2017-01-31(Tue)

車の試乗に行ってきて感じたこと

こんばんは。

過去に何度か記事にしましたが、現在実家の車を買い換える計画が進んでおります。
主に使用するのは両親で、使用目的や年齢による衰え等を考慮すると、
小型で運転しやすく、かつ高性能な安全装備(自動ブレーキ等)が充実している車種が必須となります。

先日帰省した際に、両親を連れてディーラーに試乗に行ってきました。
年末年始はディーラーは休業しており、ギリギリ間に合ったホンダ系の店舗のみでしたが、
丁度ホンダには「ヴェゼル」「グレイス」「フリード」などの候補車が多いので好都合です。



現在、各自動車メーカーにおいて自動ブレーキを中心とした安全装置の世代交代が進んでいます。
主に「歩行者を検知・対応できるかどうか」が一つの目安になっています。 

<トヨタ>
セーフティーセンスC (歩行者検知不可)
セーフティーセンスP (歩行者に対応可能)

<ダイハツ>
スマートアシスト2 (歩行者は検知するが警報のみ)
スマートアシスト3 (歩行者に対応可能)

<ホンダ>
シティブレーキ (歩行者検知不可)
ホンダセンシング (歩行者に対応可能)

一例を挙げると上記の様な自動ブレーキが有り、歩行者が検知可能なシステムは機器の構造自体が異なり、
作動範囲(距離・速度)がより幅広かったりします。 当然ですが高性能な方が良いに決まっています。
もちろん、「事故を回避・軽減してくれる可能性が有る」程度に考えておくべきで、過信するのは禁物ですが。



さて、今回はホンダ系ディーラーに行った訳ですので、ホンダの車種を見てみると、
アコードやオデッセイなどの上位車種には高性能な「ホンダセンシング」が、
フィットなどの小型・安価な車種には廉価版の「シティブレーキ」が搭載されています。

が、最近は小型・安価な車種にもホンダセンシングの装備が進んでおり、
既にヴェゼル・フリード・ステップワゴン等の普及価格帯の車種にも搭載されるようになりました。
ディーラーの人に確認したところ、フィットやグレイスは年内に行われるマーナーチェンジの際に搭載し、
さらにモデルチェンジする軽自動車のN-BOXにも搭載されるとのこと。
コンパクトカーのフィットはもちろん、軽自動車のN-BOXにも搭載するとは驚きました。

ホンダや日産の対応の早さを見ると、やはりトヨタの遅れが目立ちますね。
例えばヴォクシーは歩行者対応不可のシステムを搭載していますが、ライバル車種であるセレナやステップワゴンは既に歩行者対応可能なシステムを装備しており、どうにも見劣りします。

トヨタにも歩行者を検知できるシステムは有りますが、他社に比べると登場が遅かった上に、普及もあまり進んでいません。
どいうった内部事情が有るのか気になる所です。



さて、今回はグレイス、フリード、ヴェゼルに試乗してみたのですが、新型車種はやはり作りが違います。
環境性能や安全装備など、全体的に大きく進化しており、買い換える価値は確実に有ると断言できます。


が、一方で気になるのは、数世代前の車と比べて、良くも悪くも変わりすぎているという点ですね。
例えばエンジンの始動・停止の際、昔はキーを差し込んで回すというのが一般的でした。
が、現在はパソコンの電源ボタンの様な物をポチッとなと押すだけでOKです。

他にも、アイドリングストップ機能により、走行中でもエンジンが停止する場合が有ります。
もちろんそういう作りなので問題有りませんが、何も知らないとエンストしたと焦ってしまうかもしれません。

また、ハンドルには多種多様なボタンやレバーが装着されています。
これらのボタンでギアの変更やオーディオ・スマホの操作など様々な事が出来るのですが、慣れるまでが大変です。

特に気になるのがシフトレバーですね。
プリウスに代表されるハイブリッド仕様車はガソリン仕様車と細部が異なる事が多く、その一つがシフトレバーです。
例えるならパソコンのマウスの様な形状をしており、動かし方も少し感覚が違います。
従来のガソリン車のレバーと違い、「指定のギアに動かした」という感覚を感じにくいのです。

もちろん、これらの違和感は慣れれば良いだけの話で、私個人はさほど気にはなりません。
が、私はともかく、両親はどうか? なにしろ主に使用するのは両親なのですから。
その内慣れてくれるとは思うのですが、極力余計な負担無しで乗り換えて欲しいところです。


この点に関してはトヨタのカローラの設計思想に好感を持てます。
カローラにもガソリン仕様とハイブリッド仕様が有るのですが、後者のシフトレバーも従来と同様のデザインをしており、
トヨタによると、違和感なく操作して貰う為にあえて変更しなかったとの事です。
カローラ(特にセダン)の主要ユーザーは中高齢者だと思うのですが、そこに配慮したという事でしょう。
これでカローラやプレミオ辺りにセーフティーセンスPが搭載されたら候補に加わるのですが。



ハイブリッド仕様車は先端技術の塊なので、インターフェースデザインを特別な物にするという考えは一理あります。
所有欲が湧きますし、設計次第では操作性も向上するかも知れません。

一方、変えなくて良い箇所はあえてそのままにするという考えにも賛同できます。
使い慣れた物に無理に変更を加える必要は無いのですからね。
全くジャンルは異なりますが、この考え方は私の仕事にも生かせそうな気がします。


買い換えは夏頃までに予定しているので、もう少し吟味しようと思います。
やはり何を買おうか思案している時が一番楽しいですね。


2017-01-23(Mon)

馴染みのあるゲームのアニメ化

こんばんは。

年が明けて既に半月以上経っておりますが、ようやく今年最初のブログ更新となります。
個人的に色々有りまして、すっかり放置状態となっておりました。 すいません。



さて、私は今まで様々なゲーム制作に携わってきましたが、最近、その一つがアニメ化され放映されました。
タイトル名や放映時期を厳密に書くとばれてしまうので「最近」という曖昧な表現です。
年末年始のどこかだと思って頂けたら幸いです。

過去にも何度か開発に携わったゲームがアニメ化されましたが、やはり毎回感動しますね。
ゲームその物が完成して発売された時とは違った感動があります。

もちろんゲーム本編とは媒体が全く違いますし、そもそもアニメは専門の業者が制作し、我々はほとんど関与はしません。
せいぜい初期の段階で資料を提供するとか程度でしょうか。 プランナーやディレクターとかだともう少し増えますが。
個人的には、我々ゲーム関係者は口を出さない方が良いような気がします。

そう言ったわけで、ゲームがアニメ化されると、関係者だけど他人でもあると言う、なんとも不思議な立場になります。



最近のゲームは3DCGでアニメの如く動き回りますし、一方のアニメも3DCGで処理するシーンが増えているようです。
アニメはもとより、ゲームも大半のシーンで声優さんによる音声が流れるのが当たり前となりました。
もはやゲームとアニメの違いと言えば、ユーザー操作による双方向性とストーリーの分岐くらいしか無いかもしれません。

個人的には、アニメにおける3DCGの採用には色々と考えさせられます。
良い部分では、乗り物や開閉する扉など、大きく動く物を3DCGで処理すると色々効率的でしょうね。
試行錯誤しやすいですし、データの流用も出来るでしょう。

一方で、3DCGで描写しているために違和感を感じるシーンも多々有ります。
特にキャラクター、それも主役級を3Dで描写している場合、見た瞬間に違和感を感じて「ああ、3DCGだなぁ」と。
動きも形状も、明らかに3D以外の部分から浮いていて馴染んでいない。
破綻の無い形状、綺麗すぎるパース、無機質な動き、なにより3DCGの部分だけ質感が違う。
あくまでも個人的な感想ですし、作品によりばらつきは有りますが、馴染ませるためのハードル高いと感じます。



ところで、ゲーム&アニメの話になると思い出すのが、昔居た同僚の話。
アニメーターを志して転職していった彼は元気でしょうか・・・
転職先の会社は健在ですが、彼自体はさらに他の会社に移っている可能性も有ります。
久しぶりに会ってみたいです。

プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: