--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-06(Sun)

日本はいつから劣勢になったのか?

こんばんは。


今年のCEDECでは海外市場をテーマにしたセッションが多く、私も複数の関連したセッションを受講してきました。

これらのセッションでは、市場の現状を理解するために、国内外の様々なデータが提示されました。
各ハードの普及率、ソフトの売上本数、ソフトの売り上げに占めるジャンルやサードパーティやセカンドパーティーの比率、年ごとの推移等々。

それらを見ると、海外におけるPS3の劣勢や、相変わらずFPSやスポーツゲームが主流である点などが分かるのですが、その一方で、Wiiにおける売れ筋ジャンルの傾向が他と少々違う点なども分かります。


しかし、一番印象的だったのは、やはり日本市場が北米に比べて非常に小さくなっているという点です。

それを見る限りでは、
海外メーカーがリスクを冒してまで日本市場に参入する必要は無いのではないか?
日本のゲーム市場は、携帯電話と同様にガラパゴス化するのではないか?
等、色々不安になってきます。



さて、国内市場の縮小だけでなく、海外メーカーとの技術力の差に歯止めがきかない点も悩みの種なのですが、その技術格差がいつくらいから顕著になってきたのかを考えてみました。


技術力と言っても色々有り、それら全ての分野で国内メーカーが負けているとは思いません。
が、やはり総合的に見ると、海外勢が先を行っていると思います。

特にそれを感じるのは「リアルタイム3DCG技術」や「ネットワーク関連技術」などでしょうか。
個人的には「ライティングの技術やセンス」にも凄いものを感じます。


3DCG技術に関しては、例えば業務用CGボードであるセガの「MODEL2」やナムコの「System22」などが登場し、「デイトナUSA」や「リッジレーサー」が稼働していた頃は、まだまだ日本がリードしていた気がします。
PS2の序盤~中盤の頃も互角以上の戦いをしていたと思います。


が、個人的に差を感じるようになったのは、WindowsでDirectXのVer8~9辺りが登場し、対応ソフトが出そろい始めた頃でしょうか。

この頃から、北米産のFPSは物理計算や光源、LOD等を駆使した、とんでもない映像クオリティーを持つ作品が急激に増えてきた気がします。

例えば「DOOM3」が登場した際、シリーズのファンであった私も発売日に購入してプレイしてみました。
ゲームとしては演出にばかり気を取られて爽快感が皆無だし、ゲームは重いし、そもそも全然Doomっぽくないなど、個人的には最低の内容でした。

が、技術的にはかなり高度な事をやっており、真似するのは難しいなと言う印象を持ったのを覚えています。


ネットワーク関連技術に関しても、「Quake3(クエーク3)」の軽快なオンライン対戦には驚かされました。
私はよく北米のサーバーにアクセスし、現地の猛者達に袋だたきにあいながら腕を磨きました。
向こうはFPS人口が多いだけあって、上級プレイヤーがゴロゴロしていて、腕試しにはもってこいでした。

また、数年後に発売された「BattleField1942(バトルフィールド1942)」に関しても、とんでもない自由度の高さ、60人でも軽快に動くオンライン対戦、そしてなによりゲームとして面白いという、その完成度の高さに驚愕しました。


そうこうしているうちに、「Crysis(クライシス)」などの凄いゲームがゴロゴロ登場するようになり、気がついたらとんでもない差が開いていた・・・という感じでしょうか。



現在、国内外のメーカーの差は、野球で例えるならば7ゲーム差くらい有るような気がします。
直接対決で1カード三連勝してもまだ追いつけないくらいのゲーム差ですね。

今回のCEDECでは、何がどう弱いのかを再確認できました。
問題点を発見し、それを認める事が一番重要で難しい気がするので、これは収穫でした。

信じられない事ですが、未だに「3Dは日本が一番」とか言っている人が居ます。
誇りを持つ事と、過去の栄光にすがる事は別物だと思うのですけどね。

また、逆にこちらが優れている点が何かについても、ヒントを得る事ができたと思います。
ヒントはあくまでヒントでしかないので、それをどう活かすかが難題ではありますが、こちらも大きな収穫と言えるでしょう。


これらをレポートなどにまとめ、まずは同僚や上司に具申する事からはじめます。
先は長そうだ・・・

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。