2010-02-12(Fri)

狙っているのか、無知なのか

こんばんは。


私のWebサイトをご覧になった方はご存じかと思いますが、私はゲーム業界で働く者として、
ゲームに関連した学校に大きな興味を持っています。

学科の種類、カリキュラムの内容、機材、講師陣、就職実績等々・・・

チェックすべき項目は色々有りますが、例えば学校の設備や方針が、業界のニーズに合致しているか、お金を払ってまで通う価値がある学校か等をチェックしています。

モバイル関連の学科・カリキュラムが増えてきたことと、ゲーム系の学科を設置する大学が増えてきたのが最近の特徴ですね。



これらの学校のサイトを見ていると、コース紹介として、業界を取り巻く状況についてのちょっとしたコラムを見かける事があります。
しかし、そこに書いてある内容に疑問を持ってしまう事が結構あります。

例えば・・・

- - - - - - - - - - - - - - - - -

(1)
世の中はマルチメディアの時代になりつつあります~(略)
あらゆる職場で利用されるようになったマルチメディアを勉強しましょう~(略)

(2)
世界のゲーム産業をリードする日本~(略)
日本のゲームは世界一と言われ~(略)

- - - - - - - - - - - - - - - - -

如何でしょうか?

(1)に関しては、なんというか15年前くらいによく見かけた謳い文句ですね。 何を今更と言った感じです。
また、マルチメディアという言葉自体が広義すぎて、書いている本人がちゃんと理解しているかも疑問です。

(2)に関してもツッコミどころ満載です。
技術の面でもシェアの面でも急激に右肩下がりな日本メーカーの現状を全く無視しています。



これらのキャッチフレーズを読んで疑問に思うのは、

「甘言で無知な学生を釣ろうとしているのか」
「本当に業界の状況を把握していないのか」


このどっちなのかと言う事です。


前者の場合、キャッチフレーズとしては80点といった所です。
これだけ甘い言葉で誘惑すれば、一定数以上の学生は引っかかってくれるでしょう。

後者の場合であれば、業界に対する理解度は20点です。
日本のメーカーやゲームが全く駄目になったわけではありません。 が、全体的に見れば非常に厳しい状況です。


さてさて、実際はどちらでしょうか?

とりあえず、私が親であれば、自分の子供にはどちらの学校にも行かせません。
なんだかどっちも駄目そうです。(あくまで上記のキャッチフレーズのみで判断した場合ですが)

それに、ゲーム業界に行きたい場合、必ずしもゲームの勉強をしないといけない訳ではないですし。
その辺に関しては、またの機会にでも。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ゲーム学科卒業生です

いつもブログを興味深く拝見させて頂いております.

キャッチフレーズの疑問はそのとおりだと思いますが,考察としてもう一つ見方もあるかと思い,コメントさせていただきます.

それは,役人向けの文言をつかっているという可能性です

というのも,大学の学科を作るには文科省の認定が必要なのです

それについて,在学中にいろいろとお話を伺ったことがあるので,なんとなく文科省の役人の顔色を見ているのじゃないのかと思ってしまいます.
真実かどうかはわかりませんが・・・

なるほど!

アクセスとコメントをどうもありがとうございます。


> キャッチフレーズの疑問はそのとおりだと思いますが,考察としてもう一つ見方もあるかと思い,コメントさせていただきます.

別視点からのご意見、大変参考になります。


> それは,役人向けの文言をつかっているという可能性です
> というのも,大学の学科を作るには文科省の認定が必要なのです
> それについて,在学中にいろいろとお話を伺ったことがあるので,なんとなく文科省の役人の顔色を見ているのじゃないのかと思ってしまいます.
> 真実かどうかはわかりませんが・・・

なるほど!
そのような考察もできるのですか。 これは大変参考になりました。

ここ最近、ゲームやアニメ関連の学科を設置する大学が増えているようで、
CEDECやTGSなどで講演やブースを構える大学も多くなりましたね。

とても参考になりました。
また考察などがあれば、是非ともよろしくお願いします。
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: