2010-07-25(Sun)

ゲームもネットの時代

こんばんは。


今更言うまでも無い事ですが、ゲームもネットワーク対応が当たり前の時代です。

ハードやジャンルを問わず、発売されているゲームの大半は何らかの要素でネットワークに対応していますし、私がここ数年開発に携わったゲームも、そのほとんどがネットワーク対応仕様です。



これは単に遊ぶ側からの視点に限った事ではなく、開発する側にとっても同様で、開発環境は大きく様変わりしました。


私がゲーム業界に飛び込んだのが大体十年ほど前。

その頃は、一部の機種がネットワークに対応していましたが、業界標準とは言えませんでした。
また、ネットを通じて出来ることもかなり制限されていました。

現在の様に高速通信回線も無かったし、ゲーム機が大容量のハードディスクを搭載すのはまだまだ先の話でした。


当時はゲームの発売後にバグなどが発見されても対処のしようがなく、最悪の場合は回収騒ぎとかも起きていました。

また、追加データを作ろうと思っても、新しいディスクを作成したりなど、あまりにも手間やコストがかかり、現実的とは言い難い状況でした。


しかし、現在ではFTTH(家庭用光ファイバー)やADSLがかなり普及していますし、多くのゲーム機がハードディスクを搭載しています。

バグが見つかってもネットで修正データを配信できますし(バグは無いに超したことはありませんが)、マップやアイテムなどの追加データも配信する事ができます。


このことにより、ゲームの寿命が随分と伸びたような気がします。
もちろん、維持するのにはある程度のコストが必要ですが、一定以上のユーザーを掴むことができれば、その見返りは大きいです。



私も最近、ネットで配信するためのデータを作成しました。

つい最近まで自分が会社で作っていたデータが、数日後にはユーザーの手元にあるのを見ると、ゲームを取り巻く環境も随分変わったものだとつくづく思います。


便利になったのは間違い有りませんが、時代と環境の変化に付いていけない者には容赦ない淘汰が待っています。

淘汰される側にならないように、常々情報収集を怠らないようにしたいものです。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: