2010-07-09(Fri)

政治家と遭遇!

こんばんは。

11日・日曜は参院選挙の投票日ですね。
一ヶ月前の与党の圧勝予想から一転、大混戦模様となっています。



私が通勤で利用している駅の周辺を歩くと、「○月○日、○○議員来たる!」というような立て看板を見かけました。
この地区で出馬している候補者を支援するため、各党の議員が来て応援演説をするという訳です。

いくつかの政党の公式サイトで応援演説のスケジュールを見てみると、主要な議員が連日あちこち飛び回っているようです。
その内容は、売れっ子アイドルも真っ青なくらいの殺人的スケジュールで、よく体が持つものだと驚きました。


そんな中、とある政党の総裁(トップの人)が私の街にやって来る事に気づきました。
少し早く退社すれば間に合うので、せっかくだから見物に行くことにしました。



駅前に行ってみると、既に演説が始まっていたようで、大勢の人が集まっていました。

「政治家の演説」というと、「みんな素通りして誰も聞いていない」、そういったイメージがありました。
しかし、今回見たのは凄い人だかりで、雨模様にも関わらず、駅前は群衆であふれかえっていました。

その政党が動員したスタッフもいるでしょうが、それを考慮しても凄い人数です。
大手の政党だし、やはり総裁クラスになるとインパクトが違うのでしょうか。



候補者と総裁の二人で30分ちょいほどの演説。
明後日にはこの人に投票する事になるかも知れないので、考えや公約などをしっかり聞いてきました。

科学技術に投資することの重要性や、日本は技術力があるものの、世界的な規格策定の場で主導権を取れておらず、そこを強化すべきだと言う点など、共感できる内容が有り、良い話が聞けたと思います。


*日本は技術力はありますが、それを規格化する会議の場においては政治力が弱く、他国に主導権を握られることが多い様です。
政府関係機関に勤める知人も、「日本は金を出すばっかりで、肝心なところは外国に持って行かれる」と嘆いていました。

これからは電気自動車関連の規格など、絶対に落とせない物が色々あるので、頑張って欲しいところです。



さて、演説が終わった後、総裁が街宣車の下に降りて取材に応じていました。
これが噂の「ぶら下がり取材」でしょうか!?
せっかくなので、私も近くまで行ってどんな感じなのかを探ってきました。

記者や見物人に紛れて、巧みに接近。
そして、ついに総裁から1メートル程の場所まで到達しました。 ぶら下がり成功!
(取材はしないので、単にぶら下がっているだけです。)


しばらく記者とのやり取りを見物していると、総裁の周囲にはSP(要人警護官)が居る事に気づきました。

見るからに体格が良く、なにより目つきが非常に鋭いです。
不審者が居ないか、常に周囲に目を光らせている感じでした。


ふと、目の前のSPと一瞬目が合いました。
何もやましいことはないのですが、何となく気まずくなって目をそらしてしまった小心者の私・・・

すると、そのSPは何やら胸元に手を入れて、何かを取り出そうとしました。
ピストルか!? ピストルなのか!?

「私は怪しい者じゃありません! ただの「うだつの上がらないゲームクリエイター(独身)」です!!」

という心の叫びが通じたのかどうかは分かりませんが、そのSPは何事も無かったように別の場所へ行ってしまいました。 怖かった・・・


普段、政治家、それも総裁クラスになると、我々と接する機会は非常に少ないです。
その為、どうしても馴染みが薄い感じでした。

しかし、今回演説を聴き、さらに「ぶら下がり」までやったことで、随分印象が変わった気がします。



今回の選挙は「与党が過半数を取れるかどうか」が一つのポイントです。
与党が衆参両院で過半数を取ると、ある意味で政府は安定します。

しかし、別の言い方をすると、何か問題が有ったときに「政府を止める手段が無くなる」という事でもあります。


ここ一年ほど、何度も行われた強行採決やその法案の内容、そして地元宮崎での口蹄疫問題などを見る限り、与党が両院で過半数を取るのは非常に問題だと思います。

さて、どういう結果になるのでしょうか。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: