2009-07-23(Thu)

ストレスとゲーム業界

こんばんは。

最近、ストレスが非常に溜まっております。
昨日は仕事にからんだイライラがピークに達し、危うく会社で爆発するところで、本当に危なかったです。

爆発と言っても暴れるという訳ではなく、上司に対して「忌憚のない意見」をぶつけるところでした。
「だから部下がどんどん辞めるんだよ!」と言ったかどうかは分かりませんが・・・

いや、言うべき所でちゃんと言わないのが状況悪化の一因なのかもしれません。
「言わなくても、察してくれるだろう」というのは悪しき文化なのでしょうか。




ゲーム業界というと、フレックスタイムが導入されている職場があったり、そもそも遊びを造っているという事もあって、ストレスとは無縁ではないかと言われる事が時々あります。
しかし、私の経験から言わせて貰うと、逆にストレスだらけの業界だと思います。

私自身の経験や、周囲の出来事、知人伝いに聞いた話などをまとめてみると、この業界のストレスには以下のようなパターンがあります。


■職場の雰囲気■
ゲーム業界に限った事ではありませんが、企業によって社風は様々です。
極端な例では、職場の規律が非常に乱れ、とても社会人が集って働く場所とは思えないような環境の所もあります。

まじめな職場から移ってきた人や、輝かしい社会人生活に憧れて就職してきたような人は、こういった堕落した雰囲気に耐えきれず、ストレスをため込んだあげくに退職するというケースがあるようですね。

職場全体が堕落しているような状況では、相談すべき上司も揃って堕落しているケースが多く、結果として不満やストレスを相談する相手が居なくて辞めるしか無くなるという訳です。


■残業・休日出勤・給与■
続いてゲーム業界の代名詞とも言える残業と休日出勤です。
ゲーム業界では見慣れた光景で、残業の量は今も昔も変わらないようです。

しかし、色々情報を集めてみると、多くの会社において「残業」が「サービス残業」になったという変化があるようです。
つまり、バブル期とかは残業すればそれに応じた手当が出たものの、景気の悪化に伴い、残業代が支給されないか、或いはただ同然の額になってしまったという訳です。


さらに、これに加えて大きな要素が給与水準の問題です。

バブル期に入社した社員は基本給与も昇給額・頻度も高く、結果として高収入だったのに対して、最近入社した社員はまったく逆の待遇であるケースが多いようです。

同じ量の仕事をこなしているのに、何故我々は給与が安いのか。
この点にストレスを感じている人はかなり多いようです。 いや、私もその一人なのですけど。




等々、代表的なストレスが溜まる原因を書いてみましたが、問題の本質は、残業が多いとか規律が乱れているとかではなく、それが改善される見込みが無いという点ではないかと思います。

例えば、規律が乱れていた場合、注意したり問題を提起することで改善される見込みがあるのであれば、ここまでストレスが溜まる事はないような気がします。

組織や業界の悪習、それを個人の働きかけで短期間に改善するのは不可能と言っても過言ではないでしょう。


事態が深刻な状態になる前に報告する、これは社会において基本とだと思われます。
しかし、こういった状況においては、それが実行されない場合が多い気がします。

問題を認識してストレスが溜まり始めると、相談や報告という中間のプロセスを飛ばし、いきなり最後の所にたどり着いてしまうのです。

初めて上司の所に言って話した内容が「実はこういう問題があるのですが」ではなく、「実はこの度退社する事にしました」となる訳です。

そこに至るまでにストレスが蓄積されている訳ですから、今更上司が説得したところで気が変わる事はないでしょうし、そもそも相談相手として認知されない上司にも問題があるでしょう。
私の周りにも、退職届けを提出する前に上司に相談したという人はほとんど居ません。




このように、日々の業務におけるストレスに関して分析してみると、問題点その物の存在と、それを相談する相手(特に上司)が居ない点や、改善される見込みが無い点の二つに分けられると思います。


・・・等々、ストレスが溜まる原因とそれに付随する問題を分析してみましたが、明日もストレスが溜まる仕事が待っている訳です。

別の機会に、ストレスとの上手い付き合い方を紹介できればよいですね。
とりあえず、私のストレス発散法の一つであるジョギングに行ってきます。

それでは。


comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: