--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-14(Wed)

島耕作に駄目だしされる鳩山首相

こんばんは。


鳩山政権の支持率がじり貧状態ですね。
先日の核サミットにおいては、日本だけ首脳会談を拒絶されるなど、尋常ではない状態が続いております。

当然ながら風当たりが日増しに強くなっているのですが、思わぬ所で苦言を呈されていました。



私が購読している漫画雑誌に「週刊モーニング」という物があります。

以前も少し紹介しましたが、サラリーマンをターゲットにした漫画雑誌で、法律や医学など、少々複雑なテーマの作品が多いのが特徴です。


その中の一つに、「社長 島耕作」という漫画があります。
主人公の島耕作(しま こうさく)が架空の家電業界で奮闘するという内容です。

この主人公、最初は課長でして、漫画のタイトルも「課長 島耕作」だったのですが、どんどん出世して、ついには社長になったわけです。


架空の家電業界と言っても,その内容は現実に即した内容でして、何処かで聞いたような企業が色々登場します。
どうやら作者は元々松下電器に勤めていたらしく、作中の初芝電気も松下電器をモチーフにしているようです。

かなりの長寿漫画で人気も高く、サラリーマン漫画の代表と言えるでしょう。



ここ最近、作中にて鳩山首相が度々登場しています。
もちろん実名ではありませんが、名前や顔つきなど、どうみても首相を意識しているのは間違い有りません。


その首相、作中にて島耕作に何度となく駄目出しされております。
例えば・・・

(1)昨年、温室効果ガスを25パーセント削減すると公表したこと。
(2)科学技術予算を削減したこと。
(3)国内メーカーを国家としてバックアップしていないこと。


などです。


(1)に関しては、現実世界においても大きな反響を呼びましたが、産業界からは「無茶」「競争力を弱める」など、概ね大不評でした。

何が問題なのかというと、

(A)これまで大して削減せず、まだまだ削減する余地が有る国が25%削減する。
(B)これまで大いに努力して削減してきて、もう削減の余地がほとんど無い国がさらに25%削減する。

日本は(B)に相当するのですが、25%削減を実現しようとすると、大変な負担がかかり、国際市場における競争力に大きな悪影響が出るというわけです。



この点に関して、漫画の中において「産業界の意見も聞かず、勝手に公約しないでほしい」といった感じで島耕作から言われておりました。



次に、「(2)科学技術予算を削減したこと。」に関してですが、資源に乏しい日本は科学技術の分野で世界市場に打って出る事は必須です。

しかし、前回の仕分け作業で関連予算が大幅に削減されてしまいました。
業界関係者から不満が噴出した事も記憶に新しいです。


この予算削減に関し、作中にて韓国大統領とサムスンの会長(と思われる人物)から、
「日本は何を考えているのだ? 正気の沙汰とは思えない。」
といった感じで呆れられておりました・・・



これに関しては,私も同意です。
仕分ける対象が間違っているでしょう・・・

まずは「子ども手当」から仕分けてみてはどうですか?
5兆円も無駄な予算がカットできますよ?




最後に「(3)国内メーカーを国家としてバックアップしていないこと。」に関してですが、
韓国などではサムスンやヒュンダイなどの国を代表する大手企業を国家戦略としてバックアップしています。

しかし、日本では状況は異なり、国が後押しするという事もあまりありません。


このことに関し、やはり作中にて島耕作達に苦言を呈されていました。
「何度も政府に掛け合っているが、なかなか聞いてくれない」といった感じです。



この漫画において何度も取り上げられている事から、作者も鳩山政権の政策には大いに不満を持っているのでしょう。
そんな中、「子ども手当」などの、ますます国力をそぎ落としそうな法案が成立しました。

これからも首相が島耕作に駄目出しされる事が増えそうです。


社長 島耕作(1) (モーニング KC)社長 島耕作(1) (モーニング KC)
(2008/10/23)
弘兼 憲史

商品詳細を見る


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。