2009-09-27(Sun)

東京ゲームショー その2 ~学生作品をチェック~

こんばんは。

前回の記事では主にメーカーブースにスポットを当ててみましたが、今回は学校ブースについて書いてみようと思います。


TGSにはゲームメーカーによるゲームの展示だけでなく、物販コーナーやビジネス向け展示・商談コーナーなど、様々なブースがあります。

その中にゲーム関連の学科を持つ学校が集まったコーナーがありまして、今回は南は九州、北は新潟・東北まで、26校が参加していました。

ゲーム系の学校というと、一般的には専門学校(厳密には専門学校ではない無認可校も含む)というイメージがありますが、最近はゲーム関連の学科を持つ大学も増えてきています。

今回のTGSでも、「大阪電気通信大学」「神奈川工科大学」などが参加していました。
この辺に関しては、私のメインページの方でも少し紹介してありますので、興味がある方は覗いて見てください。
http://tegeyoka.com/game_gyoukai/gw_ds_gamedaigaku_01.html


学校によってブースの規模や出展内容は様々ですが、基本は学生作品の展示です。
イラストやCGを展示している所も有れば、学生が作ったゲームでゲーム大会を開催している所も有りました。

いずれも力作揃いでしたが、個人的に気になったものをいくつかご紹介します。



■「AIM RACING2」(日本電子専門学校)

メイン通路沿いに大きなブースを構えていた同校において、最も目立っていたのがこのゲームです。
ハンドル型コントローラやバケットシートなども設置して気合いが入っていたのですが、ゲームの中身もかなりのクオリティーでした。

タイトルからも分かるようにレースゲームなのですが、グラフィックの作り込みやアドバタイズの見せ方など、全体的に凄く良くできていました。

オブジェクトの影が無かったり、壁に接触するとピタッと車が停止したりとか、気になる点も色々ありましたが、キラリと光る部分がたくさんあったので、総合的には高評価です。

板ポリゴンをクロスさせた樹木とか、市販のゲームをよく研究しているなと思いました。



■「Re:Make」(TRIDENT)

「環境意識型アクションゲーム」と銘打ったゲームです。
この学校のブースには環境をテーマにしたゲームが目立ちましたが、係員によれば「偶然です」とのこと。 

主人公キャラを操ってゴミを食べ、それをエネルギーに変換して植物を育てる、そんな感じのゲームシステムでした。

特筆すべきはグラフィックでして、ほのぼのとしたキャラクターやマップのグラフィックは大変クオリティーが高く、作り手のセンスを感じました。

ただ、エネルギーに変換してからはき出すまでの流れが、少々テンポが悪い気がしたので、ここを気持ち良さを感じられるように出来ればなお良いと思います。


*最初にプレイした時はマシンの不具合で処理落ちしていたのですが、こういう場合はすぐに再起動した方が良いと思いますよ。 作品とは関係のないところでマイナスイメージが付くともったいないです!



■「Little Sky」(日本電子専門学校)

個人的に一押しだったのがこれです。
ジャンルはいわゆる「弾幕系シューティングゲーム」で、常人では避けきれないような弾幕でした。

とんでもない数の弾幕が飛んできているのに処理落ちやソート狂いも無く、テンポも良かったですね。
敵弾や自分のショットが非常に美しく、ボム(?)等の演出も良く作ってありました。
イベントシーンなども盛り込まれており、今の時代キャラが重要である点をよく分かっている感じでした。


このゲームのアテンド(接客)をやっていた人が制作した学生さんとのことだったので、色々聞いてみました。

サウンドなど、友人に協力して貰った部分もあるけど、基本は一人で作成したという点には驚きです。
制作期間は確か四ヶ月とか言っていたと思いますが、不眠不休で取り組んだ事でしょう。

聞けば、この手のジャンルのゲームが大好きで、かなりの数のタイトルを遊び、研究しているとのこと。
また、学校だけでなく、自宅でも積極的に創作活動に励んでいるそうです。



「Little Sky」を作った学生の話にもあったように、やはり「好き」という気持ちは強力な動機になると思います。
そして、単に「好き」だけで終わらせず、それを行動に結びつけている人は強いと実感しました。

この学生も凄く嬉しそうに目を輝かせながら色々話してくれました。
本当に好きで好きでしょうがないのだなと思いましたし、これからも伸びるだろうと思いました。

勉強も仕事も非常に大変で疲れますが、やっぱり好きな事に取り組む人は輝いているし、大きく伸びる事が出来ると思います。


ゲーム業界は色々大変な所ですが、本当に好きならば是非来て欲しいですし、本当に好きならば徹底的に上り詰めて欲しいですね。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: