--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-03(Thu)

愛しのCRTモニター

こんばんは。

先日、長らく自宅で使っていたCRTモニターに異変が起きました。
画面が揺れ始め、突然「ブツッ」と暗くなったり等々。
以前から画面角の色がおかしくなったりしており、そろそろ寿命か・・・と思っていたら、急に悪化しました。

このモニターは三菱のダイアモンドトロン管を採用した20インチモニターでして、今から5年くらい前に購入した物です。

当時既にCRT(ブラウン管)モニターの時代は終焉を迎えつつあり、
あちこち探し回ったあげく、メーカーから取り寄せてようやくゲットしました。

何故当時液晶モニターに切り替えなかったかというと、CRTモニターの方が優れている点が多かったからです。

CRTモニターは奥行きが巨大で場所を取るし、大変重いので設置も大変です。
さらに消費電力も高いなど、デメリットが色々あります。
逆に液晶モニターは軽量コンパクトで消費電力も低めです。

これだけ見ると液晶の方が良さそうですが、液晶にも弱点が色々あります。
動画解像度が低く、画面が動くと画像がぶれて劣化が激しいですし、視野角が狭いので、斜めから見ると変色してまともに見えません。
これらは特にデザインやゲーム用途で使用する場合に大きな問題となります。

もちろん液晶モニターにもピンキリあるので、高級品を選べばだいぶ改善されますが、当時は倍速液晶などは発売されておらず(そもそも倍速でも不十分ですが)、価格も高かったので、探し回ってCRTモニターを買ったという訳です。



ふと職場を見渡してみても、最近はCRTモニターはほとんど無くなりました。
社内には数百台はモニターがあると思いますが、その中で現役のCRTモニターは数えるほどしか無いと思います。
私は日頃の業務で三台のモニターを使っていますが、全て液晶モニターです。

「三台も使うなんて贅沢だ!」と言わないでください。
最低二台、できれば三台無ければ仕事になりません。

一台目はXSI等の3Dツール用に、二台目はPhotoshopやIllustratorなどの2Dツール用に、三台目はExcelやPowerPointなどの仕様書確認用に、という風に使い分けています。
もしモニターが一台しなく、頻繁に開いたり閉じたりする事になったら・・・まさに悪夢です。

モニターを複数使うと初期投資は高く付きますが、作業効率が高いので、必ず元が取れます。
ここでケチる会社は、安く済まそうと思って大きく損をしていると思います。


とはいえ、モニターの数があれば良いという物ではなく、その質も問題だったりします。
安いモニターは安いなりの性能しか無く、色々問題が有ります。

割とモニターのサイズや数を揃えて満足しているケースが多く、質の面まで満足できる環境はなかなか有りません。
遮光フードを自作している人も結構居ます。



上を見ればきりがないですし、予算の問題もあります。
しかし、、職場環境、特に機材の善し悪しは全ての作業に影響してきます。
ケチるにしろ投資するにしろ、その効果ははっきり現れます。

とりあえず、機材に投資するかどうかはともかく、各機材の役目と値段による効果の違い、これをちゃんと理解できる責任者が居ると幸せです。

・・・大変「不幸」な職場も経験しましたが、本当に大変でした。





comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。