--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-04(Sun)

とんでもねぇ、あたしゃ五竜岳だよ

こんばんは。

台風一過の晴天を利用し、北アルプス・後立山連峰を縦走してきました。
以前から目標としていた「鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)」への登頂と、
三大キレットの一つである「八峰キレット」の走破、さらに「キレット小屋」への宿泊を達成できました。

暑さと急登に難儀しましたが、素晴らしい展望と歯応えを味わえ、天候にも恵まれて充実した縦走を楽しめました。

【今回のコース】
(移動日)新宿 → 夜行バス → 扇沢
(1日目)扇沢 → 柏原新道 → 爺ヶ岳 → 鹿島槍ヶ岳 → キレット小屋
(2日目)キレット小屋 → 五竜岳 → 五竜山荘 → 遠見尾根 → アルプスだいら → 新宿(電車)

【今回のコースタイム(休息時間別)】
柏原新道 → 種池山荘 : 2時間20分
種池山荘 → 爺ヶ岳(南峰) : 35分
爺ヶ岳(南峰) → 爺ヶ岳(中峰) → 冷池山荘 : 45分 
冷池山荘 → 鹿島槍ヶ岳(南峰)  → 鹿島槍ヶ岳(北峰): 2時間
鹿島槍ヶ岳(北峰) → キレット小屋 : 1時間

キレット小屋 → 五竜岳 : 3時間
五竜岳 → 五竜山荘 :30分
五竜山荘 → アルプスだいら : 2時間20分



登山_アルプス9_001

夜行バスを利用して「扇沢」までやってきました。 今回は2時間ほど眠ることが出来て、多少はマシですね。
ここ扇沢は鹿島槍ヶ岳以外にも色々な山の登山拠点となっています。
黒部ダムを経由しての立山・剱岳方面、針ノ木雪渓を経由しての針木岳方面など、北ア北部の様々な名峰へ行けます。



登山_アルプス9_002

登山口となる「柏原新道」入り口は扇沢から10分程下った場所に有ります。
このコースは非常に整備されていて登りやすく、なんとなく合戦尾根に近い印象でした。



登山_アルプス9_003

コースタイムを大幅に前倒しして稜線に有る「種池山荘」に到着しました。
ここからは展望の開けた稜線歩きが楽しめます。 天気も最高で気分も最高です。



登山_アルプス9_004

今回の主目標の一つである「鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)」が稜線の奥に見えます。
二つの山頂を持つ所謂「双耳峰(そうじほう)」で、遠くからでも識別が容易な特徴的な山です。
まだまだ遠いですが、展望に優れた稜線歩きはとにかく楽しいですね。



登山_アルプス9_005

ほどなくして「爺ヶ岳(じいがたけ・2669m)」に到着。
こちらは双耳峰どころか3箇所もの頂上をもつ贅沢(?)な山です。
この内の南峯と中峰に登頂可能で、展望が素晴らしいので是非寄っていってください。
頂上からは双方向への道が続いているので、分岐点に荷物をデポする必要は有りません。



登山_アルプス9_006

爺ヶ岳の先には「冷池山荘」が有ります。 種池山荘とは同一グループなので、予約は一括で出来ます。



登山_アルプス9_007

冷池山荘を過ぎたら、布引山を経由して鹿島槍ヶ岳を目指します。
が、この布引山がなかなかの急登で侮れません。 ここで体力を消耗しない様に注意しましょう。



ようやく「鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ・2889m)」の南峯に到着。
頂上への急登がまたきつく、布引山への急登と合わせると、常念乗越から常念岳へ2連続で登った気分でした。
なお、北アルプスには「槍ヶ岳」「鹿島槍ヶ岳」「白馬鑓ヶ岳」と「やりがたけ」が複数有りますが、全て別物です。

登山_アルプス9_008

登山_アルプス9_009

頂上ではこんな立て札も・・・
登山における迷惑行為は色々有りますが、特に迷惑な行為として知られているのがコレです。
重要撮影スポットである頂上標識の所に荷物を置き、あまつさえそこに陣取って食事を始める行為は迷惑です。
よほど狭い山頂であるならともかく、基本的には邪魔にならない場所で寛ぎましょう。



双耳峰である鹿島槍ヶ岳。 もちろんあと一つの頂上(北峰)も行っておきましょう。
が、この頃には後立山連峰名物のガスが大量発生し、せっかくの展望が・・・

登山_アルプス9_010

登山_アルプス9_011

北峰へは縦走路から分岐して少し登ります。 ここはピストンになるので、荷物をデポしても良いです。



北峰から戻ったら、本日の宿であるキレット小屋を目指して八峰キレット方面へ進みます。
ここから先は険しい岩場の下りになるので、疲労が溜まっている場合は特に注意しましょう。

登山_アルプス9_012

登山_アルプス9_013

このいびつな形状の梯子は一体!? ラスタースクロールでもしているかの様な形状ですな。
ちなみに先に進むには右の梯子を使用します。 昔使用していた梯子なのでしょうか?



登山_アルプス9_014

核心部の八峰キレット付近は特に地形が険しく、足場も非常に狭いので慎重に歩きましょう。
穂高稜線程ではありませんが、転落は重大な結果に繋がるとても危険な場所です。



キレットの核心部を過ぎると、ついに「キレット小屋」が見えて来ました。
切れ落ちた鞍部に有る山小屋と言えば穂高岳山荘も有名ですが、あれよりさらに険しい場所に建っています。
右上のヘリポートらしき場所は展望が良さそうですが、どうやら関係者以外は立ち入り禁止の様です。

登山_アルプス9_015

登山_アルプス9_016

登山_アルプス9_017

噂以上に凄まじい場所に建っているキレット小屋。 まさに砂漠の中のオアシス的な存在です。
普通なら夕食までの間に周辺を散策でもする所ですが、直ぐに絶壁の岩場なので散策も出来ません。(笑
ただ、小屋の正面には剱岳方面の素晴らしい展望が楽しめます。



小屋の中はこぎれいで快適です。 ただ、比較的小さい小屋なので繁忙期は注意ですね。

登山_アルプス9_018

登山_アルプス9_019

食事も美味しくご飯が進みます。 野菜が超山盛りなのが印象的でした。 ビタミン摂取に嬉しい量です。



一夜明けて本日も晴天。 今日も再び険しい稜線を歩き、五竜岳を目指します。

登山_アルプス9_020

登山_アルプス9_021

キレット小屋を出発した瞬間から険しい岩場です。 なんて刺激的なルートでしょう♪



登山_アルプス9_022

まだ七時にもなっていないのに、早くもガスが・・・
展望的には最悪ですが、時折ガスの中から姿を現す五竜岳が神々しくていいですね。

なんかドリフ大爆笑の神様コントで、扉の中から神様(志村)が出てくるシーンを思い出しました。
「あなたが五竜岳ですか?」
「とんでもねぇ、あたしゃ五竜岳だよ!」



登山_アルプス9_023

ふと横を見やると、なんとブロッケン現象を初体験! 去年は影富士、今年はブロッケン現象、なかなかラッキーですね。



ひたすら険しい岩場が続きますが、下調べした際に一番怖そうだと思ったのがこちら。
道が極めて狭く、しかも足下はザレていて滑りやすい。 おまけに急斜面。 要注意ですな。

登山_アルプス9_024

登山_アルプス9_025

ここも侮れません。 正面の岩場はオーバーハング気味なので、大型ザックの人は要注意です。



登山_アルプス9_026

登山_アルプス9_027

五竜岳への最後の登りはかなりの急登で、地形も険しく体力も技術も要求されます。
しかし、赤岳や穂高連峰の岩場で経験を積んでいたので、キツイながらもとても楽しく登る事が出来ました。



登山_アルプス9_028

キレット小屋を出発し、およそ3時間弱ほどで「五竜岳(ごりゅうだけ・2814m)」に到着しました。
ほぼ一年ぶりですが、今回は快晴の素晴らしい展望です。



登山_アルプス9_029

今回歩いてきた稜線を振り返ります。 奥にあるのが鹿島槍ヶ岳ですね。
この稜線は長野県と富山県の県境に位置するのですが、ご覧の様に左(長野側)から雲が発生しています。
この雲が稜線を越えて富山側に流れ落ちる、所謂「滝雲」と呼ばれる現象がよく見られます。
ビールのジョッキから泡がこぼれ落ちる様子によく似ています。



登山_アルプス9_030

登山_アルプス9_031

登山_アルプス9_032

五竜岳の頂上からは360度の大展望! 中でも剱岳の威圧感が凄いですね。 来年辺り挑戦してみたいです。



こうして後立山連峰縦走は無事に終わりました。 技術・体力が要求されるコースでしたが、とても楽しめました。
念願の鹿島槍ヶ岳・キレット小屋・八峰キレットを体験し、色々経験を積めたと思います。
今年のアルプスは悪天候と水不足が深刻ですが、三大キレットの残る二つにも早めに挑戦してみたいですね。 

スポンサーサイト
プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。