--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-18(Tue)

手遅れになった後に対策・・・ ~宮崎・口蹄疫問題~

こんばんは。

週末はショックのあまり活動する気力が湧きませんでした。


もう報道されているので知っている方も居ると思いますが、宮崎牛の中枢とも言える「家畜改良事業団」でも感染が確認され、そこで飼育されている約300頭の牛などが全て殺処分される事になりました。

この施設は宮崎県の畜産における心臓部とも言えるもので、家畜の品種改良や人工授精のための精子を提供する種牛の飼育などを行っています。


この施設の家畜群が処分されると言うことは、宮崎県の畜産、ひいては宮崎県の経済が致命的な打撃を受けたことを意味します。

私が生まれる遙か前から、数十年にわたって積み重ねられてきた努力が一瞬にして無に帰しました。
復帰するまでに10年かかると言われていますが、元通りに復帰できる保証はどこにもありません。



5/17月曜の報道の様子ですが、朝刊・夕刊共に、主要新聞の多くがトップ扱いで報じており、テレビ欄を見る限り、ワイドショーやニュース番組などでも取り上げられていたようです。

これまでも地方紙やネット上では口蹄疫問題に関する報道はありましたが、全国紙や主要キー局ではほとんどスルーされていました。

しかし、政府に対策本部が設置され、対策会議が初開催されるのに合わせて一斉に報道が始まりました。


噂にあった報道規制が解除されたのか、
ネット上に批判があふれ、真偽の不明な情報が流れる状況を危惧したのか、
海外メディアや国際機関などからも報じられ、もはや隠すのは無理だと判断したのか、
政府を「救世主」として描くシナリオが用意できたからなのか、
それとも種牛が壊滅という事態に、初めて事の重要性を理解したのか、

その真相は分かりません。報道が一斉に始まった理由は不明です。


感染が発覚してから一ヶ月近く経過し、感染が発覚した施設は100以上。
殺処分数は約87000頭。 被害総額・対策費は数百億円。
これらの数字はまだまだ増えると思われます。

この状態になって、はじめて対策本部が政府内に設置され、「初会合」が行われたのです。
対応の遅れのツケはあまりにも大きすぎました。



家畜改良事業団の公式サイトでは、そこで飼育されていた牛たちの情報が掲載されています。

その中の一頭、畜産業界では伝説とまで言われたという「安平」という種牛がおりまして、現役を引退した後も大事に飼育されてきたそうです。
平成元年生まれのこの安平は、人間で言うと実に100歳に達するとのこと。

サイトには安平の写真と共に、今年4月に21歳の誕生日を迎えた安平を祝うべく、事業団の方が作ったと思われる手作りケーキの写真が載っていました。


それからわずか一ヶ月後、こんな形で、それも施設職員の手で命を絶つことになってしまいました。
もう少し早く、対処に当たる自衛隊の増派が認められ、満足な量の消毒液が届けられていたらと思うと、何とも言えない悲しい気持ちになります。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。