--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-30(Tue)

難易度に磨きが掛かった大崩山

こんばんは。

五月の連休に地元九州に帰省したので、お約束行事とも言える大崩山登山をしてきました。
今回の主な目的は、実はまだ行ってなかった頂上へ行くことと、崩落した梯子場を確認することです。

本当は朝5時位から登りたかったのですが、何だかんだで結局6時頃に到着。
既に登山口付近は車が一杯で、500m程下に停めて歩くことに。

相変わらず難易度の高い山でしたが、素晴らしい天気と出合いに恵まれた一日となりました。



登山_大崩_01_001

まずは「袖ダキ」の展望所に到着。 この絶景は何度見ても素晴らしいですね。


登山_大崩_01_002

左は「小積ダキ」、右は「湧塚」ですが、この両者を同時に写真に納めようと思ったらかなり苦労します。
ギリギリ行けるとこまで移動して広角レンズで撮影したのですが、それでも綺麗に収まりません。
これ以上広角なのはフィッシュアイレンズくらいしか無いですし、後は撮影場所を工夫するしか・・・
もっと好適な撮影ポイントは有るのでしょうか?



登山_大崩_01_003

この時期の大崩山はアケボノツツジが満開のはずなのですが、今年はあまり見かけませんでした。
開花の時期が去年とは少しずれているようですね。



登山_大崩_01_004

名物の5段梯子(&ロープ)を通過して下和久塚へ向かいます。
ここの梯子場も個人的に気に入っています。 梯子が好きなら大崩山は天国ですね。



登山_大崩_01_005

下和久塚から見える印象的な岩で、個人的に「フェーズドアレイ岩」と名付けています。



登山_大崩_01_006

ここは上和久塚の直下なのですが、何時の間にか直登ルートの梯子が復活していました。
このルートは危険すぎる為かロープ・梯子共に撤去されていたのですが、誰かが再設置したようです。
とはいえ、安全のために右側からの迂回ルートをお勧めします。



登山_大崩_01_007

今回の最大の目的はまだ未踏である山頂へ行ってみること。
大崩山には多くの絶景ポイントが有るのですが、頂上は展望があまりないので来ない人が多いようです。


登山_大崩_01_008

上和久塚から頂上までは難所は全く無いのですが、リンドウの丘分岐から先はしばらく急登が続きます。
この日はほぼノンストップで登ってきたので疲れてしまいました。
途中で宇土内谷コースと合流すると、もうひと登りで頂上に到着します。


登山_大崩_01_009

展望が無いと噂の大崩山山頂ですが、ご覧のように実はそこそこ開けています。
この日は四月下旬でしたが真冬並みに木々が枯れており、かなり展望が有りました。
なお、頂上の少し手前には素晴らしい展望が楽しめる場所があり、昼食場所にもオススメです。

頂上では色々な人と楽しく団欒する事ができましたが、広島や大阪など遠くから来られた人が多かったです。
大崩山は文句なしの名峰だと思いますが、九州外からも来て貰えるとは嬉しいですね。
ファイントラック大好きおじさんとの語らいは非常に盛り上がって楽しかったです。



小積ダキで展望を楽しんだら、いよいよ地獄の下り「坊主尾根」に突入です。
下に見えるのは最大の難所である象岩のトラバース地点。

登山_大崩_01_010

登山_大崩_01_011

ここは大崩山で最も危険な場所だと思いますが、個人的にも苦手とする場所ですね。
北アの奥穂~北穂等の難所も経験しましたが、個人的にはここが一番恐怖を感じます。
確かに転落したら一発アウトの危険な場所ですが、ワイヤーを掴んで落ち着いて通過すれば大丈夫です。



登山_大崩_01_012

象岩を越えた後に先ほど居た「小積ダキ」を振り返ります。
落差300mもの絶壁が凄まじいですが、あの上に行くことが出来るというのも凄いですね。



今回のもう一つの目的地、梯子の崩壊場所にやってきました。
梯子というか、足場が崩落して梯子が傾いて使用禁止になっていたのです。
その後、梯子を付け直したとの情報を得たのですが、どうも少々無茶な様子だったので気になっていました。

登山_大崩_01_013

巨大な花崗岩の隙間から生えてきた樹木の上に落ち葉などが積もり、そこが足場となっていました。
その木の根っこに梯子を括り付けていたわけですが、樹木に依存した根本的に不安定な足場だったわけです。
梯子はもちろん、足場自体もいつ崩落しても不思議では無かったと言う事ですね。
ちなみにこの写真は2015年5月の状態です。


登山_大崩_01_014

そして同年8月にはついに使用禁止に・・・ 足場もかなり不安定な状態でした。


登山_大崩_01_015

そして新たに設置されたルートがこちら。
以前は二段梯子を下りた後、ロープで一旦足場に下りて、水平移動した後に最後の梯子に移るという流れでした。
崩落後、二段梯子からロープを使用して直接最後の梯子に移る様に変更されました。


登山_大崩_01_016

足下にはこれといったスタンスは無く、ロープが無いと絶対に通過不可能な難所となっています。
一応木の根っこを足場として使えますが、これもいつ崩落するか分からないので頼りすぎるのは危険です。
幸い花崗岩は滑りにくいので、グリップを効かせて慎重に通過しましょう。



登山_大崩_01_017

最後の梯子を通過した後も、下り急勾配が延々と続く辛い坊主尾根。
沢の音が聞こえてきても、祝子川の本流に到達するのはしばらく後です。

で、最後の徒渉地点にやってきたのですが、増水などで地形が変わっており、少々渡りにくくなっていました。
通過する場所自体はほぼ一緒なのですが、水流で岩が流されたようですね。
慎重さも求められますが、途中で立ち止まるより、一気に渡りきった方が安全だと感じました。



久しぶりの大崩山は相変わらずの難易度でしたが、それ故に歯応え抜群で楽しかったです。
やはり、大崩山は文句なしの名峰ですね。


スポンサーサイト
2017-05-15(Mon)

ちょいとロシアとマッターホルンに行ってくる!

こんばんは。

突然ですが、近い将来ロシアに旅行に行こうかな~と考えております。
また、本家ヨーロッパのアルプス山脈のマッターホルンにも登ろうとも考えております。

何故そんな事を思いついたのかといいますと、最近今後の人生を色々考える様になり、
その中で「興味の有る事は、やれる内にやっておいた方がいいな」という結論に至ったからです。



私はかなり多趣味な方だと自覚しており、興味のある分野は多岐に渡ります。
登山やWebでの情報発信(最近滞りがちですが・・・)もその一つです。
でも、興味は有るけど実際に手を付けるまでには至っていない、という物もたくさん有ります。
「時間が無い」「お金が掛かる」などというありきたりな理由です。

しかし、興味を持っている物の中には、気が付いたら触れる機会が永遠に失われてしまった物もいくつか有ります。
例えば、個人的にやってみたいと思っていた事の例として下記のような物が有りました。

・コンコルドに搭乗してみたい
・啓徳空港に離着陸する飛行機を見物したい


「コンコルド」とは、SST構想の申し子である超音速旅客機で、ロンドン~ニューヨーク路線などで運航され、
未来的なデザインと圧倒的な速度が売りでした。(ソ連にTu-144というそっくりさんも有りました。)
「啓徳(カイタック)空港」とは、かつて香港に有った空港の事です。
土地が狭い香港に有る過密空港であるため、飛行機が市街地の建物をかすめて離着陸する様子が話題でした。

興味が有るなら行けばいいじゃ無いかと思うかも知れませんが、この両者は既に姿を消しています。
啓徳空港は新空港への移行の為1998年に閉鎖され、コンコルドはコスト面の問題などで2003年に運航が終了しています。
1998年と2003年、どちらも行こうと思えば行けたタイミングで、まさに後の祭りですね。

一応コンコルドは博物館等に展示してありますし、啓徳空港も跡地に記念館の様な物が有るようです。
が、それらでは意味が有りません。 現役の頃に価値が有る訳です。
この様な教訓を踏まえ、やりたい事はやれる内にやってしまおうという考えに至ったのです。

登山を例に挙げると「山は逃げない」という言葉が有ります。 慌てなくてもまた登る機会は有るという意味です。
しかし、老いと共に肉体は日々衰え、元気に縦走できるチャンスは刻一刻と失われているのも事実。
また、御嶽山や新燃岳の噴火のように、不測の事態で登頂するチャンスが失われる事も有ります。
確かに山は逃げないかも知れないけど、登頂出来るチャンスが有るかどうかは別問題ではないでしょうか。



そんな訳で、「興味の有る事の内、現実的に挑戦可能な物」を色々纏めてみました。
その中の一部を列挙してみましょう。


・「An-224」や「ベルーガ」の実物を見る。
・世界三大瀑布を見に行く。
・世界各地の超高層ビルに登る。
・本家アルプス山脈の名峰に登頂する。
・ロシアの軍事博物館巡りに行く。


等々、ある程度の労力と時間を必要とするささやかな野望の一部で有ります。

「An-224」「ベルーガ」は特殊貨物輸送に使用されている貨物機であり、ごく希に日本にもやってきます。
出会う機会は少ないですが、運行計画を調べればチャンスは有るでしょう。 コレが一番簡単かも知れませんね。

「世界三大瀑布」とは、世界に名高い北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝、アフリカのビクトリアの滝の事です。
この中で私が行った事が有るのはナイアガラの滝だけですが、残る二つも観光地化されているので行くのは容易と言えます。

「超高層ビル」に関してですが、実は私は高層建築物マニアでして、高い建物は大好物です。
国内はともかく海外の高層建築物はあまり行った事が有りません。
カナダのCNタワーや上海のジンマオタワーくらいでしょうか。 数が多く地域もバラバラなので大変ですね。



で、タイトルにも書いた「アルプス山脈」と「ロシア旅行」です。

「本家アルプス山脈」ですが、登山好きとしては、やはり欧州アルプスの名峰に一度は登ってみたい訳です。
モンブランを筆頭に、アイガーやマッターホルンなど色々有りますが、最終目的はやはりマッターホルンでしょうか。
恐らく世界で最も印象的な山容を持つ名峰ですが、登頂への難易度もすこぶる高い事で知られます。
そりゃK2とかヒマラヤ山脈の方が遥かに難しいのでしょうけど、あちらはさすがに対象外になりそうです。

マッターホルンに挑むには、最低でも冬期の富士山や奥穂~西穂ルートの走破、クライミングのスキルは必須でしょうね。
ガイドも付ける事になるでしょうから語学力も必須ですな。 アンカルネ・シルブプレとか言っている場合じゃなさそうです。
体力や技術はもちろん、語学力や資金力の面でも相当ハードルが高いのは確実ですね。
まずはモンブラン、最終的にマッターホルンという流れでしょうか。 これは5~10年スパンで考えた方が良さそうです。



そして「ロシアの軍事博物館巡り」です。

ミリタリーマニアでもある私は様々な角度から軍事兵器や戦史などを調べています。
兵器の分野では、特に二次大戦のドイツ軍と戦後の旧ソ連・ロシア軍の物にとても興味があります。
メカニズムやエピソード等はもちろんですが、何よりそのデザインにとても心引かれるのです。
無骨だったりスマートだったり、美しかったり奇妙だったり・・・ 説明しにくいけど素晴らしいそのデザイン。
一度で良いから生で見てみたい・・・ 個人的なささやかな夢でした。

そんな夢を叶えるために最適な場所と言えば、これはもうロシアの軍事博物館しか有りません。
具体的には「クビンカ戦車博物館」「モニノ空軍博物館」で、いずれも首都モスクワ郊外に有ります。
旧ソ連・ロシア系の兵器はもちろん、ソ連が世界各地の紛争で捕獲した枢軸・西側兵器も大量に展示してあるのが魅力です。
クビンカにはマウスやカール戦車、モニノにはハインドA型などのレア物がてんこ盛りで、マニア感涙の品揃え。
ドイツとソ連の兵器が一堂に会する、まさに私のために作られたような博物館ですな。


ロシアに行く事自体は一般的な海外旅行なので、さほど難しくはないでしょう。 
問題は語学と治安ですね。 治安は外務省などの渡航情報などを注視するとして、個人的な問題は言葉の壁の方です。

現在ロシア語を勉強中なのですが、これがまた非常に難しい。
ギリシア文字をベースにして作られたロシア語ですが、英語と似ている部分も有る一方、基本的には全く別物ですね。
見た目が同じで意味が別物という文字も有り、場合によっては英語の知識がある方が苦労するかもしれません。

お金と時間はどうとでもなりますが、言葉の問題はかなり苦労しそうです。
こちらは1年程度のスパンで計画し、来年中位を目処に実現できたらベストでしょうか。



等々、突然思い立って色々計画中の私ですが、苦労する事が多い一方で、とても楽しく感じてもいます。
登山計画やPC自作計画など、あれこれ思案・準備している時ってとても楽しいですよね。

ささやかでも良いので色々野望を抱き、計画や準備に奔走する事が楽しく人生を送るコツかもしれません。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。