--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-07(Mon)

資格取得

こんばんは。


最近、資格取得のための勉強をしています。
とりあえず目標としている物は二つあり、来年の2月~6月にかけて受験する予定です。

一つ目はデザイナーとしてのスキルに関わる資格で、比較的メジャーだと思われます。

もう一つは法律が絡む物でして、こちらは結構な難易度ですね。
法律という物は中々厄介でして、国内外で微妙に異なったり、過去の裁判の判例が重要になってきたりします。

他のジャンルの勉強とはひと味違う感じがしますが、勉強すればするほど為になりますし、今まで無知だった自分が恥ずかしくなる時もあります。

なんとか合格を目指したいですね。



ところで、昨今は就職難と言われる時代ですが、そんな中で就職試験を突破するための武器としての「資格」が注目を集めているようです。
大学や専門学校では、資格取得を目指したカリキュラムを組んでいるようです。

いくつかの学校のサイトで取得目標としている資格をチェックしてみました。
なるほどと思うものがある反面、時々「これ、必要か?」と首をかしげてしまうような資格を目標としている場合もあります。


場合によっては、その学科が目指す職業に就けなかった場合を想定し、保険代わりに勉強させようとしているのではないかと思われるものも有ります。

もっとも、仮にゲーム業界を目指す学科で百人が学んでいて、その全員がゲーム業界に就職できるというのは現実的にはあり得ないでしょう。

なので、いざという時のために色々な資格を取得しておくのは,ある意味で現実的な対策かも知れません。



ところで、資格を持っていると仕事に役に立つかどうかですが、これは注意が必要ですね。

新卒の学生が資格をたくさん持っていると、少なくともマイナスにはなりませんし、履歴書も賑やかになるでしょう。

しかし、この業界の場合は作品審査が重要ですし、加えて人間性もチェックされます。
なので、資格を持っていたから安心と言う事は無いでしょう。


また、資格を取得できたかどうかよりも、その課程で学んだ事を仕事に活かせるかどうかが重要です。
取って満足、燃え尽きて、すぐに忘れてしまう。 そんな「名ばかり資格」では意味がありません。

勉強する事や資格を取得する事は大事ですし、高度な資格になると、それなりの特典がある場合も有ります。
資格を取得する事の意義をしっかりと理解し、有効活用しましょう。



trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

本気で勉強している方へ!これで勉強効率は300%アップします。

JUGEMテーマ:国家資格全般  ■ご家庭でワンセット如何ですか?  著者は高島徹治先生です。資格・受験など勉強・記憶に関する著作を  書き続けるベストセラー作家。その内容は受験大国として知られる  中国・韓国語にまで翻訳されています。  このな?...

-

管理人の承認後に表示されます

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。