2012-08-22(Wed)

中国事業はどうなるのか

おはようございます。

久々に超早起きしたので、珍しく早朝にブログを更新しております。
今日も暑そうですが頑張りましょう。



さて、みなさんもご存じの通り、尖閣諸島に対する不法上陸が行われ、それを発端としてまたしても中国で反日デモが行われています。
こういう反日暴動が起きると、必ずと言って良いほど「両国の経済関係のため穏便に」とかいう「有識者」が出現しますが、領土が侵略の危機にさらされているのに何を言っているのだ、という感じです。


一連の反日暴動に関してはテレビでも報道されていますが、注目すべきはその内容ですかね。
前回の尖閣諸島問題の時も、中国での反日デモは報道するが、日本国内での反中デモは一切無視するという偏向報道が行われました。

今回も国内でデモが行われるかは不明ですが、仮に行われた場合、それを報道したかどうかでマスコミの腐敗ぶりが分かるでしょう。



それはそうと、外務省の渡航情報を確認してみると、「中国全土:最近の日中関係の動きに係る注意喚起」として注意を促す情報が掲載されています。
現地での注意点や、もしもの時の連絡先など、目を通しておくべき情報が載っています。

ただ、どうにも扱いが地味で、果たしてどれくらい周知効果があるのかは不明です。
もちろん、単に観光目的で行こうとする人ならば、最近の報道を見て中国への渡航は控えるでしょう。

しかし、仕事などで現地に行かなければいけない人もたくさん居ます。
そんな人達にもっと見て貰えるようにすべきでは無いでしょうか。
海外出張に行く人でも、ビックリするくらい現地の情報・常識を知らないで行く人が結構居ます。


私の勤め先も中国本土で事業を行っており、私も時々、というか最近も出張の話がチラホラ出てきているような状況です。
なので、渡航情報や現地の様子などはもっと知りたいところです。

偏向マスコミでは肝心な部分が分からないので、現地の駐在員に聞いてみると、今のところ社内は普通とのことです。
数年前の反日デモの時も似たような状況だったようです。

が、その現地支社がある都市でも大規模デモが行われているのは事実ですし、いつデモが拡大・飛び火するかは誰にも分かりません。
また、現地で暴動に巻き込まれてしまえば、それが「反日」を目的とした暴動であるかどうかは、もはや意味が無いことです。
とにかく安全確保に最大限留意する必要があります。



竹島も尖閣諸島も絶対に引いてはいけない問題ですが、中国や韓国としても、今更国民に「嘘でした」とは言えないでしょうから、今後も今まで同様の姿勢で来るでしょう。
なので、この問題は簡単には収束しないと思われます。

規模の違いはあれど、両国で事業を展開している企業に勤めている私としては、今後会社がどのような対応をするのかが気になります。

気になるのですが・・・現在の所、これといった話がありません。
まさか「こんな事態になるとは想定外でした」とか言わないでしょうが・・・まさかね。
せめて渡航に関しての注意喚起くらいしてほしいです。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: