--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-21(Sat)

大学 vs 専門学校

こんばんは。

数週間前には雪が降ったというのに、今ではすっかり暖かくなりましたね。
季節の変わり目は風邪を引きやすいと聞きますので、油断しないように頑張りましょう。



さて、私がゲーム業界に就職して結構経ちますが、「ゲーム業界を目指す学生」ではなく「ゲーム業界で働く人間」としての視点で色々調べてみると、いくつか興味深いものがありました。

最も興味深いのが、ゲーム業界を目指す学生の多くが「大学に行った方が良いのか、それともゲーム専門学校に言った方が良いのか」という点で悩んでいるという事です。


社会的評価も初任給も高い。 しかし、ゲーム業界に関連する事を学べるのかが不安な大学。
その一方で、ゲームの事を学べて、業界とのパイプも太そうで、ついでに入学試験が無いに等しい専門学校。

一見すると後者の方が魅力的に映るかもしれません。
しかし、言うまでもなく、そんな単純な話ではありません。



専門学校で2年程度学んだ技術など、基礎力をみっちり鍛えてきた大学生が会社で一年も揉まれれば、あっという間に追いつくという事も良くある話です。

その一方で、油絵とかは上手いんだけど、コンピューターやCGに肌が合わなくて、いつまでも苦労している美大生も見かけます。

また、ほとんどの会社では大卒の方が給与面などで優遇されますが、学生時代のゲーム制作で鍛えた腕で仕事をバリバリこなし、あっという間に頭角を現した専門卒も居ます。


結局の所、毎度お馴染みの「その人のセンスや努力次第」という結論に落ち着くのかもしれません。



とはいえ、最近では全入時代(大学の定員よりも入学希望者の方が少ない事)と言われるようになり、大学の入学ハードルが低くなりつつあります。
また、ゲーム関連の学科を設置する大学も随分多くなってきました。
中には大手ゲーム企業が支援している学部もあります。

このことから、「ゲームを学ぶなら専門学校」という図式は崩壊しつつあるような気がします。
もちろん、関連した学部や学科数では、まだまだ専門学校の方が圧倒的に多いです。

しかし、十年後くらいには逆転とは行かなくても、ほぼ互角くらいにはなっているかもしれませんね。


私のメインページの方で、ゲーム関連学科を設置している大学を紹介するコーナーを造っていますので(まだ数は少ないですが)、興味があれば覗いて見てください。

それともう一つ。
よく誤解されるのですが、「専門に学ぶ学校」=「専門学校」ではありません。
専門学校とは、様々な条件を満たし、自治体等から認可された学校のみを指します。
ゲーム関連の学校には専門学校ではない「無認可校」が多いので注意してください。

それらの違いや善し悪しなどに関しても、メインページの方で触れています。


それでは。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。