2009-11-21(Sat)

据え置き型ゲーム機でゲームを作りたい

こんにちは。

すっかり寒くなりましたが、冬のイベントである「ボーナス」は暖かい事を祈るばかりです。
・・・夏は少々寒かったのでね。



ところで、国内市場はすっかり携帯ゲーム機が主流となっており、多くのゲームがDSやPSP向けに開発されています。

昔は据え置き型ゲーム機と携帯ゲーム機には、それぞれその端末に向いた内容のゲームが発売されていましたが、現在では内容に関わらず携帯ゲーム機向けに発売されています。

新規タイトルや旧作の移植だけではなく、これまでは据え置き型ゲーム機で展開していたシリーズの最新作が、携帯ゲーム機のみに供給されるというケースも珍しくありません。


個人的には携帯ゲーム機を持ち歩くのも、小さい画面で遊ぶのも好きではないので、できれば据え置き型ゲーム機で発売して欲しいところですが、これは私個人の感想に過ぎません。

が、ゲームを作る仕事に携わる者としての意見では、極端に携帯ゲーム機に偏っている現状には不安を感じます。



PCやPS3・Xbox360などの市場が元気な欧米では、ノーマルマップ・HDR・プロシージャルなどの先端技術を使ったゲームがたくさん制作されています。

OSや3DAPIを作る会社、ハイエンドビデオカードを作る会社、3DMarkなどの業界標準ベンチーマークを作る会社、そしてそれらを使ったゲームを作る会社がたくさんあり、市場も大きい。
欧米市場は、日本とはゲーム業界を取り巻く環境が大きく違うと感じます。


一方で日本のメーカーと市場はというと、PS3やXbox360などが発売されてから、ハードの性能とそこで使用される技術が一挙に高度化したにも関わらず、それに対応出来ていないケースが多い様です。

それに加えて携帯ゲーム機が主流となり、そもそも高度な技術を必要としない流れになりつつあります。
(*携帯ゲーム機での制作にも高度な技術は必要ですが、この場合は前述の先端技術と言う意味で。)



最先端技術を使ったからと言って,必ずしもゲームが面白くなるわけではない。
これは言うまでもない事ですが、最先端技術を使うからこそ表現できる面白さがあるのも事実。
それに、「最先端技術を使わないゲームだから面白い」という訳でもありません。

国内市場に籠もって携帯端末向けにひたすらリリースすれば良いのでしょうか?
でも、少子化で国内市場が縮小する一方の状況では限界が見えています。
やはり、どうにかして海外市場に打って出ないといけません。


その際に敵となるのは、EAをはじめとした、技術もお金も持っている海外メーカーな訳です。
必要になってから慌てて技術を身につけようとしても、簡単には勝てる相手ではない気がします。

ゲームエンジンやミドルウェアでフォローしたりするとしても、それだけで問題が解決するとは思えません。
技術だけの問題ではなく、考え方・効率化といった点でも日本のメーカーは遅れている気がします。



据え置き型ゲーム機の新作ゲームの売り上げは絶望的な数字が並んでいます。
この状況で新作を出せと言われても難しい状況です。

が、ユーザーとしても開発者としても、なんとか据え置き機でゲームを作れる流れにしたいところです。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

私も携帯機はGBAぐらいまでしかやってなく
大きい画面で出来る据置き派なのですが
PS3・Xbox360共にソフト数が
まだまだ少ないのが寂しいですね。

据置きの空振りはユーザーが
望んでいない所に力を入れてる気がします。
グラフィックが綺麗でもPS2時代より
システム周りや内容が下がったり
作る側が無理をして色々勘違いしてる状態が
続くとますます携帯機に流れていきそうです…

据え置き型ゲーム機

こんばんは。
コメントありがとう御座います!


> 私も携帯機はGBAぐらいまでしかやってなく
> 大きい画面で出来る据置き派なのですが
> PS3・Xbox360共にソフト数が
> まだまだ少ないのが寂しいですね。

たしかに、両者ともかなり寂しいですよね。
据え置き機が元気な海外はたくさんあるようですが、国内は寂しい限りです。

また、この状況は当分改善される見込みが無いのも辛いところです。
例えばゲームショー等でSCEのカタログを貰って見ると、PSPや海外タイトルの割合が増えた気がします。


> グラフィックが綺麗でもPS2時代より
> システム周りや内容が下がったり
> 作る側が無理をして色々勘違いしてる状態が
> 続くとますます携帯機に流れていきそうです…

確かにそんな感じですね。
これに関しては、CEDECなどでも指摘されていたのですが、ハードの性能アップに伴う技術のキャッチアップが遅れている事が一因かもしれません。

技術的な部分に開発リソースの多くを割いてしまい、ゲーム性やゲームバランスなど、面白さに繋がる肝心な部分がおろそかになっているという推測です。

開発費が高騰し、投入できる人員や時間は限られている中、重要な部分に回す余力が無い、という事でしょうか。 私も心当たりがあります。

外部のゲームエンジン・ミドルウェアの導入や社内ライブラリーの整備などで効率化は図れると思いますが、そこに気がついていない、手が回っていないメーカーが多いのが現状のようです。

No title

技術的な部分に掛かる費用より
内容に掛かる費用が優先されないのでしょうか…
据置きで出す以上、必ずそのハードの性能を
活かしきることが大事なんですかね。

ゲームは人の主体性が強い娯楽だと思っているので
まず面白さやバランスがあってから
新技術を加えて、人に驚きを与えるものだと考えていました。

PS2で表現できるものをPS3で出す必要は
無いとは思うのですが
曖昧な言い方だと内容が伴えば
両者の中間ぐらいの技術でもっと
ソフトが出てもいいような気がしました。

矛盾するようなことを言うと
携帯機で表現できる品質だと物足りないんですが
PS2くらいの品質があれば
個人的には充分でした。
どんどん新しいハードが出る以上
淘汰されていくのは、仕方ないものですね。

私自身、最新の据置きハードでゲームを製作することに
最低限どれほどの制約があるのか、分からないもので
事情も知らずに長文失礼致しました。

問題点は・・・

こんばんは。

> 技術的な部分に掛かる費用より
> 内容に掛かる費用が優先されないのでしょうか…

あくまで私の経験上ですが、ゲームバランスやバグチェックは軽視される傾向にあるようです。
全く無視するわけではありませんが、場合によってはあまり力を入れない事も・・・

> 据置きで出す以上、必ずそのハードの性能を
> 活かしきることが大事なんですかね。

確かにそうなのですが、個人的にいくつか理由が有ると思います。

まず、デザイナーなど職人気質が時として暴走し、とことん作り込んでしまうケース。
スケジュールなどには限りがあるので、どこかで区切りを付けないといけないのですが、
時々こだわりすぎてしまい、結果として調整やチェックに回す時間が減ってしまいます。

次に、競合タイトルの存在やそのゲームの使命に左右される場合です。
例えばリアル系レースゲームをPS3で作ろうとした場合、同一ジャンル・ハードに「GT」が有る以上、
それを下回るクオリティーで発売する事は難しいものです。

もちろん、ゲームバランスや不具合が無い点も含めて「クオリティー」なのですが、
予算などで決定権を持つ人は開発の事には疎い場合が多いので、どうしても「見た目」で判断されてしまいます。
見た目の向上に注力しすぎると、他がおろそかに・・という流れです。

新型ハードの一発目のタイトルや大型RPGなどでは、やはり機能を駆使したビジュアルなどが求められる傾向にありますね。


考え方や効率化などにより、ハードを駆使しつつ品質を保つ事の両立は可能だと思いますが、
現在はそれが破綻しているケースが多い事が問題ですね。


> PS2で表現できるものをPS3で出す必要は
> 無いとは思うのですが
> 曖昧な言い方だと内容が伴えば
> 両者の中間ぐらいの技術でもっと
> ソフトが出てもいいような気がしました。

共感できます。 PS2では機能の面で妥協せざるを得なかった要素を盛り込んだ「完全版」をPS3で作る、
そんな仕事をやってみたい気がします。
PS2では画像が荒かったり、容量が足りなくて削ったりしたものを完全に網羅・・・こんな感じで。


> 私自身、最新の据置きハードでゲームを製作することに
> 最低限どれほどの制約があるのか、分からないもので
> 事情も知らずに長文失礼致しました。

いえいえ、全然OKです。 もっと色々聞かせていただけると嬉しいです。
ユーザーからすると開発者の都合など意味のない事で、ユーザーが満足でいないゲームは存在価値が無いですからね。

もう少しユーザーの方を向いた開発もしないといけないと思います。
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: