--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-27(Sun)

Google先生にも限界がある

こんばんは。


ゲームを作る際、そのゲーム中の舞台が実在する世界であるかどうかに関わらず、資料収集を目的とした取材をする事があります。

実在する世界をテーマにしたゲームはもちろんですが、一見架空の世界が舞台のゲームであっても、結局は実在する(実在した)世界をモチーフにする場合が多く、そう言った意味でも取材は重要です。

日本と違い、ヨーロッパなどは古い町並みや建造物が綺麗に保存されている場合が多く、昔を舞台にしたゲーム制作をする場合に非常に助かります。


しかし、不景気のあおりを受けてか、最近は取材に関してもかなり渋くなってきました。
取材の期間、場所、同行する人数など、以前に比べると予算が大幅に削られています。

特に海外取材の類は開催される事自体が希になってきました。



「ググる」という言葉を生み出すほど、我々の日常において欠かせない存在となったGoogle。

検索機能の精度や付属する各種ツールの充実度など、他の検索エンジンを大きくリードしています。
画像検索やストリートビューを使用すると、限定的ながらもビジュアル的な情報を得る事ができます。


その機能を利用して、国内のちょっとした取材であれば、Googleで代用しようという人が時々居ます。
一見、ネットを駆使した妙案の様に思えますが、個人的にはあまり賛成できません。


というのも、検索エンジンで出てくる画像はそもそも種類が非常に限られており、画質にも問題があることが多いです。
また、基本的に各画像は誰かの著作物なので、取り扱いにも注意を要します。

ストリートビューも先進的な機能ではありますが、映像が用意されているのは一部の地域のみで、閲覧できるアングルや画質にも大きな制限があります。


資料として考えると、画質も大きな問題となりますが、それ以上に問題なのは、検索エンジンで入手できる画像は、その場所や建物に関する、ごく一部の情報に過ぎないと言う事です。

限られた情報だけを元に判断してしまうと、必ずと言って良いほど勘違いの原因となり、結果として「何かが違う」或いは「全然違う」物が出来上がってしまいます。

私も、過去に欧州や中国に旅行・出張に行った際に、これまでにテレビや雑誌で得ていた情報だけでは分からない事がたくさんあって驚きました。


また、「百聞は一見にしかず」という言葉もあるように、実際に本物を見ずに、それを理解するのは困難です。
というか、これまでの人生で学んだのは「百聞しても理解は不能」という事です。



取材費用をケチれば、見た目の予算は浮きます。
しかし、毎度のことですがケチる箇所を間違えていると思うのですよ。

Google先生が偉大なことには異論はありません。
しかし、現地取材の代役は無理だと思います。

久しぶりに取材に行きたいですね。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。