--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-27(Sun)

広告用の画像とは

こんにちは。


現在、住み替えの為の新住居を探しております。
狭いながらも愛着のあるアパートともお別れです。

関東の都市部だと、一度の引っ越しで30~50万程かかるので、極力出費は抑えたいところです。
ただ、予算をケチると、それなりの物件しか借りることができません。

広さ・日当たり・静かさ、物件の価値を決める要素は色々あります。
これらの条件が極端に悪い物件だと、帰宅してもリラックスできず、却って高く付く事になりかねません。

値段と満足度の絶妙なバランスは悩むところです。



さて、物件検索サイトで物件情報を見ると、大抵の場合は間取り図の他に外観・内装などの写真が出てきます。
この写真ですが、時々信じられないような酷い写真が有ります。


例えば、部屋や周辺の風景が暗い写真。
撮影した時間帯や、カメラの設定ミス(特にデジカメ)による物が原因でしょう。

これでは、暖かみの感じられない、日当たりの悪い物件にしか見えず、借りてみようかという気が起きません。
賃貸住宅の最大の売りは「日当たりの良さ」と言っても過言ではないので、これは致命的です。


次に、手ぶれやピンぼけなどが激しく、まともに見えない写真。
商売をする気があるのかと本当に疑問です。 商品カタログや見合い写真で手ぶれ・ピンぼけの写真を使う人など居ないでしょう。

また、時々「携帯電話で撮影したのか!?」と思ってしまうほど、低解像度で低画質を写真を掲載しているケースもあります。


おそらく、デジカメの不慣れな仲介・管理会社の写真が、忙しい営業の合間に撮影したのでしょう。
しかし、この様な画質の悪い写真を載せていては、商売的に見ると,どう考えても逆効果です。

「写真の撮り方が悪いのだろう」と画質に関してはスルーしてくれればよいですが、
「なんて魅力のない物件だろうか」と物件その物をスルーされてしまっては元も子もありません。



分野こそ違いますが、私の勤めるゲーム業界でも、雑誌広告に使用する画像には気を遣います。

掲載できる数には限りがあるので、使用するモデルデータやシーン、カメラアングル等、どの素材をどの様に組み合わせるかは悩むところです。


また、同じデータを使用するにしても、性能の低い実機ではなく、高性能のPCで時間をかけてソフトウェアレンダリングした画像を使用する事もあります。

アンチエイリアス機能が標準的ではなかった時代には、実機でスクリーンショットを撮り、それをPhotoshopに読み込んでエッジを滑らかに修正したこともあります。

非情に疲れる作業で後ろめたく、ひたすら虚しかった記憶があります。
補正写真はこのように作られるのだろうかと、大いなる謎の一端を垣間見た気がしました。



少々話がずれてしまいましたが、物件の写真を撮る際には、少なくとも魅力を損なうような写真は撮らないようにして欲しいですね。

物件のオーナー、仲介会社の営業さん、そして我々入居者にとっても、それがベストだと思います。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。