2016-03-07(Mon)

屋久島とアルプスに備えて大倉尾根でトレーニング

こんばんは。

先日土曜日にお馴染みの丹沢・塔ノ岳へ登ってきました。
「お馴染み」とは言え、丹沢に行くのはかなり久しぶりです。

実は3月下旬~4月中旬位を目標に、屋久島の縦走を計画しております。
このコースには有人小屋が無いので、食料・寝具・調理器具などを背負っての長距離移動が必須となります。
既に屋久島に備えて65Lの大型ザックやシュラフなどを購入しており、
今回は新ザックの慣らしと、同容量の荷物を担いでのトレーニングを兼ねての登山という訳です。

65Lのザックにシュラフやマット、日数分の着替えやツェルトを詰め込み、ハイドレーションは2L分を準備。
さらにいつものデジカメと専用ザック等、カメラ関連だけで約2.5kg。
本番はこれに加えて食料と調理器具が増えるので、今回の荷物は本番より1kg程軽い感でしょうか?

朝3時半に起床し、始発電車に乗り込んで出発です。




登山_丹沢6_001

新宿から小田急線の電車に揺られること約70分。 塔ノ岳の登山口に到着しました。
大倉尾根の主とも言える丹沢クリステル先生にご挨拶。 チィーッス!


登山_丹沢6_002

程なくして見晴茶屋に到着。 現在バイオトイレを設置中らしく、臨時の迂回路が出来ていました。


登山_丹沢6_003

大倉尾根と言えばこの階段の急登! このルートは全編にわたって急登が存在する素晴らしい?コースです。


登山_丹沢6_004

中盤の急登を終えた場所に位置する花立山荘。 なんと、三月上旬でもかき氷をやっていました。
もちろん一杯食べていきます。 冬でも山登りすると非常に暑いので、かき氷は最高です。


登山_丹沢6_005

頂上直下には雪解けによるぬかるみが出来ていましたが、それ以外は残雪も無く歩きやすい状態でした。
今日は曇りがちで富士山などの展望が得られず、頂上は強風で寒かったです。

塔ノ岳の頂上にノラ猫が住み着いたという噂を聞いたのですが、それらしき姿は見当たりませんでした。
そういえば八ヶ岳の赤岳にもノラ猫が居たと聞きましたが、無事冬を越せたのでしょうか?



さて、今回のコースは標高差1200mで、標準コースタイムは3時間30分となっています。
計測したところ、今回は2時間20分で頂上まで到達しました。
休息は途中の花立山荘でかき氷を食べた時のみで、時間は約10分でした。
荷物を考慮すると悪くは無いと思いますが、もう少し鍛えて2時間位で登りたいですね。

初めて大倉尾根を登った時は完全にバテて、花立から引き返そうと思った位に疲れたのを覚えています。
ここで体を鍛え、北アルプスへとステップアップしたのはもう2年前の話か・・・
私の登山人生を語る上で、この大倉尾根は絶対に外せない思い出の場所と言えますね。



今年の登山計画は既にあらかた固まっております。
まずは春に宮之浦岳(屋久島)、GWには大崩山・祖母山・九重山などの地元九州の名峰達に。

そして夏から秋にかけては日本アルプス各地を目指しています。
特に絶対行きたいと考えている山・コースは、

(1)裏銀座縦走(北アルプスの烏帽子岳~水晶岳~鷲羽岳~槍ヶ岳等を巡るコース)
(2)鹿島槍ヶ岳縦走(北アルプスの爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳を巡るコース)
(3)穂高連峰縦走(北アルプスの前穂高岳~奥穂高岳~北穂高岳を巡るコース)
(4)甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳縦走(南アルプスの甲斐駒ヶ岳を黒戸尾根から登り、仙丈ヶ岳まで行くコース)
(5)南アルプス南部の縦走(荒川三山と赤石岳・聖岳の3000m峰を巡るロングコース)


等を予定しています。 天候や時間が許せば中央アルプスや八ヶ岳などにも行ってみたいですね。

上記コースにはブナ立尾根・黒戸尾根・重太郎新道などの日本アルプス屈指の急登が有ります。
特に甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根は、富士山の御殿場コースの長さと、大崩山の梯子場を合わせた様な雰囲気が有り、
何かゾクゾクするような魅力を感じております。 なんでしょうか、この不思議な魅力は??



限られた休暇中に全ての計画を無事に実行するには、標準コースタイム以下で歩ける脚力・体力が必須です。
が、それ以上に重要なのは無理せず怪我せず無事に下山すると言う事。
また、時間に追われて山を楽しむ余裕が無くなっては本末転倒と言えます。

高山の登山シーズンは短く、体力も年齢と共に衰える中、最近、登山に関して焦っているのが自分でも分かります。
ここらで気を引き締め直し、無理だけはしないように心がけたいですね。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: