--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-26(Fri)

トヨタ問題とゲーム業界 その1

こんばんは。


先日からアメリカでトヨタ問題の公聴会が始まり、強烈な証言が飛び出すなど、ますます世間の注目が集まっています。

・一人の「日本人」として
・一人の「車好き」として
・一人の「北米市場を最重要視している企業に勤める人間」として

これらの視点から、今回の騒動について思うことを書いてみようと思います。

ちなみに、昨日夜7時からのCNNjのラリーキングライブを見逃したのは残念でした・・・
その時間? もちろん残業していましたよ。 トホホ。



とりあえず、発言が二転三転するなどの、トヨタの曖昧な態度にはいらだちを覚えました。
品質やリコールの対応などに一定の問題があったようにも思えます。


しかし、一連のトヨタ・バッシングを見ると、どうもフェアであるようにも思えません。
一連の騒動に「裏があると思うか?」と問われると、現段階では「思う」と答えます。

例えば連日メディアを賑わせるトヨタ関連記事内容には少々疑問があります。
その一つが「恥を知れ」の発言に関する記事です。

記事に依れば、この女性は「トヨタ及び米道路交通安全局(NHTSA)」の双方に対して「恥を知れ」と発言したとのことです。

ところが、様々なニュースサイトなどでは「トヨタよ恥を知れ」という感じで、トヨタのみに対して発言した、トヨタのみが糾弾されたと思ってしまうような見出しばかり見かけます。

落ち度があり、非難されているのが「トヨタだけ」なのか「トヨタと米政府機関の双方」なのかでは、人々が受ける印象や事件に対する正しい理解がまるで異なってくると思います。
一体何の目的で「トヨタよ恥を知れ」にしたのか、それが気になります。

また、証言や検証結果の正当性に関する疑問も上がったいるようなのに、それに関してはほとんど報じられていないのも気になりますね。

他にも色々気になる点はありますが、もう少し事の推移を見守りたいところです。



今回の件で、アメリカによるジャパンバッシングの凄まじさと、そのターゲットになった企業の受難をまざまざと見せつけられました。

もっとも、80年代と違い、日系企業が現地で雇用を生み出している点などもあり、米国内も攻撃と擁護に分かれているのが興味深い点です。
もし、今回の騒動が80年代であれば、トヨタは骨も残らないほど粉砕されていたかも知れません。


80年代に吹き荒れたジャパンバッシングの時は、私はまだ小学生で、その時の様子はほとんど覚えていません。
その恐ろしさを体験する機会を得られたという点では、ある意味では貴重だったのかもしれません・・・


ところで、80年代末から90年代初頭にカプコンから発売された「ファイナルファイト」や「ストリートファイター2」には、途中で制限時間内に車を破壊するというボーナスステージが有ります。

この時に破壊される車は、実はトヨタのセルシオ(LexusのLS)がモチーフで、このボーナスステージ自体がジャパンバッシングのパロディーであるというのは、割と最近気がつきました。

・・・作ったのは日本のメーカーのはずですが。



私はゲーム企業に勤めておりますが、昔からアメリカなどの北米市場は極めて重要でして、国内市場の縮小が続く最近はますますその傾向が強まっています。
制作するゲームのほとんどは北米市場でも発売されますし、北米市場の専売タイトルも少なからず有ります。

今回のトヨタ・バッシングや、今後激増するであろう集団訴訟の事を考えると、北米市場で商売をすると言う事、北米向けの商品を作るという事の大変さを考えさせられました。


現在の北米市場は現地のマイクロソフトがPS3を上回るシェアを確保していますし、やはり現地企業のEAは今や世界一のゲーム企業です。

北米市場における日系メーカーのシェアや技術力は低下する一方で、冗談抜きに「ジャパンナッシング」「ジャパンミッシング」な状態です。

この様な状態では、ゲームに関してジャパンバッシングが起きるはずもないですね。
・・・・我々ゲーム業界人にとって、これは非常に憂慮すべき大問題なはずですが・・・


現在のトヨタをNESやGENESIS時代の任天堂やセガに例えると分かりやすい・・・のかどうかは分かりません。
ちなみにジェネラルモーターズ(GM)を現地の企業に例えるならば・・・アタリとかでしょうか?


しょうもないたとえ話になってしまいましたが、北米向けのゲームを作る際に感じた事などは,次回に続きます。
それでは。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。