--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-01(Mon)

参考書選びは難しい・・・

こんばんは。


学生の本分は勉強ですが、それは社会人になってからでも同じです。
日々進化するツールや技術、業界動向や外国語など、就職してから覚えないといけない事は山ほど有ります。

よりステップアップするためには、現在持っているスキルを磨いたり、新たなスキルを身につけたりするなど、様々な方法が有ります。

しかし、その全ての共通している事は「勉強する」と言う事です。
勉強する方法にも色々有りますが、やはり参考書を購入するというのが一般的で確実です。



主要ツールがバージョンアップした場合、私の会社では、基本的に最新バージョンを導入します。

しかし、新しいバージョンには不具合が付きものですし、問題が無くても使い勝手や自社製プラグインの対応状況次第では、あえて旧バージョンを使い続けることも有ります。

部署としてバージョンアップをするかどうかを判断するために、何人かのスタッフが先陣を切って検証することになるのですが、私はその任務をよく任されます。

また、突然全く触ったことのないツールを使っての仕事を任されることもあります。
3DCGツールだけで見ても、それぞれで全く仕様が異なるのに、違う分野のソフトともなれば、一朝一夕で使いこなせる物ではありません。


こんな時などに頼りになるのが参考書ですが、参考書も色々あり、どれを選ぶかが問題です。
特にPhotoshopなどのメジャーツールには山のように参考書が有ります。

参考書には、

(1)超初心者向けの物
(2)過去のバージョンを触ったことのある人向けの物
(3)全ての機能を浅く広く解説した物
(4)機能の説明に特化した逆引き辞典系の物
(5)特定の機能に特化した、ヘビーユーザ向けの物

といった種類が有ります。

さすがに(1)は無いとしても、初めてなら(2)も無いし、(3)では深く掘り下げられないだろうから、その後をどうするかが悩みどころ。
(4)を買ったら実例や応用の点で不安だし、いきなり(5)を買うとお手上げの可能性大です。


Webサイトの目次やレビューを見てもピンと来ないことが多いので、実際に書店行ってある程度内容をチェックしないといけないのですが、そもそも初心者に善し悪しを判断できるのか?


この様に、参考書と一口に言っても種類は色々有るし、選ぶのも大変です。
しかも、コンピューター系の参考書は3~5千円と平均価格が非常に高く、外れを引いてしまった時のダメージもデカイです。



とはいえ、まだ参考書が有るだけマシです。

国内ではほとんど普及していない様な、マイナーで特定分野に特化した海外製のツールや、自社で開発したツールには、まず参考書が存在しません。

参考書どころかマニュアルやチュートリアルすら無い場合がほとんどで、そもそも周囲に他のユーザーがおらず、相談することも困難です。


未知のツールの先駆者となり、他のスタッフに伝授して回る・・・
なかなかやりがいのある仕事ですが、やるのは簡単ではありません。

この辺の苦労もくみ取って評価して貰えると嬉しいのですが。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。