2016-04-28(Thu)

霧島連山に国見岳に大崩山・・・

こんばんは。

間もなく大型連休の到来です。
滅多に帰省できない私ですが、数少ない好機を活用して地元の山に色々登ってみようと思います。

私が登山に没頭し始めたのはここ数年の事なので、地元九州の山にはほとんど登っていません。
九州には有名な山から知る人ぞ知る名峰までたくさん有るのですが、
私は年に半月分くらいしか帰省しないので、山に登ることができる機会は限られています。

宮崎県は年間の平均気温の高さと好天の日の割合が国内屈指です。
しかし、冬になると山間部はしっかりと凍結・積雪しますし、真夏は暑くて登山に適さない山も有ります。
なので、五月の連休は一年で最大のチャンスという訳です。



祖母山・傾山・久住山などは地震の影響で登頂出来るか微妙な状況なので、
登頂候補は慎重に選定したいところです。

まず最初に登頂予定なのは「霧島連山」です。
「霧島山」は日本百名山にも指定されているのでご存じの方も多いかと思いますが、
実は霧島山は複数の山に対する総称です。(立山・八ヶ岳・八甲田山などと同様。)

ここは火山の集合体でして、さすがに新燃岳は登頂不可能ですが、高千穂峰や韓国岳には登ることが可能です。
ここが噴火すると地元には大きな影響を与えますが、その歴史や立地なども含め、色々学んでこようと思います。

続いてはお馴染みの「大崩山(おおくえやま)」
素晴らしい景色、スリリングで変化に富んだコースなど、帰省の度に登る価値が有る名峰です。
夏の日本アルプス縦走に向け、急登や岩場の練習にも活用したいですね。

他には九州山地の奥地に有る国見岳等にも登りたいですね。
屋久島の宮之浦岳にも登る予定でしたが、こちらは五月下旬頃になりそうです。
連休の屋久島は凄まじく混雑することでしょう・・・ 山小屋が溢れなければいいのですが。

幸い天気には恵まれそうなので、可能な限り色々な山に登ってきたいと思います。
それでは。


2016-04-21(Thu)

地元九州の地震に関して

こんばんは。

ご存じの通り、地元九州で大規模な地震が発生して大変なことになっています。
各地で災害が発生する度に悲しい気持ちになりますが、
やはり思い入れの有る土地ともなると、その苦しさはより大きな物となるようです。
口蹄疫の時も悔し涙が出たのを覚えています。

私の古里である宮崎県自体はそこまで大きな被害は出ておりませんが、
被害が大きい熊本や大分の各地には昔から慣れ親しんだ場所が多く、非常に残念です。


悲しんでばかりも居られず、これからの復興に向けて何ができるのかを考えねばなりません。
数年前の東日本大震災の時、仙台に復興ボランティアとして行った時の事を思い出しました。

沿岸部に有る津波で倒壊した民家の瓦礫除去を行ったのですが、
20~30人がかりで丸一日作業しても、たった民家一軒分すら完了することができず、
復興に向けた下準備である瓦礫の除去すら大変で有る事を思い知らされました。

今回の地震は被害の規模やその内容など、東日本大震災とは色々異なりますが、
やはり復興を遂げるまでには多大な労力が必要でしょう。

本音を言うと、今有る仕事を辞め、現地に行って復興に関する作業をしたい気分です。
しかし、私は重機や大型車両の免許を持たず、土木に関する技術や知識も有りません。
炊き出しや被災者のケアも重要ですが、これも色々と大変な事と思われます。
被災地に行って何かをすると言う事は、実は非常に大変な事なのだと感じます。


そんな中、東京に有る熊本県のアンテナショップが盛況だというニュースを見かけました。
熊本県産の品を買うことで、間接的に被災地を支援をしようという訳です。
これで閃いたのですが、被災地の自治体に対してふるさと納税をするというのも良いかも知れません。

それに加えて、何らかの形で被災地のボランティア活動へ参加したいですね。
そうやって試行錯誤しつつ、復興に対する私なりの取り組み方を模索してみようと思います。

2016-04-10(Sun)

我が家のボス猫

こんばんは。

既に何度かご紹介しておりますが、私の実家ではこれまでにたくさんのネコを飼ってきました。
今回は、そんなネコ達の中から「ボス猫」達をご紹介します。

ボス猫と言っても、その生態・行動を追跡確認した訳ではありません。
とはいえ、体格や威圧感など、まさしくボスと呼ぶに相応しい風格を持つ奴等ばかりです。
きっと猫社会においても一目置かれる存在だったと思われます。 多分私よりも身分が上だと思います。



neko_d_001.jpg

この子は我が家の「初代ボス猫」でして、気が付いたら我が家に居着いていました。
写真は歩いてきてぶつかった瞬間では無く、この場所が気に入ってくつろいでいる様子です。
この猫・この場所にしか分からない何かが有るのでしょう。

縄張り争いか、愛しの雌猫に会う為か、毎晩のように出かけては怪我をして帰ってくる、生傷が絶えない子でした。
怪我と病気でボロボロになっても出かけようとする為、心配の余り家から出さないように試みた事もあったのですが、
外出させてくれと必死に鳴く姿に負けて、自由にさせてあげました。

飼い主として、猫にとっての幸せをどう考えるべきか、色々と考えさせてくれた子でした。



neko_d_002.jpg

初代ボスが天国へ旅立ってから数年後、我が家にやってきた「二代目」がこの子です。
とにかく体が大きく、触れてみると筋肉と骨格が凄く立派でした。

厳つい外見ですが、性格は極めて甘えん坊でして、私たちの姿を見ると寄ってきて甘える可愛い奴でした。
前述の様に体格と力が大きい為、体当たりされると思わずよろけてしまうほどパワフルでした。

喧嘩の際に病気を貰ったのか、残念ながら早死にしてしまい、私とは二年足らずの付き合いでした。



neko_d_003.jpg

二代目が旅立ってから約五年後、新たに「三代目」がやってきました。
まるで熊の様な雰囲気をまとった子ですが、やはり人懐っこい子で可愛かったです。
大きい真っ黒な体と鋭い目付き。 「チーズスイートホーム」に出てくる「クロいの」を実写化した様な感じです。

可愛い子だったのですが、直ぐに居なくなってしまい、私と接した期間はほんの僅かでした。



neko_d_004.jpg

neko_d_005.jpg

三代目からさらに数年後、ついに「四代目」がやってきました。 今度は茶虎です。
体つきと言い、顔つきと言い、ボス猫を襲名するに相応しい風格です。

私がこの子と接したは2016年の正月ですが、当時はまだ警戒心が強く、家の周囲を歩き回る程度でした。
先日実家に問い合わせて見ると、最近では時々家の中に入ってきてくつろいでいるようです。
五月の連休に帰省した際にたっぷり触れあう予定です。 楽しみですわ!

やはり、猫は最高です。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: