--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-12(Sat)

職場から避難、深夜に帰宅

おはようございます。

ご存じのように、昨日巨大な地震が発生しました。
一夜明けた土曜日においても、関東他各地で今なお大きな余震が続いております。


私は勤め先で業務中に揺れを感じ、最初はよくある小規模な揺れかと思ったのですが、
やがて洒落にならないレベルになったので、最低限の貴重品だけ持って社屋の外へ同僚達と共に避難しました。

しばらくして収まったので、一旦社内へ戻ったのですが、再び大きな揺れを感じたので、もう一度避難しました。
見ると周囲の建物からも多くの人が出てきていて、パトカーがせわしなく走り回り、さらにお台場の方からは巨大な黒煙が・・・



しばらく様子を見ましたが、揺れが収まったのを受けて、上司の方から帰宅するようにとの指示があったので、同じ方向の同僚を誘って帰宅することにしました。


途中で各地にいる家族に連絡を取ったのですが、回線がパンクしているのか、なかなか繋がりません。
普段は利用者の少ない公衆電話には長蛇の列が出来ています。
結局、家族全員と連絡が取れたのは数時間後でした。


既に最寄りの電車が停まっていたので、タクシーを拾って都内のターミナル駅の方へ向かったのですが、首都高が閉鎖されるなど交通渋滞が凄まじく、タクシーの運転手も「これ以上都内へ行くと、渋滞に掴まって脱出できなくなるから、ここで勘弁してくれ」との事。
仕方がないのでタクシーを降り、徒歩でJRのターミナル駅まで移動します。

駅に着くと在来線・新幹線共に全て停止しており、本日中の運転再開は無いとのアナウンス。
(東海道新幹線のみ、後ほど運転再開)


既に午後7時になっていたので、とりあえずどこかで腹ごしらえをすることにしました。
しかし、駅に集まった人々が周辺の飲食店に殺到したため、どこも長蛇の列ができており、既に材料が尽きた店も有りました。

コンビニで食料を調達しようと思ったのですが、100人以上の列ができており、既におにぎりや弁当は完売していました。
仕方がないので菓子類・ペットボトル等を買い、さらに日没と共に寒くなったので、手袋やカイロなども購入しました。



腹ごしらえをした後、寒さに震えながらとりあえず歩くことにしました。

路線バスが動いていたので乗ってみたのですが、首都高閉鎖による渋滞が凄まじく、1ブロック進むのに数時間も要したので、途中で下車して歩くことに。

自宅までは50km以上有り、寒さも厳しくなる中で、ここにきて「会社に残っていれば良かった」と後悔しました。
携帯で状況を確認しようにも、通話制限か回線のパンクで繋がりません。
非常時には携帯は役に立ちませんね・・・


数時間歩いていると、一部の地下鉄が復旧したとの情報が入り、最寄りの駅に向かいました。

駅に着くと、既に多くの人が殺到しており、入場制限がしかれていました。
ようやくホームに入ったものの、普段の通勤ラッシュも顔負けなくらいに混んでおり、ドアに押しつけられて骨折するかと思うくらい痛かったです。

なんとか終着駅まで移動できましたが、そこから自宅まではさらに10km程有ります。
タクシーを拾える訳もなく、そもそも都内と周辺都市を結ぶ高速道路が全てダウンしているため、下道の国道は凄い渋滞で、車は全く進んでいませんでした。

ここから自宅までは徒歩で行くことになりました。



既に時間は1時を過ぎていましたが、道路には自動車が連なり、歩道には自宅を目指す人々が、まるで祭りの時のようにあふれていました。
沿道にある24時間営業系の飲食店も、震災の影響を受けてか、その大半が店を閉めており、休息しようにもできません。
仕方がないので、このまま一気を目指すことにしました。


深夜三時頃、ようやく自宅に到着。
木造アパートだったので被害が心配でしたが、ドアを開けた瞬間に、玄関に置いていた荷物が崩れている光景を目にしました。

部屋の中もあちこちで「雪崩」が起きていましたが、テレビが倒れるような被害は有りませんでした。
荷物や家具の様子から見て、どうやら横揺れが激しかったように思われます。


とりあえず体を休めようと、お風呂にお湯を貼った・・つもりだったのですが、水しか出ません。
湯沸かし器の安全装置が地震を感知し、発熱を停止していたようです。
装置をリスタートさせると、ようやくお湯が出ました。

湯船につかってリラックスしていると、いつの間にか疲労で意識を失い、一時間くらい寝ていたようです。
大きな湯船だったら危なかったかも知れません。 狭いユニットバスで良かった・・・



結局風呂を上がった頃には夜が明けていました。

本当はすぐにでも布団に潜り込みたかったのですが、寝る前に食料品を買い出しに行くことにしました。
おそらく交通が麻痺していることで物流もストップしていると思いますし、不安に駆られた人々が殺到して売り切れる事態も想定されたからです。

近所にある24時間営業の店に行くと、地震を受けてか、営業はしていませんでした。
間もなく開店とあったので待っていると、あっという間に大勢の人がやってきて店の前に行列ができました。


開店と同時に人々が店内になだれ込み、争う様に食料品を買い求めます。
特に缶詰とミネラルウォーターが飛ぶように売れ、一人で数十本も買っていく人の姿もありました。

私も水や缶詰などを中心に大量に買い込みました。
こんな時、自転車だと持ち運べる量に限界があります。
家族連れ&車であれば・・・独身は大変です。


自宅に帰って食料を冷蔵庫にしまうと、既に時間は8時過ぎ。
そのまま泥のように眠りました。

・・・で、気がついたら夕方5時。
昨日、12時間かけて帰宅した疲れが出たようです。 本当に疲れました。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。