2009-07-19(Sun)

会社を有効活用しよう

こんばんは。


ゲーム業界に限ったことではないと思いますが、不景気とか経費削減とかいうお約束の建前でどんどん社員の待遇が悪化しております。

そうなってくると、会社に対する不満が噴出してきます。
例えば・・・

■社員の首を絞める前に役員の給与をカット&定員削減をしろ!
■無駄に高価な社用車を処分しろ! センチュリーやマジェスタではなく、ベルタやアリアで十分だろ!
■幹部の出張はエコノミークラス&安ホテルで十分だろ!

等々。
これを改善せずに社員の首を切るとは言語道断でありましょう。

私も会社に対する不満は色々有りますが、ブログで愚痴っていても給料は上がりません。
そこで、この状況で会社をどう有効活用するかを考えてみました。




【 その1 機材を思う存分使う 】

まずはこれでしょう。
ゲーム企業では様々な機材を使用していますが、それらの多くは高価です。
特にデザイナーが使用するCG関連のツールは高価なもの揃いです。

例えば、私が日々の業務で使用しているツールの場合ですと、

■Photoshop(フォトショップ) → 10万円
■llustrator(イラストレーター) → 8.5万円
■FlashPro(フラッシュ) → 8.8万円
■After Effect(アフターエフェクト) → 15.6万円
■PremierePro(プレミア) → 10万円
■XSI / Softimage(エックスエスアイ) → 82万円


この様な感じで、非常に高価です。 さらにこれらのCGツールを動かすPCその物もこれまた高価です。
あまり詳細は言えませんが、ビデオカードだけで数十万円します。

価格を総合すると軽く新型プリウスが買えるくらいの値段になるわけですが、Softimageなどの3Dツールは本体価格とは別に年間保守料というものが毎年数十万円必要なので、ランニングコストでみても結構な出費ですね。 個人でこの環境を揃えるのは難しいでしょう。


毎日の仕事で嫌と言うほどこれらのツールに触れているわけですが、見方を変えると、普段だったら手が出ないような高価なツールをふんだんに触れるわけです。

しかも、各ツールは常に最新バージョンに保たれていますし、オフィスはエアコンが効いていて、当然ですが光熱費も会社持ちです。

こうなったら、残業や休日出勤を不幸と思わず、ここぞとばかりにツールを使い倒して大いにスキルアップしてやろうではありませんか。




【 その2 海外出張に積極的に参加する 】

個人的にオススメするのがこれですね。

私の勤め先は大手という事も有って欧米やアジアの主要国にも支社があります。
それらのオフィスへの出張は昔かあら有るのですが、最近はゲームの主要市場が海外へシフトしたことにより、ますます海外へ出張する機会が増えているようです。

その内容は、

■E3やGDCなどの海外で開催されるイベントの視察
■アウトソーシング先への打ち合わせ、技術指導
■次回作へ向けた取材


上記のようなものが中心となっていますね。

私も昨年初めて海外出張というものを体験しました。
最初は夏休みを当たり前のように潰さたことで、大いに怒っていたのですが、そもれも最初の内だけで、すぐにこれは大きなチャンスだと分かったのです。

私は海外旅行が大好きでして、回数は少ないものの、過去何回かは欧米に旅行に行ったことがあります。
そこに住む人、走り回る電車や自動車、スーパーに並ぶ商品など、あらゆるものが私にとって刺激的で、ただ街を歩いているだけで様々な事を学ぶ事ができます。
世界遺産などの観光地へ行く必要は無いくらい、海外では全てが素晴らしい初体験です。

そんな魅惑の海外へ、仕事を通じて、会社のお金で行って勉強する事ができるわけです。
これは大きなチャンスです。 例え夏休みが潰れても、それを補って余りあるメリットがあると言えます。


幸か不幸か、私の周りには海外出張を嫌がる人が多いです。
確かに食品の安全問題やSARSなどの伝染病、治安の問題など、不安視する要素は多々ありますが、私からするとなんとももったいない話です。

出張先がソマリアやアフガニスタンならば断固として拒否するかもしれませんが、行き先は欧米やアジアの主要国であり、病気や紛争で命を落とす心配は皆無に等しいです。(全くゼロではありませんが)

不安をあおる報道を鵜呑みにして国内に引きこもっているくらいであれば、会社のお金で大いに学ばせて貰う、これが私の考えです。


そんなわけで、私にとって初の海外出張は、少々体調を崩したりする事はあったものの、多くの事を学べ、仕事的にも個人的にも大成功でした。
特に、同世代の現地のスタッフと公私にわたって交流することができたのが最大の収穫でした。

また出張する機会があれば、自ら積極的に名乗りを上げようと企んでいる状況です。




世間は不景気で、給料が下がる一方の辛い毎日です。
残業・休日出勤・出張は確かに大変ですが、それを逆手にとって大いに会社を利用してやろうではありませんか。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: