--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-08(Sat)

【不定期連載】 役に立つかもしれないゲーム業界の技術解説 その1

こんにちは。
いつもご覧いただきありがとうございます。 m(_ _)m

今回は趣向を変えて、ゲーム業界に関する技術を超簡単にご紹介しようと思います。



ゲームにおいて表示されるCGをより美しく見せる技術は色々あります。
エッジを綺麗に見せる「アンチエイリアス」やモアレを防ぐ「MIP-MAP」とかが定番で、ここ数年は「HDRレンダリング」や「法線マップ」などが登場しました。

が、個人的に最も効果的であると考えるのが今回ご紹介するものです。
正式名称があるのか不明なので、仮に「エッジ処理」とでも呼ぶ事にしましょう。(適当すぎる・・)



3Dのゲームにおいて生成される「爆発」「衝撃波」「光」「煙」などのエフェクトを例にしてみます。

effect_001a

このようにエフェクトが地面や壁などの地形の近くで生成された場合、エフェクトが地形にめり込んで、その境界部分がパッキリと目立ってしまいます。 
このような絵を見かける事が多いかとおもいます。

これに進化したシェーダーで処理を施すと、

effect_001b

あら不思議、境界部分が滑らかに処理されました。


走り回る車や馬などには煙のエフェクトがつきものですが、これも地面すれすれで生成されるので、やはりエフェクトがめり込んでパッキリ見えてしまいます。

effect_001c

これに処理を加えると・・・

effect_001d

このように、地面にめり込んでいる部分が綺麗になりました。



このような処理を施しているゲームはまだまだ少数ですが、今後標準になっていくと思われます。
個人的には最近最も注目している、有用な技術だと思います。

それでは!


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。