--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-20(Thu)

仕事のやりがい = 同人誌?

どうもこんばんは。

最近忘れ去られつつあったインフルエンザですが、再び大流行の兆候があるようですね。
みなさんも体調管理にはご注意ください。



さて、前回のエントリーで「夏祭り(夏のコミケ)」に関して書きましたが、そのイベントに行ってきた同僚が、同人誌を色々買ってきました。
自分たちが携わっているゲームに関する同人誌なので、なんともドキドキします。


一通り見てみると、内容や作風、本の造りなど、実にバラエティーに富んでます。
B5くらいのコンパクトなものも有れば、A4位の巨大なものも有ります。
また、自宅で印刷してホチキスで留めた手作り感あふれるものも有れば、光沢や凹凸のある特殊印刷を駆使したお金のかかっていそうなモノまで、実に様々です。


内容の方もバラエティーに富んでおりまして、ゲームのアフターストーリー的な物を書いた作品もあれば、
特定のキャラクターにスポットを当ててオリジナルストーリーに仕立てたものも有ります。

・・・そして、18禁モノもありますね。 最近はBL(ボーイズラブ)系が増えてきたような気もします。
美形キャラがたくさん出てくる作品に携わった事もありますし、我々メーカーもユーザーの需要動向をリサーチして、ユーザーが食い付くような内容にするので、この辺は狙い通りとも言えます。



ゲームを造る仕事をしていて、やりがいは何かと聞かれる事が多いです。

ゲームが売れて、それに応じた収入を得る事も重要ですし、疲れてくると「とにかく定時で帰れる仕事」というのを重視する人も居ます。

私の考えも大体似たような内容なのですが、それに加えて最近重視するようになったのが「ユーザー(利用者)の反応が見える仕事」という点ですね。

商品を作って出荷して終わりではなく、その商品に対するユーザーの反応を知る事が出来れば最高です。
「格好いい」「可愛い」「おいしい」「買って良かった」等のお褒めの言葉もあれば、全く逆の怒りの言葉もあったりします。


ゲーム業界が他の業種と大きく異なるのは、ユーザーの創作活動、つまり同人アイテムが「ユーザーの反応」として加わる点だと思います。

自分が造った作品(商品)が、ユーザーの創造意欲を刺激して、さらなる世界が広がる・・・
作り手、少なくとも私にとってはなんとも嬉しい事ですね。

毎年盆と正月に帰省するので、夏も冬も「祭り」に行けないのが残念です。
同僚に見せて貰ったカタログは六法全書くらい巨大で、これから該当するサークルを捜すのも一苦労ですが・・・

いつかサークルブースを訪問して一冊購入し、お礼に名刺など差し上げたいものです。




comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。