2015-10-18(Sun)

極寒と絶景の南アルプス ~北岳・間ノ岳~

こんばんは。

先日、週末を利用して南アルプスの「北岳(きただけ・3193m)」「間ノ岳(あいのだけ・3190m)」に登ってきました。
アルプスは北・中央・南と大きく三つに分かれていますが、北以外に行ったのはこれが初めてです。
国内標高第二位と第三位を一気に縦走するこの旅、ずっと行ってみたいと思っていたのです。

【今回のルート】
■初日
・新宿 ~ 甲府 (特急あずさ)
・甲府 ~ 広河原 (山梨交通バス)
・広河原 ~ 白根御池小屋 (泊) : 2時間10分

■二日目
・白根御池小屋 ~ 北岳肩の小屋 : 2時間10分
・北岳肩の小屋 ~ 北岳 : 40分
・北岳 ~ 北岳山荘 : 40分
・北岳山荘 ~ 間ノ岳 ~ 北岳山荘 (泊) : 往復2時間20分

■三日目
・北岳山荘 ~ 北岳 ~ 北岳肩の小屋 ~ 白根御池小屋 ~ 広河原


都内から北岳の登山口である広河原までは電車とバスで四時間もかかります。
登山開始が正午となってしまうので、さすがに初日に頂上付近の小屋までは行けません。
なので、初日は中腹にある「白根御池小屋(しらねおいけごや)」まで行くことにしました。

北岳頂上へのルートは多彩ですが、今回は登り・下り共に「草すべり」と白根御池小屋を経由したルートです。



登山_アルプス7_001

南アルプスは広範囲(全域?)でマイカー規制をしており、自家用車は途中までしか入れません。
私は甲府駅からバスで移動しますが、登山口の広河原まで実に二時間! 長い旅です。

車窓からは南アルプスの名峰が見え、早くも気分は盛り上がっております。
中央奥に見えるのが「間ノ岳」、尾根沿いに左側が「農鳥岳」、右側が「北岳」です。
これらを「白峰三山(しらねさんざん)」と呼びます。



バスに二時間揺られ、登山口にある「広河原インフォメーションセンター」に到着。
甲斐駒ヶ岳や仙丈ヶ岳へ行く人はここからさらに乗り継ぎますが、北岳へ向かう私はここから登山開始です。
中央奥にそびえているのが、今回の目標である北岳ですね。

登山_アルプス7_002

登山_アルプス7_003

吊り橋を渡って登山開始! 吊り橋ってワクワクしますね。



登山_アルプス7_004

登山_アルプス7_005

登山_アルプス7_006

登山口から程なくして道が分岐しますが、私は白根御池小屋ルートへ進みます。
この尾根道がかなりの急登でして、大倉尾根や合戦尾根よりもキツイと感じました。
ただ、樹林帯で沢沿いなので涼しく、二時間ほど頑張れば緩やかな地形にさしかかります。



二時間程の登りで今夜の宿である「白根御池小屋」に到着。 北岳の中腹・標高2230mの地点に有ります。
小屋の前には小さな池が有り、のどかで落ち着く大変雰囲気の良い場所に有ります。

登山_アルプス7_007

登山_アルプス7_008

なんと! この小屋ではソフトクリームが食べられます。
疲れた体には最高のご褒美。 丹沢・花立山荘のかき氷を思い出します。



小屋は中も外も大変綺麗で実に快適です。
特に水回りが素晴らしく、山小屋とは思えない程快適な水洗トイレと洗面所には感動しました。
スタッフの対応も良くて食事も旨いと、これまで利用した山小屋の中で一番でした。

登山_アルプス7_009

登山_アルプス7_010

山小屋の醍醐味の一つで有る本棚。 小屋によって規模や内容は様々ですが、ここはかなりの充実ぶりです。
「PEAKS」等の関連書籍が大量に有り、仮に悪天候で停滞したとしても暇はつぶせそうです。
漫画本も「岳」「イカロスの山」「孤高の人」・・・さすがの品揃えですね。

そんな中、何故か「Illustrator(有名なCG作成ソフト)」の参考書を発見!
これだけ場違いで凄く気になりました。 何故山小屋にCGの参考書が?? 公式サイトの作成に使ったのでしょうか?



お待ちかねの夕食です。 重箱に入って出てきました。
酢豚や白玉団子など美味しいおかずが一杯ですが、注目すべきは充実した山菜料理の数々。
地場産の物でしょうか? とても美味しかったです。

登山_アルプス7_011

登山_アルプス7_012

翌日は四時に起床、五時に朝食、そして六時に出発です。 朝日を浴びた紅葉が美しいですね。
小屋を出ると直ぐに「草すべり」と呼ばれる急登コースに差し掛かります。
合戦尾根など物の数では無い程の急登ですが、個人的には良いペースで楽しく登れました。
小屋でゆっくり休むことが出来たのが良かったのでしょうか。



二時間と少しで標高3000mに有る「北岳肩の小屋」に到着しました。
この頃には急速にガスが湧いてきて、直ぐ目の前に有るはずの山頂が全く見えません。
余りにも寒いので、小屋でココアを注文し、しばらく休息することにしました。

登山_アルプス7_013

登山_アルプス7_014

余りの寒さと強風の為、看板に霜が降りています。 すれ違う人の帽子やザックにも霜が・・・!
小屋の温度計では気温はマイナス1度。 低体温症の危険を感じたので、防寒手袋などで万全の体制を整えました。



肩の小屋から頂上までは約40分・標高差約200mの登りとなります。
頂上では時折視界が開けましたが、明日の朝登り直す事にして先へ進みます。

登山_アルプス7_015

登山_アルプス7_016

頂上から約40分、ここが今夜の宿である「北岳山荘」です。
先ほどの肩の小屋と合わせて約300名のキャパが有りますが、シーズン中にはその数倍の人が来ることも・・・!



まだ昼前なので、宿泊手続きを済ませて隣の間ノ岳まで出かけることにしました。
ここからは比較的穏やかな稜線歩きなので、これまでの様な急登は有りません。
が、標高3000mの稜線歩きなので、一旦天候が荒れたら死の危険も有り得ます。 防寒具や行動食などは必携です。

登山_アルプス7_017

登山_アルプス7_018

一時間半程で「間ノ岳(あいのだけ・3190m)」に到着しました。
北アルプスの奥穂高岳と並んで国内第三位の標高を誇り、富士山などの展望が素晴らしいです。



登山_アルプス7_019

翌朝、小屋の前から御来光です。 右にそびえるのは富士山。 北アルプスよりも遥かに近い為、実に大きく見えます。
日の出と富士山。 日本人にとっての特別な存在を二つ同時に味わえるとは!



余りにも天気が良い為、前日に続いて北岳の頂上へ行ってみることにしました。
小屋から頂上まではかなりの急登ですが、これだけ快晴なら行ってみるしか無いでしょう!
頂上からの展望は・・・期待以上の素晴らしすぎる絶景でした。

登山_アルプス7_020

登山_アルプス7_021

登山_アルプス7_022

登山_アルプス7_023

登山_アルプス7_024

登山_アルプス7_025

北岳頂上からは360度の大展望! 今までで一番の絶景だったと思います。
近隣の鳳凰山・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳などはもちろん、北・中央アルプスや八ヶ岳なども見えます。
やはり頂上から展望を楽しむなら空気が澄んでいる午前中に限りますね。



改めて頂上で記念写真をパシャリ!
被写体の私はともかく(笑)、景色は最高、天気も最高!

登山_アルプス7_026

登山_アルプス7_027

登山_アルプス7_028

最高の景色を楽しんだら、名残惜しいですが下山開始です。 事故の大半は下山時に起きるので要注意です。



・・・とか偉そうな事を書いておりますが、下山時にやってしまいました。
草すべりの上部にある木階段を降りている最中、バランスを崩して数メーター程滑落してしまいました。
幸いにも左側の登り斜面に一旦ぶつかり、速度が落ちた上で転落したので助かりました。
もし真正面や右側の下り急斜面方向に倒れていたらまずかったかもしれません。

転倒した瞬間は一瞬「あっ、まずい!!」と思いますが、体が動き始めたらもうどうしようもありません。
ただひたすら「早く止まってくれ」と願うばかりです。 手で物を掴んで止まるとか全く出来ませんでした。
転落し終わると正気に戻り、恐る恐る全身の神経を使って体が無事かどうかを確認。
左腕に激痛が有り、何カ所か出血していましたが、幸いにも軽い打撲で済みました。

転倒・滑落したのは下りの階段で、丸太を組み合わせた木製の階段です。
支柱だけで無く足場も丸く、バランスが取りにくくて滑りやすく、以前から苦手としていた物でした。
「登山における事故の大半は下りで起きる」。 まさに身をもって体験する事となりました。
軽傷で済んだのは不幸中の幸いでしたが、再発は絶対に防がなければいけませんね。



こうして初の南アルプス登山は無事(ではありませんが)に終わりを告げました。
転倒・滑落をやってしまい怪我もしましたが、教訓として得られる物が多い旅でした。

毎回山に行くたびに出会いが有りますが、今回はいつにもまして楽しい出会いが有りました。
就職を控え、忙しくなる前の最後の登山として来ていた大学生の青年。
無事に就活が終わり、楽しい卒業式を迎えられる事を祈っております。

また、間ノ岳から北岳、そして広河原に下山するまでご一緒した大先輩(なんと私よりも30歳も年上の方!)。
百名山も既に80座を達成したとの事で、凄く元気で気さくな方でした。
九州にも遠征するとの事なので、「是非とも大崩山にも登ってみてください」とお勧めしておきました。
このお二人には一緒に記念写真も撮らせて頂き、一生の宝物となりました。

やはり、山は最高です。


2015-10-03(Sat)

北アルプス・常念山脈縦走

こんにちは。

先日のシルバーウィークに北アルプスに行ってきました。
当初は丁度一年前と同様に「表銀座」を縦走して槍ヶ岳に行く予定でしたが、
諸般の事情により途中で予定を変更し、常念山脈を縦走することになりました。
今年も槍ヶ岳に行きたかったのですが、常念山脈縦走も前から興味があったので楽しく歩けました。

今回は夜行登山バス「毎日あるぺん号」を利用しました。
毎回バスの車内で眠れずに悩んでいる私ですが、今回は行程のほとんどで眠ることができました。
軽くアルコールを摂取したのが功を奏したのでしょうか?

【今回のコース】
■1日目
夜行バス(車中泊) ~ 中房温泉 ~ 合戦小屋 ~ 燕山荘 ~ 燕岳 ~ 燕山荘 ~ 大天荘(泊)

■2日目
大天荘 ~ 常念小屋 ~ 常念岳 ~ 常念小屋 ~ 一ノ沢登山口 ~ タクシー ~ 特急あずさ ~ 新宿




登山_アルプス6_001

深夜、お馴染みの中央道「談合坂サービスエリア」で休息です。
売店を物色していると、なんとモンベルコーナーが有るではありませんか! 小規模ながら便利な物が売っております。
確かに登山バスの多くが立ち寄るこのサービスエリア、商売上手だなと感心しました。



登山届けを提出し、午前六時過ぎに登山開始。
今日はなんだか体調が優れずに体が重く、先が思いやられます・・・

登山_アルプス6_002

登山_アルプス6_003

2時間ほどで「合戦小屋」に到着。 シルバーウィークだけあって大混雑しております。
体調は本調子ではありませんが、休息と体力回復を兼ねて名物のスイカを堪能しました。



登山_アルプス6_004

二度目の利用で再確認しましたが、やはり合戦尾根は前半が辛く、後半は楽ですね。
合戦小屋から先は勾配が落ち着き、展望も開けるので気持ちよく登る事ができます。



登山_アルプス6_005

登山_アルプス6_006

3時間ほどで尾根を登り切り、「燕山荘」に到着。 なんだかんだで前回とほぼ同じペースです。
目の前には「水晶岳」や「野口五郎岳」をはじめとした「裏銀座」の山並みが広がっています。 美しいですね。



登山_アルプス6_007

燕山荘の近くに設置してある謎のオブジェ。
グラディウスの三面に出てきそうなデザインですが、最近はこのネタを分かる人も少なくなってきたかもしれません。



登山_アルプス6_008

燕岳を往復し、燕山荘で昼食を食べつつ、これからの日程について思案。
下山や燕山荘での宿泊も検討しましたが、そこまで深刻では無いので予定通り先へ進むことにします。

・・・先へ進むのはいいのですが、なんだか正午頃から急速に曇ってきました。
このコースの最大の魅力は、目的地である雄大な槍ヶ岳が常に見えているという事。
しかし、この天候ではサッパリ見えません。 槍ヶ岳が見えないだけで、こうもつまらなくなるとは!



登山_アルプス6_009

左端から右奥に伸びているのが、これから歩く表銀座の稜線です。
稜線を境に、左はガスが立ちこめ、右はクリアな状態です。
手前にある樹木の形状からも分かる様に、この付近は常に強い風が右から吹いており、ガスを押し返しているのです。



登山_アルプス6_010

大天井岳の分岐点で今後の行程について熟慮し、コースを変更する事に決定。
2泊3日で槍ヶ岳方面へ進むのでは無く、常念山脈を一泊二日で歩くことにしました。

前回は直進した分岐を左折し、大天井岳の頂上直下にある山小屋を目指します。
予想はしていましたが、この登りが非常にキツイ! 使わないだろうとストックを置いてきた事を激しく後悔しました。



登山_アルプス6_011

苦労して急登を登り、「大天井岳(おてんしょうだけ・2922m)」の頂上直下にある「大天荘」へ到着。
開けた場所に有りテン場も完備。 大天井岳の頂上までは15分程度で行けます。 



登山_アルプス6_012

大天荘は表銀座縦走路と常念山脈縦走路が交差する要所にある人気の小屋です。
しかも今日はシルバーウィークのまっただ中・・・
案の定、山小屋は大混雑で、布団一枚に2名が寝る事になってしまいました。 うう、狭い・・・!



登山_アルプス6_013

夕食は肉料理と魚料理から選択できます。 前者はハンバーグ、後者は鯖の味噌煮がメインディッシュです。
食事に定評のある燕山荘グループだけあって味は絶品! 品数も豊富でボリューム満点、大満足でした。



登山_アルプス6_014

うむ、今日も素晴らしい天気だ!



登山_アルプス6_015

登山_アルプス6_016

昨日の夕方はガスが多かったので、朝食後に改めて大天井岳の頂上へ行ってみました。
360度・見渡す限りの大展望! 裏銀座・槍ヶ岳・穂高連峰などが一望できる素晴らしい眺めです。



登山_アルプス6_017

登山_アルプス6_018

大天荘を後にして、常念岳を目指して縦走開始!
ここからは基本的に緩やかな稜線歩きで、展望も素晴らしく気持ち良く歩けます。



登山_アルプス6_019

2時間ほどで「常念小屋」に到着。 手前の峠にあるのが常念小屋、その向こうにそびえるのが「常念岳(2857m)」です。



登山_アルプス6_020

登山_アルプス6_021

常念小屋から常念岳へは、400m程の標高差を登ります。
しかし、この登りが非常にキツイ! 傾斜がキツイ上に浮き石の多い岩場が延々と続き、かなり体力を消耗します。
なお、登りがキツイなら下りは楽だろう・・・という事は全く有りません。
下りも別のキツさが有り、ある意味で登りよりも大変と言えます。 特に落石・転倒しないように浮き石に要注意です。



登山_アルプス6_022

登山_アルプス6_023

苦労の末に急登を登り切り、ついに常念岳の頂上へ到着!
360度の素晴らしい大展望で、この眺めを見れば疲れも吹き飛びます。 本当に素晴らしい眺めです。



登山_アルプス6_024

目の前には槍ヶ岳から穂高連峰へ続く3000m級の稜線が広がっています。
奥穂高岳の隣には前穂高岳やジャンダルムも聳え、さらに乗鞍岳、御嶽山、北岳、富士山なども見えます。
国内に21座ある3000m峰のほとんどを一望できる素晴らしい眺め!



頂上で心ゆくまで展望を楽しんだら、名残惜しいですが下山開始です。
常念小屋の前から一ノ沢登山口へ降りますが、登山口から最寄りの駅まで遠いのでタクシーを手配する必要があります。
地図を吟味し、下山時刻を15時と判断。 その時間に到着するようにタクシーを予約します。

登山_アルプス6_025

登山_アルプス6_026

登山_アルプス6_027

名前の通り水が豊富な沢沿いのコースで、休憩場所や水場には困りません。
しかし、勾配がきつくかなり歯応えの有るコースです。 下りはもちろん、登りも相当大変でしょう。



登山_アルプス6_028

想定よりも早く二時過ぎには登山口に到着しました。 
ここはトイレと登山相談所しかなく、売店はおろか自販機すら有りません。
また、タクシーを呼ぼうにも電波は届かず公衆電話もナシ! 電波の届く山上から手配しておくことが重要です。



こうして初の常念山脈縦走は無事(?)に終わりを告げました。
本当は常念岳から蝶ヶ岳を経由して上高地へ降りたかったのですが、どうにも体がだるく、
さらに山小屋の混雑が予想されたので、一泊で切り上げての下山となりました。
山は逃げないので、また来シーズンにでも再チャレンジします。

大天井岳・常念岳共に素晴らしすぎる展望が満喫でき、結果として大満足できました。
反省点としては、不測の事態に備えて常にストックは持参するという事ですね。
あと、荷物のできる限りの軽量化。 次回以降に活かしたいです。


プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: