2014-11-23(Sun)

丹沢主脈・日帰り縦走

こんばんは。

すっかり寒くなりましたが、私の登山熱はますます熱くなる一方。
と言う訳で、連休の初日を利用して丹沢山地に行ってきました。
今回の目標は西丹沢にある「檜洞丸(ひのきぼらまる)」「蛭ヶ岳(ひるがたけ)」です。
どちらも私にとって未踏の山であり、少々奥まった場所にあるので行くのに苦労する山です。

西丹沢に有る西丹沢自然教室からスタートし、檜洞丸を手始めに、丹沢山地の最高峰である蛭ヶ岳、
そして丹沢山や塔ノ岳を経て、大倉尾根を通って大倉バスターミナルまで下るコースです。
コースの総延長は約24km、標準コースタイムは約12時間です。
通常であれば途中で一泊するコースですが、入念に下調べした結果、日帰りでも行けると判断して決行しました。

【今回のコース】
西丹沢自然教室 ~ 檜洞丸 ~ 臼ヶ岳 ~ 蛭ヶ岳 ~ 丹沢山 ~ 塔ノ岳 ~ 大倉




小田急・新松田駅からタクシーを利用して「西丹沢自然教室」に到着。
バスの方が安いですが、待ち時間と乗車時間を含めると一時間以上のロスとなるので、
今日は長丁場である事を考慮してタクシーで来ました。

準備運動や地図の再確認、トイレと登山計画書の提出を済ませ、午前8時に出発です。

登山_丹沢5_001

登山_丹沢5_002

登山道に入ってからいきなりの急登ですが、程なくして緩やかな道になります。



登山_丹沢5_003

出発して30分程で「ゴーラ沢出合」に到着。(出合=川の合流地点)
ここで沢を徒渉するのですが、先日降った雨で増水しており、少々渡りにくくなっています。



徒渉して少し上流にあるこの階段を上ると、いよいよ本格的な登山道の始まりです。

登山_丹沢5_004

登山_丹沢5_005

こんな注意書きがありました。 地図とコンパスは必携ですぞ!



登山_丹沢5_006

徒渉後はなかなかハードな急登が続きます。 注意を要する場所も点在します。



途中の展望所では富士山の素晴らしい眺めが! すっかり雪化粧ですね。

登山_丹沢5_007

登山_丹沢5_008

「丹沢山地からは、夜に富士山を登る登山者の光が見える」という話を聞いたことがあります。
さすがに誇張表現だと思っていましたが、ここに来て「間違いなく真実だ」と確信しました。
なお、富士山の斜面に有るギザギザの線は各登山道です。 三ヶ月前はあそこを歩いた訳ですね。



登山_丹沢5_009

このルートには丹沢では珍しい梯子も有ります。 頑丈な作りで安心して登れます。



登山_丹沢5_010

丹沢お馴染みの木道が出現! これを見ると丹沢に来たなぁ、という安心感を覚えます。(笑



2時間15分程で「檜洞丸(1601m)」に到着しました。
所々に雪が残っており、解けた霜と合わせて地面が濡れていました。

登山_丹沢5_011

登山_丹沢5_012

山頂から少し下った場所に、西丹沢唯一の有人小屋である「青ヶ岳山荘」が有ります。
そう、檜洞丸は別名青ヶ岳とも言うのです。 ここでトイレ休憩とバッジ購入を済ませ、蛭ヶ岳に向けて出発です。



ここからは尾根沿いの稜線歩きですが、いきなりの急な下りです。
檜洞丸と蛭ヶ岳はほぼ同じ標高ですが、途中で数百メートルほど下っており、なんかもったいない気分。

登山_丹沢5_013

登山_丹沢5_014

蛭ヶ岳までは4.6kmの道のりですが、距離よりも手前にある凄まじい急登に不安を感じます。(笑



途中で何カ所かの梯子・階段を越えると・・・

登山_丹沢5_015

登山_丹沢5_016

この様な穏やかな場所もあります。



登山_丹沢5_017

玩具の蛇の様な、非常にクネクネした階段!



登山_丹沢5_018

遠くにこれから歩く稜線が見えます。 右奥にあるのがお馴染みの塔ノ岳ですね。



登山_丹沢5_019

蛭ヶ岳の直前には凄まじい急登が待っていました。 不安は的中です。
梯子は無いですし距離も比較的短めですが、急登のキツさは北アルプスの東鎌尾根に引けを取らないですね。
ここは登りよりも下りが大変ではないでしょうか。



急登のさなかに振り返ると、今まで歩いてきた稜線と檜洞丸、そして富士山が見えました。

登山_丹沢5_020

登山_丹沢5_021

富士山と檜洞丸のツーショットです。 二つのコントラストが美しいですね。



檜洞丸から2時間30分程で「蛭ヶ岳(1673m)」に到着しました。
丹沢山地、そして神奈川県の最高峰である蛭ヶ岳。 頂上からの展望も最高でした。

登山_丹沢5_022

登山_丹沢5_023

蛭ヶ岳の頂上からは360度の大展望。 あちらに見えるのは「宮ヶ瀬湖」ですね。
頂上には「蛭ヶ岳山荘」が有ります。 ここでバッジと登頂証明書を購入し、昼食休憩を取ります。



名残惜しいですが、次なる目的地・丹沢山へ向けて出発。
ここからのルートは迷いたくても迷えないほど明瞭です。

登山_丹沢5_024

登山_丹沢5_025

まるでジェットコースターの様な急な下り! 吸い込まれそうです。



登山_丹沢5_026

15時30分頃に塔ノ岳に到着。 ここに来るのは三ヶ月ぶりですね。
この時間には富士山は逆光となってしまいますが、黒い山々と白い靄が水墨画のような美しさです。



登山_丹沢5_027

景色を堪能したら大倉尾根を通って下山開始です。 日が短い秋とあって、既に誰も歩いていません。
誰も居ない大倉尾根。 まるで人っ子一人居ない銀座や秋葉原の様な違和感を感じます。



「堀山の家」で買い物を済ませ、しばらく歩くといよいよ暗くなってきました。
これも予定通り。 準備していたヘッドライトを装着してナイトハイクの始まりです。
真っ暗な山道は一見怖そうに思えますが、ここに来るまでに三十人程と出会いました。
さすが人気の大倉尾根。 夜でも多くの人が歩いているので全く怖くありません。(怖がる歳でもありませんが・・・)

登山_丹沢5_028

登山_丹沢5_029

大倉尾根の登山口には、名物(?)の「丹沢クリステル」という人形が置いてあります。
事前に存在を知らず、夜間に目撃したらビックリしそうな佇まいです。



午後18時前に大倉バスターミナルに到着。 この時間でも多くの登山者がバスを待っています。
歩行時間、各山頂への到着時間など、10時間近くの山歩きはほぼ計画通りに終えることができました。
日が長い夏場の方が歩きやすいと思いますが、景色を楽しむなら空気が澄んでいる冬が良いですね。

登山_丹沢5_030

今回は「青ヶ岳山荘」と「蛭ヶ岳山荘」に加え、前回買い忘れた「みやま山荘(丹沢山)」でも忘れずにバッジを購入。
さらに「堀山の家」では名物のリースも購入。 この山域は富士山並に山小屋が多くて楽しいです。
堀山の家ではレーズン入りのチョコケーキ(?)をご馳走して頂きました。 どうもありがとうございました。

丹沢に来るのは三ヶ月ぶりでしたが、やはり何度歩いても楽しい場所ですね。
今度は途中の山小屋で一泊して夜景を楽しみたいです。



2014-11-09(Sun)

独自ツールの是非

こんばんは。
ゲーム開発には様々なツールが使用されていますが、今回はそれに関する話題を書いてみようと思います。


ゲーム開発用のツールは社外品(市販品)と社内品に二分されます。
前者の例だとAdobeやAutodesk製のツールが有名ですね。

後者は会社によって色々なツールが有ると思います
しかし、何しろ社内品(=企業秘密)なので、滅多にその情報は外に出てきません。
希にGDCやCEDECと言ったイベントや、CGWorld等の雑誌で簡単な情報が出るくらいです。

私の勤め先でも様々な社内製ツールを使用しています。
自社の都合に合わせて作られており、また、ツールの使い手と作り手が一緒に居るので、機能の改良や不具合の対応も素早く、社内で使っている限りは非常に便利です。


しかし、この社内製という点が徒になる事も有ります。
例えば外部からバイト・派遣社員・契約社員を招く場合がそうです。

Adobeなどのツールは広く普及しているので、バイトの学生でも派遣や中途採用の社会人でも、既に学校や前の職場で使い方を習得しているので話が早いです。
ツールに関して新たに習得する必要があるのは、せいぜい独自のプラグイン程度です。

しかし、これが社内製ツールを使って貰う場合には全く状況が異なります。
なにしろ門外不出のツールなので、外から来た人はそのツールに関して何も知りません。
当然一から習得して貰う必要があるのですが、社内ツールなので参考書も無いし、ユーザーが集まるフォーラムも有りません。

人にもよりますが、習得して貰うのに最短で一週間、長くて一ヶ月必要です。
せっかく覚えて貰っても、バイトや派遣の人は契約終了と同時にいなくなります。
別の人が来たら、また覚え直しです。 これでは余りにも効率が悪い。
もちろん素早く習得できるように工夫はしていますが、それでも全く未知のツールを一から覚えるという点は変わりません。


また、「一から覚える必要がある」という点だけでなく、「そのツールに関する知識が他で使えない」という点でも大不評です。
これはバイトや派遣で来る人だけで無く、転職でキャリアアップを考えている人にとっても不評です。
理由はごもっともで、前述の様に、せっかくツールを覚えても他で役に立たないのです。

まあ当然ですね。 社内向けに特化した物を習得したところで他では使えませんから。
「あそこの会社は独自ツールを使っているらしい」という噂が流れ、敬遠する人も居るとか居ないとか。
働けるならどこでも良いという人ならともかく、仕事の選択肢が有る人にとっては、独自ツールでやっている所はあまり美味しい職場ではないかもしれません。

私も市販のツール以外に自社製ツールを色々使って来ました。
「こんな会社辞めてやる」と思った事は数え切れない程有りますが、もし本当に辞めた場合、これまで独自ツールでやってきた分をどうやって補うか、これは結構大きな課題ですね。

・・・辞める必要が無い素晴らしい会社だと良いのですが。



プロフィール

Sonic478

Author:Sonic478
 
職業デザイナー
業種ゲーム業界
性別
年齢若者?若者!
趣味1旅行、情報発信、車、カメラ、ゲーム
趣味2ネコと遊ぶ、ニュースを見たり読んだり


業界関係者の視点から、業界の魅力・問題点など、色々紹介しようと思います。

メインサイトはこちらです。

TegeYoka.com


残業と休日出勤。
欧米メーカーの飛躍とアジア系メーカーの追い上げ。
悩みの多い日々ではありますが、日本のゲーム業界の飛躍を目指して頑張ります。

メールやコメントなどを頂けると嬉しいです。 お気軽にどうぞ!

相互リンクなどもよろしくお願いします。

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング
ランキングに登録しました。

FC2Blog Ranking

カウンター
メールフォーム
ご意見・ご感想はコメントかこちらのフォームからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文: