて」「棚上げして冷静に」とか言いますが、棚上げして冷静になるのは日本だけで、中国(韓国もですが)はその間どんどん増長する有様です。
現在も中国に居る邦人や関連資本への襲撃が続いています。

多くの日中間交流が中止になる中、経団連による訪中は中止になっていないようです。
恐らく経済制裁をちらつかせて、経団連から日本政府へ圧力をかけさせるのが狙いではないでしょうか。
悲しいですが、彼らは利益のためなら平気で国を売りそうな気がします。



それはさておき、私の勤め先を始め、日本のゲーム企業の多くが現地に事業所を構えています。
そこで働く駐在員はかなり恐怖を感じているようです。

上海支社で働く同僚に連絡を取ってみたところ、今のところ無事だが、日中は安全面を考慮して出歩けないとのこと。
家族で滞在している人の中には、万が一のことを考えて奥さんと子供を帰国させた人も居ます。

私も上海に何度か出張しましたが、現地では日本料理店(上海にはCoCo壱番屋や味千ラーメンなど、日系の飲食店が多数有る)に行くことが多かったです。
駐在員も日本食が恋しくなったらそいういった見せに行くことが多い様ですが、暴動が収まるまでは襲撃の危険を考慮して避けているそうです。

なにしろ、中国政府は日系店舗への襲撃を黙認している上に、愛国無罪を唱えれば罪にも問われない状況です。
もはや自分で何とかするしか方法が有りません。



あまり突っ込んだ話は出来ませんが、現在の所、私の勤め先では中国事業を見直すという動きは内容です。
が、今後どうなるかは分かりません。

・高騰する人件費
・現地スタッフへの指導に必要な手間暇
・スタッフの流出(すぐ転職して居なくなる)のリスク
・反日感情や暴動などで被害を被るリスク
・指摘財産権の保護などに対する不安
・ある日突然変わる条例や法律(もちろん中国に都合の良い内容)

等々、ハッキリ言ってリスクが大きすぎます。
確かに市場が大きいのは魅力です。 しかし、その分競争は激しく、利益を出せるかは別問題です。
また、技術やノウハウを十分に吸収したら、法律改正などで外資系を閉め出し、自前でそっくりな商品を売り出すという流れも珍しく有りません。 新幹線の悲劇が良い例です。
これは中国に限らず韓国でも同じ事が言えます。

個人的にはインド・ベトナム・インドネシアなど、もっと他のエリアに目を向けるべきだと思います。
少なくともまともに法律や外交が機能している国が良いです。



元々中国出張を承諾する社員は凄く少なかったのですが、今回の流れでますます減るでしょう。
また私に白羽の矢が立ちそうな気もしますが・・・

治安面での不安も有りますが、ここまで酷い事をされて、その上で中国の為に何かをしようという気になれるのかどうか・・・
今回の事件だけで中国に対する評価を決定するのは早計だとは思いますが、日本が甚大な被害を被っているのもまた事実な訳で。

どうにかならないものですかね。




comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: