--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-10(Thu)

旧作のリメイク

こんばんは。


最近、ファミコンやメガドライブなど、8~16bit時代のゲーム機で発売された旧作ゲームの移植やリメイクが増えています。

昔のゲームは複雑なインターフェースを必要としないタイトルが多く、データの容量も少な目です。
携帯端末に移植しやすいし、懐かしさのあまりついつい買ってしまう人などに対するセールスが見込めるという事なのでしょう。


私の勤め先は、その規模や歴史などの点からソフト資産が多く、それらのゲームが場所(ゲーム機)を変えて現代に蘇るのを見ると、なんとも感慨深いものがあります。


また、単に移植やリメイクされるだけでなく、時々全く別の新作ゲーム内に出てくる「ミニゲーム」という位置付けで復活する事もあります。

ゲームの面白さに新旧は関係無いので、良いゲームがより多くの人の目に触れるのは良い事ですね。



こういった旧作をリメイクしたり移植したりするプロジェクトに携わってみたいのですが、残念ながら、こういったプロジェクトは外部の会社に丸投げする事が多く、まず開発に携われる機会はありません。(他の会社はどうか知りませんが)


また、中途半端なリメイクをしたばっかりに、当時からの熱烈なファンに酷評されるというケースもよく見かけます。

場合によっては、リメイクはしなくても良いから、とにかく「そのまま」で移植して欲しいという要望が寄せられる事もあります。


私自身も古いゲームが大好きな人間なので、そういった思い入れのあるゲームをリメイクする場合にはしっかりやってほしいですし、余計な要素は不要だからそのまま移植して欲しい場合もありますね。

「あの名作が○○年の時を経て復活!!」とか言うから期待していたのに、蓋を開けてみたら蛇足だらけの駄作になっていたのでは、ファンは納得しないでしょう。


勤め先の旧作をリメイクする話があれば、是非とも携わってみたいですね。



ところで、リメイクといえば、昔スーファミで「ドラクエ2」がリメイクされた時の話を思い出しました。

作中に「ローレシア城」というお城があり、その地下牢にいる「地獄の使い」という敵を倒すと「いかずちの杖」という強力な武器を入手できるイベントがありました。

スーファミ版でその「地獄の使い」を倒しに行ったところ、なぜか「悪魔神官」というモンスターに変更されていました。
この「悪魔神官」はラストダンジョンで登場するモンスターで、各種魔法を操る超強敵です。

当然ながら、そのイベントが発生するタイミングではとても勝てない様な相手なのですが、まさかモンスターが「チェンジ」している等とは夢にも思わなかった私は、意気揚々と戦いに行ったわけです。

で、戦闘が始まると、なんだか敵の色味、っていうか名前が違うではありませんか。

最初のターンでイオナズンの先制攻撃を食らって後ろの二人がアッサリと死亡。
次のターンでご丁寧にザラキを頂戴し、コロッと他界たか~いとなったわけです。


・・・このリメイクにあたり、一体どういった理由で仕様変更になったのか!?
当時はユーザーとして考え、現在は同業者として考察してみたのですが、やっぱり謎です。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。