--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-02(Wed)

広告料金

こんばんは。


昨日の出勤途中、車体側面に広告を掲載した山手線の車両を見かけました。
過去の記事で何度か取り上げた「マクロスフロンティア」というアニメの広告で、最近公開された劇場版の広告だったようです。



最近購入した経済誌でJRの特集をしていたのですが、それに車両広告の価格一覧が掲載されていました。

その記事によれば、このマクロスフロンティアの広告は「車体広告」と呼ばれる種類の物で、対象は山手線、期間は4週間、そして気になる価格は1500万円となっています。

備考に「11両・2編成」とあるので、基本11両編成の車体両側に広告を掲載し、それが2編成だから22両。
その状態で4週間走りますよ、という事でしょう。


遅くとも5分、ラッシュ時だと1分で次の電車がやってくるほど超過密路線である山手線。
その中の2編成だけとなると、割合的にはかなり少数です。

それでも山手線という路線の特徴を考慮すると、1500万円という価格は安いと言えるのでしょうね。



そういえば、過去にマイクロソフトが「ダンジョンシージ」というPCゲームの広告で、総武線などの車内広告を独占使用した事がありました。

この場合は「ADトレイン」と呼ばれ、一編成の車内広告を1社で独占使用する事になります。
総武線の相場は不明ですが、山手線の場合、半月・1編成で1510万円となっています。

車内の全てが対象商品の広告で埋まる事を考えると、やはり安いと言えるのではないでしょうか。

・・・もっとも、PCソフトの広告にそこまでのお金を出せるマイクロソフトの常識で言えば、かも知れませんが。


その他、山手線や京浜東北線の車内モニターにおいて、時々、任天堂提供のスポットCMが流れます。
こちらは「スポットチャンネル」と呼ばれる物で、1週間で390万円となっています。

一般的な中づり広告が2日間で440万円とあるので、安い・・・のでしょうか?



この様に、ゲームやアニメの広告を出すにしても、とんでもない資金が必要です。
上手く活用できれば効果は大きいでしょうが、元が取れないとしゃれになりませんね。


ちなみに、東京ゲームショウの出品料金は、1小間(3メートル x 3メートル)が35万円となっています。
期間中なのか、一日分なのかは不明ですが、ビジネスデーのみ出展するメーカーとかがあるので、おそらく一日当たりの価格でしょう。
この価格はあくまで「場所代」であり、照明や各種機材、ネット回線などを用意したらさらに高額になります。

ゲームショウから姿を消したメーカーも目に付きますが、昨今の経済状況と出展価格を照らし合わせれば、その理由も分かる気がします。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。