2010-09-25(Sat)

中国出張はもう限界か・・・

こんばんは。

ここ数日、国内で最もホットなニュースと言えば、領海侵犯をした中国漁船の船長を釈放してしまった件でしょう。
これまでの経緯はニュースで報じられている通りですが、結局の所、中国の圧力に屈してしまったという事です。

政府は沖縄地検の判断による釈放であり、政治介入は無いと言っていますが、これほどまでに重大な事柄を地検だけの判断で行ったとはとうてい思えません。
まず間違い無く政府民主党の政治判断があったと見るべきでしょう。

仮に違ったとしても、首相や外相が不在の時にこれだけ重大な判断がなされてしまうという、政府の無能さをさらけ出しているようなもので、どちらにしても駄目駄目です。

個人的には最低の結果になってしまったと思います。

600人もの議員や関係者を率いての中国詣で。
慣例を無視しての晩餐会への根回し。
来日ビザの緩和など、様々な優遇措置。
「友愛」なる意味不明な土下座外交。

その結果がこの有様という訳です。



これまでに中国が取った対抗措置(圧力)をいくつか列挙してみると・・・

(1)日中首脳会談等、各種会談・交渉の中止
(2)日本への旅行の自粛要請
(3)東シナ海ガス田における、条約無視の採掘開始
(4)レアメタルの対日輸出停止
(5)国連などでの、事実無視の侮辱的な談話
(6)中国在住の日本人駐在員の逮捕・抑留


この中で「(4)レアメタルの対日輸出停止」に関しては、ついこないだの記事でレアメタルに触れたばかりですが、早速外交カードとして使用してきましたね。


日中両国は経済的な繋がりが非常に深いので、仮に両国の関係が悪化すると双方にダメージが有ります。
しかし、一説に依れば、相手側の方が切るべきカードをたくさん持っており、どうにも日本の方が立場が弱いとか。

今回の件は国内外の誰が見ても「日本が中国に屈した」形になっており、相手はますます強硬姿勢に出てくる事は間違い有りません。
尖閣諸島の領有権問題も、アジア地域における日本の立場も大きなダメージを負ってしまったと思います。


どう贔屓目に見ても、日本は周辺国に恵まれていません。
国家レベルでゆがんだ反日教育をしている中国・韓国・北朝鮮はもちろん、ロシアも最近は自動車関税の引き上げや対日戦勝記念日の制定など、かなり強硬な姿勢を見せています。

ちなみに、日本の主要テレビや新聞は韓国の強い影響下にあるので、韓国に関するネガティブな報道はほとんどありません。
一方で韓流ドラマやスターの押し売りが凄まじく、多くの人が「両国は友好的」と考えているかも知れません。

しかし、実際は韓国も凄まじい反日教育を施している国です。
何故そうなのか、何故日本国内では報道されないかは是非調べてみてください。



ここまでは国家間レベルの問題ですが、これからは我々一般の国民に対しての影響を考えてみます。


最近はゲーム業界も近隣アジア諸国にアウトソーシング(一部業務の委託)をする事が多いです。
私もその一環として中国の上海に出張しましたが、別の同僚は台湾や韓国の下請け先へと指導や管理などで出張しています。

他の会社の事情は分かりませんが、私の勤め先の場合、「海外出張専門のスタッフ」が居る訳ではなく、その都度出張するスタッフが選ばれます。

選考の理由はスキルや語学力などはもちろんですが、個人の意志が大きく尊重されます。
つまり、「中国に行ってくれないか?」と問われ、了承したスタッフが行くという訳です。


単刀直入に言うと、中国出張を喜んで引き受けるスタッフは非常に少ないです。
海外出張は全体的にあまり人気が無いですが、中でも中国出張は群を抜いて人気が無く、断固拒否をするスタッフも多いです。

断れば貴重な海外経験の機会を失うだけでなく、消極的な姿勢でマイナス評価となる可能性も高いです。
しかし、それでも嫌がるスタッフが多いのです。


それは何故か?

ズバリ中国のイメージが最悪だからです。
特に衛生管理の劣悪さに対するネガティブなイメージが半端ではありません。

実際、中国に出張したスタッフのほぼ全員が下痢などに見舞われています。
私もその一人で、過去数回の中国出張において、風邪・下痢・百日咳などに見舞われました。
(これらは水を含む生物を避けることや、うがい手洗いを徹底する事で回避できました。)



しかし、ここに来て今回の事件・・・

わずかにいた「中国出張許容派」は、限りなく滅亡してしまったと思います。
それも仕方のないことです。

何度謝罪しても援助しても、それを国民に知らせず、それどころかいつまで経っても反日教育を続ける。
今回のように自分に非があるのに信じられないような強硬姿勢。
挙げ句の果てには様々な対抗措置を繰り出してきて、ついには日本の駐在員を逮捕してしまいました。
これで「中国出張に行ってみないか?」と言われても快諾できるはずがありません。


これまでは、自分で体験した「海外出張の面白さ」や「現地スタッフとの交流の楽しさ」等の魅力を踏まえながら、より多くの同僚に海外出張へ行って貰うように勧めてきました。

しかし、今回の事件でそれももう無理ですし無駄です。
そもそも、私自身が大きく情熱をそがれてしまいました・・・

出張を通じて個人的に親しくなった現地のスタッフが居るからこそ、最後の一線で踏みとどまれていますが、これから他のスタッフに勧めることは、少なくとも中国や韓国に関しては、もう無いでしょう。

非常に残念です。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 <チャンネル桜より>

10.2 中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動
http://www.youtube.com/watch?v=Y3howQS7OSQ
http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=34

■日時・内容: 平成22年10月2日(土)
■集合場所 : 代々木公園けやき並木(NHKスタジオパーク入口横)
 13時00分 準備
 14時00分 東京集会
 15時10分 隊列準備
 15時30分 出発 けやき並木~渋谷駅前~青山通り
         ~表参道~原宿駅~けやき並木
 16時30分 けやき並木到着
 17時00分 ハチ公前広場街頭宣伝活動(~19時00分)

全国各地でデモ・街宣・ビラ配り等の抗議行動を同時に行いたいと思います。
ご協力いただける方は「頑張れ日本!全国行動委員会」事務局までご連絡下さい。

チャンネル桜
http://www.ch-sakura.jp/
http://www.youtube.com/user/SakuraSoTV#g/u
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: