--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-14(Fri)

メディアやTwitterの規制・検閲の真相は? ~口蹄疫問題~

こんばんは。

ただいま午前三時。 凄く眠たいですが、口蹄疫問題で苦しむ地元の事を考えるといてもたってもいられないので、少しでも知って貰うために書きます。



■現地・宮崎の状況

昨日も新たな患畜が確認され、ついに殺処分対象は8万頭を突破しました。
しかし、これはあくまで「殺処分対象」であり、実際は半数程度しか処分が済んでいないようです。

人員や埋め立て場所の不足が大きな原因らしく、問題発生以来、不眠不休で作業に当たっている人達の疲労も極限に達している事でしょう。


そんな中、宮崎県産ブランドの種雄牛6頭を区域外に移動する特例措置が認められ、同日中に緊急避難が実行されたようです。
この種雌牛が感染すると、事実上宮崎牛が壊滅する事になりますので、歓迎すべきニュースと言えます。

ちなみに、宮崎県と鹿児島県だけで、国内の牛・豚・鶏の生産量の大半を占めます。


■各地からの応援

口蹄疫で壊滅的な被害を受けた宮崎県ですが、全国各地のみなさんからの暖かい応援が寄せられています。

宮崎県在住の女子プロゴルファー横峯さくら氏が、先日の大会での賞金1200万円を、口蹄疫問題で苦しむ県に全額寄付を申し出たとのこと。

この他、ブログなどで呼びかけられた募金に約800万円が集まったり、「ふるさと納税」を通じて畜産家を支援する申し出が13日現在で1600件以上も寄せられているとのこと。
ブログやTwitterなどでの応援メッセージも多数寄せられています。

本当にありがたいことです。
私もふるさと納税で支援する予定です。



■「報道規制」を否定 火消しに必死な総務省や各メディア

口蹄疫問題が発覚してから、常に話題となっているのが「報道規制」の存在です。

与党民主党の対応が遅れた点や、今回のウィルスの種類が中国や韓国での物と98~99パーセント一致した事などもあり、各メディアに対して政府が圧力をかけたのではないかという話がネット上ではあふれています。

それらの要素に加え、総務省の原口大臣がTwitterで報道規制を臭わせる発言を行った点で、「規制をしている」という話に火が付いたようです。


5/13木曜日の産経新聞では、

口蹄疫 ネットで炎上 「報道規制」デマも拡大

宮崎県で口蹄(こうてい)疫の疑いがある牛や豚が相次いで確認、殺処分されている問題で、赤松広隆農林水産相をはじめとする政府の対応が遅いとする批判が、ミニブログ「ツイッター」などを中心にネット上にあふれ、“炎上”している。
酪農家の悲嘆を伝える映像や、支援するための情報がネットの口コミで広がる一方、過激な批判や、「報道統制が行われている」といった誤情報も広まっており、ネットの利点と危うさが共存する展開となっている。

(中略)

9日には、明らかなデマも流布された。

「原口一博総務相が『報道規制』を指示している」。そんな情報がツイッターなどに流れ、リツイートで伝搬した。根拠は、原口氏自身のツイッターでの“つぶやき”。
9日朝、政府の口蹄疫対策の遅さを指摘された原口氏は「発生後、すぐ私は指示をしています」と反論、続けて「風評被害が大きくなれば、さらに大きな被害となります」と書き込んだため、テレビ局を監督する総務省が規制をかけたと解釈された。

(中略)

「口蹄疫に使う消毒液が、民主党幹部の地元に横流しされている」。12日にはそんな情報も駆けめぐった。
「ちゃんとソース(情報元)を吟味して判断しないと、踊らされるぞ」。ツイッターで伝搬する情報の洪水の中では、こんな書き込みも目立つ。

(産経新聞 5/13号 25P社会面より抜粋・引用)

このように、報道規制に関しては「デマや誤解である」と明言しています。
私もネット上の書き込みを鵜呑みにするほど短絡的ではないと思っておりますが・・・

残念ながら、「なるほど、デマだったのか」とすぐ納得できるような状態ではありません。
赤松大臣が帰国し、宮崎入りしてから途端に報道が増えるとか、不可解な事が多すぎます。

また、仮に規制がなかったとしても、報道の方向性に極端な偏りが見受けられます。
先日の農林水産委員会の模様とかも全然報道されないし、一部を除き、取り扱いは微々たる物です。

報道規制が有ったかどうかはまだ判断できる状況ではないですね。



総務省による報道規制疑惑と並んで話題になっているのが、「Twitter(ツイッター)での規制」です。

Twitterは、最近世界中で急激に普及しているミニブログのようなもので、情報の発信やそれに対する返答などが簡単に行える画期的なツールです。
これを活用している著名人や政治家も多く、東知事もTwitterで口蹄疫問題の情報を発信しています。


ところが、先日くらいから、Twitterで「口蹄疫」のキーワードで検索しても何もヒットしなくなりました。
口蹄疫問題に関しては大量の発言がやりとりされているにも関わらずです。
「口蹄疫」ではなく、「口 蹄 疫」と文字間にスペースを入れると大量にヒットする状況です。

これを受けて、「ついにTwitterも政府側に付いた」「ネットも規制が始まっている」などとの噂が広がっています。

私も試しに「口蹄疫」で検索したら、やはり何も出てきません。
「本当に検閲か!?」と驚きましたが、更に調べてみると、

「Twitterは日本語検索機能が弱い」
「現在は不具合が発生している」
「その他、有名な単語でもヒットしない物がたくさんある」


等の情報が。
それではと、現在ホットな(たぶん)キーワードで検索してみました。

・上海万博
・交流戦
・坂本龍馬
・谷亮子
・東国原
・初音ミク
・けいおん
・ドラゴンクエスト
・モンスターハンター


上記のキーワード、全て何も出てきませんでした。
今の時期、これらのキーワードで何もヒットしないというのは考えにくいですね。

ちなみに、うちの会社の名前で検索したら大量にヒットし、私の名前だったら皆無。
これは喜ぶべきなのか・・・?

試しに文字の間に半角スペースを入れてみたところ、たくさん出てきました。
やはり検索機能の不具合なのでしょうか?

ちなみに、

・事業仕分け
・強行採決
・起訴相当
・外国人参政権
・夫婦別姓
・外国法事務弁護士
・子ども手当
・赤松農水相
・国会法改正案
・公務員法改正案


などで検索しても、見事に何もヒットしません。 ・・・偶然?
これらのキーワードの意味は、是非調べてみましょう。 そして各個人で判断すべきです。

結局、Twitterの現状が規制なのか不具合なのかは謎です。
不具合ならば早く直って欲しいですね。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。