2009-05-28(Thu)

仕事と疲労と抑えのエース

こんばんは。


最近はプロ野球の話題と仕事を絡めて記事を書く事が多いですが、今回もその流れです。
どうぞよろしくお付き合いください。



さて、ホークスファンの私は阪神ファンの同僚とよく野球話で盛り上がります。
話題の内容は様々ですが、最近は「ピッチャーの疲労」についての話が多くなりました。

ホークスとタイガースの両チームには絶対的な信頼を集める中継ぎ・抑えのエースがいます。
これまでも彼らの活躍によって勝利を積み重ねてきました。

しかし、ここ最近、その抑えのエース達が打ち込まれる事が多く、失点して負けてしまうケースも増えてきました。
これまでの活躍が嘘のように打たれているのです。

そんな時に必ず野球ファンの間で話に上がるのが「これまで酷使された事で疲労が溜まっているのではないか?」という分析です。

確かにこれまでの記録を見ると、やり過ぎではないかと思うくらい毎試合のように酷使されています。
これでは疲れが溜まるのも無理は無いという印象を受けます。



彼らが十分な休養を取って回復し、再び活躍してくれるのを願うばかりですが、その一方で、自分も同じくらい酷使されているような気がしてきました。


思えば就職して以来、ゆっくり休んだり、定時に帰宅した記憶があまりありません。
2~3時間ほどの残業が標準で、時々は午前様です。 飲んでもいないのに午前様です!
さらに、土日祝祭日に出社した事も多々あり、盆正月に休めなかった事もありました。


■最初の一年は、憧れの業界・憧れの会社で働けるという嬉しさで疲れは感じませんでした。

■次の数年は、開発に携わったゲームが雑誌やゲームショーで発表されたり、発売されたりした嬉しさで疲れは感じませんでした。

■就職してからの5年程は、上記に加えて若さと気力で乗り切れました。


しかし、それ以降は急速に疲れを感じるようになってきたような気がします。
その理由は何でしょうか?



人間、誰しも年齢を重ねる毎に体力は低下してゆきますし、常に忙しければ疲労が蓄積されていくのかもしれません。

それらに加えて、親しい同僚が去っていったり、重労働の割には待遇に納得できなかったり等、メンタル的な面から来る疲れ・ストレスもあるのかもしれません。


私はまだ健康面では大きな問題を抱えていませんが、同僚の中には酷い腰痛を患ったり、鬱病になって会社に来なくなってしまった人もいます。

それを考えると、日頃から健康管理には注意すべきではないかと思います。
肉体的な面だけでなく、精神面での健康にも注意しないといけませんね。


先ほど話題に上がったピッチャーとは違い、健康を管理してくれるトレーナーやマネージャーは居ませんから、自分の健康は自分で管理する必要があります。


これからも健康面には気をつけるつもりですが、仮に人生をやり直すとすれば、今度は最初から計画的に健康管理をしたいと思います。

・・・いや、そもそも、もうゲーム業界は選ばないかも。 悲しいですけど。



comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: