2010-11-13(Sat)

「クソゲー&良ゲーまとめWiki」を見た。

こんばんは。


先日、昔熱中したゲームに関して調べて居たところ、面白いページを発見しました。
その名も「クソゲーまとめ @ ウィキ」です。

「クソゲー」とは、ゲームに与えられる称号の中で最低最悪の物で、
「つまらない」「深刻なバグがある」など、とても商品レベルに達しているとは思えないゲームに与えられます。

名前が名前だけに、一般の雑誌等で使われる事はありませんが、ユーザーはもちろん、我々開発者の間でも一般的に用いられる言葉です。



このサイトを詳しく見ていると、姉妹サイト(?)に「名作・良作まとめ @ ウィキ」という物がありました。

こちらはその名の通り、名作とされるゲームに関する情報を取り扱ったサイトで、「クソゲー~」と同様、古くはファミコン時代から現在に至るまで、古今東西、様々なゲームを紹介しています。


「wiki」となっていることからも分かりますが、サイトの管理人が一人で造っているサイトではなく、基本的に色々な人が自由にコンテンツを作成・更新しているのが特徴です。

詳しく読んでみると、クソゲーの批評であっても、何故批判されているのかも含めて、基本的に冷静かつ客観的に書かれており、なかなか良くできたサイトです。
これならば批判されているゲームの作り手も納得するでしょう。

また、文章によってはユーモアあふれる物も有り、思わず笑ってしまう事請け合いです。


ちなみに、私が携わったゲームに関しても一本だけ触れられていました。
それは私の処女作だったのですが、幸い「名作」の方で紹介されていました。

読んでみると、ゲームに関する非常に細かい部分にまで触れており、ここまで熱心に遊んでくれたこと、そして名作だと評価してくれたことが大変嬉しいですね。



これらのサイトで紹介されているゲームに関しては、通販サイトや公式サイトなど、関連するサイトへのリンクもあるようです。

試しにクソゲーリストに載っていたとあるゲームのリンクを辿ってみると、大手通販サイト「Amazon」にたどり着きました。

そこではユーザーによるレビューが掲載されていたので、読んでみると・・・

評価:★一つ(五段階評価なので、これは最低評価を意味します。)
題:史上最悪のRPG
内容:このゲームは絶対に買わないほうがいい。大損しますよ。 (以下略)

以上、Amazon.co.jpのレビューより抜粋・引用



こ、これはキツイ。
もし自分が携わったゲームがこんな評価を受けたら、多分立ち直れないかもしれませんね。


とはいえ、クソゲーがクソゲーと呼ばれるには理由があります。
また、我々作り手も、造っている段階で「このゲームが良作か否か」という事に関しては、ある程度分かります。

駄目と分かっているなら改善するか、発売停止にすれば良いじゃないか。
確かにそうなのですが、時々、分かっていてもどうしようもない事があるのです。

スタッフの士気の低さや確執、ディレクターやプロデューサーの暴走など、色々な理由でどうしようもない時が有ります。

そんな時はチームの士気は著しく低下し、途中で会社に来なくなる人が出たり、プロジェクト終了後に人が大量に辞めたりする事も有ります。


「俺、何のために働いているのだろう・・・?」とか「そろそろ辞めようかな」などと思う事も多いですが、一番問題なのは、こんな状況で出来上がった駄作を掴まされるユーザーが居ると言う事でしょう。

ゲーム業界の闇は深いですよ・・・



名作・良作まとめ @ ウィキ
クソゲーまとめ @ ウィキ



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: